まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂のサーモンラーメン専門店【サーモンnoodle3.0】に行ってきた!フレンチと融合した創作麺を食す

神楽坂 サーモンnoodle3.0

本日1月20日、神楽坂に「サーモンnoodle3.0」がオープン!

サーモンヌードルという、新たなジャンルのラーメンを体験してきました。

 

同店のサーモンヌードルは、具材がサーモンフライだったり、スープがサーモン出汁だったりと、サーモン尽くしのラーメンです。

Googleで「サーモンヌードル」と検索すると、サーモン刺身を麺に見立てたものが出てきますが、それとは違いますw

 

さらに、歴14年のフレンチシェフが作っているのも注目ポイント。

ラーメンなのに、まるでフレンチを食べているような感覚になりました。

たとえば、スープは「エスプーマ」の技法により、カプチーノのように泡立てられています。

ポルチーニやバゲットもあり、まさにフレンチと融合したラーメンでした。

 

この記事では、私が食べたものや各種メニュー、混雑具合、店内の様子などを詳しくお伝えします。

サーモンnoodle3.0への行き方

神楽坂駅1aまたは1b出口から徒歩1分です。

神楽坂通りを下り、菊池医院の前で左折。すると、このような小道に入ります。

アトリエコータ、シャ豚ブリアンの奥に、サーモンnoodle3.0はあります。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 行き方

アトリエコータ、シャ豚ブリアンの並び

神楽坂 サーモンnoodle3.0 外観

サーモンnoodle3.0 外観

運営会社

運営は縁petit(株)。同社は創作ラーメンを8店、バルを2店運営しています。

系列店は、牡蠣のフレンチラーメン「ただいま変身中」@中野、鯛の担々麺「恋し鯛」@水道橋、うにラーメン「U2ジユ雲丹スフレ」@大阪など。

他店は「王様のブランチ」や「アド街」で紹介されたこともあるので、サーモンnoodle3.0もすぐ話題になりそうですね。

 

店内の様子

席数は2名用テーブルが6卓、カウンターが8席ほど。パーテーションはありません。

荷物置きはイスの下にあります。コート掛けはないので、コートは折りたたむかイスに引っ掛ける形になります。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 店内の様子

↓空席になったタイミングで撮れましたw黒を基調にしたオシャレな雰囲気です。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 店内の様子

メニュー

ラーメンは5種類。

人気No.1の白サーモン(930円)、ポルチーニサーモン(1030円)。おそらく、この2つが看板メニューなのかなと思います。

他、赤辛サーモン、ベーシックサーモン、汁なしサーモンがあります。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 メニュー(券売機)

ラーメンを決めたら、次は麺の種類を選びます。平打ち麺、細ストレート、糖質オフ麺。

この日、糖質オフ麺は売り切れでしたが、夜食べる時に良さそうですね。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 メニュー 券売機

水は券売機の横にありますので、忘れずに持っていきましょう。

お店に入って一番奥の右手に、ヘアゴムと紙ナプキンがあります。

神楽坂 サーモンnoodle3.0

アメニティも充実

食べたもの

ここからは、私が食べたものをご紹介します。

ポルチーニサーモン

税込1030円。食券を渡して5分後、運ばれてきました。

見てください、このお洒落な佇まいw

神楽坂 サーモンnoodle3.0 ポルチーニサーモン

ポルチーニサーモン(税込1030円)

神楽坂 サーモンnoodle3.0 ポルチーニサーモン

美しいビジュアル

スープは、サーモンとポルチーニを泡立てたもの。

上にはサーモンフライ、チャーシュー、ポルチーニクリーム、マッシュルーム、バゲット、焦がしネギなどが乗っています。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 ポルチーニサーモン

名物のサーモンフライがこちら。

ふわっふわで美味しいです。そして、軽い!

最先端の調理器「Dr.Fry」を使っていることにより、油の吸収を最大50%カットできるそうです。参照:

Dr.Fry 2 | 【公式】エバートロン公式サイト】

神楽坂 サーモンnoodle3.0 ポルチーニサーモン

鶏チャーシューはしっとり柔らか。あまり噛まなくてもスルスルと食べられますwお肉なのに、サーモンとの相性Good!

焦がしネギの香ばしさも良いですね。食欲をそそります。サクサク食感がアクセント。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 ポルチーニサーモン

麺は平打ち麺を選びました。

スープも洋風なので、パスタに近い感じがします。

クリームパスタやスープパスタを食べたい時も、その気分が満たされると思います。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 ポルチーニサーモン

バゲットも超・新感覚です。

バゲットなのに、箸でつまんで、チャーシューと同じ感覚で食べました。パンなのにパンじゃないような、とにかく新感覚でした。

バゲット自体にも、何かの旨味が染みていましたw表面は、キャラメリゼのようにカリカリで美味しかったです。薄いスライスなので、スープによく馴染みます。

 

白サーモン

930円。人参のエスプーマが入っているのが特徴です。先述のポルチーニサーモンより、甘みを感じました。

神楽坂 サーモンnoodle3.0 白サーモン

麺の硬さは「硬め」をチョイス。硬めでも普通に柔らかいので、今後も硬めにしようと思いますw

この白サーモンは、先述のポルチーニサーモンより100円安いですが、私はこの白サーモンで十分満足できましたw

神楽坂 サーモンnoodle3.0

以上、サーモンnoodle3.0のご紹介でした。

 

混雑状況

平日は並ばずに入れましたが、土日は行列覚悟です。後述のLINE予約がおすすめ。

以下、私が行った時の混雑状況です。

①平日12:35に訪問

→並びゼロ。店内は半分ほどの埋まり。12:50に一気に空席。注文から提供まで5分。

②土曜12:45に訪問

→前に9名の並び。15分待ちで入店。注文から提供まで7分。

混雑時でも提供時間は7分と早いので、回転は悪くなさそうです。

外は行列でしたが、実際には空席がチラホラあったので、お客さんが一気に入店できるタイミングがあるようです。

 

予約システム

LINEから簡単に予約できます。LINEアカウントは公式サイトをご参照ください。

予約したけど行列がある場合は、予約時間になるまで列に並びます。予約時間になったら、店員さんに声をかけると、優先的に案内してもらえます。

混雑時は、予約時間にならないと入店できないので、予約時間より早く行くのはおすすめしません(空いてれば早く入れるのかもしれませんが)。

 

まとめ

サーモンnoodle3.0は、完全にフレンチと融合したラーメンでした。

口が「フランス料理を食べた」と錯覚したのか、食後はコーヒーが飲みたくなりましたw

ラーメンの中毒性というよりは、純粋に美味しいからリピートしたくなります。

次はどんな新感覚が待っているのか、今から楽しみです。

気になる方はぜひ行かれてみてください。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

サーモンnoodle3.0基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂6-26 カーサイオキ3

営業時間:11:00~15:00(LO14:45)、17:00~22:00(LO21:40)

定休日:なし

電話番号:050-5571-6024

現金のみ。カード不可、電子マネー不可。