まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

【超厳選】神楽坂の古民家レストラン3店!〜人の家、扉あけるとレストラン〜

神楽坂 古民家レストラン

今日は、神楽坂で特におすすめの古民家レストランをご紹介します。

  

古民家レストランとは、かつて人が住んでいた家を改装したレストラン

呼び方はさまざまで、「一軒家レストラン」などとも言われます。

 

私は古民家レストランが大好きです。

外観はどうみても家なのに、玄関をあけるとレストラン」というギャップが面白いからです。

網戸や柱をあえて残し、人が住んでいた雰囲気を味わえるのも、古民家レストランならでは。

 

神楽坂には、古民家レストランがたくさんあります。

この記事では、料理の味・雰囲気・サービスの観点から、私が特におすすめしたい古民家レストラン3店をご紹介します。

 

 

①NODO

NODO(ノード)は、築70年の古民家を改装したイタリアンです。

イタリアの中でも、フリウリ州の郷土料理に特化しています。

店名のNODOはイタリア語で、「絆、結び目」を意味します。

まさにその通りで、お店全体が優しく穏やかな雰囲気です。

入店時、エプロンをつけた女性スタッフさんが、優しい笑顔で「こんにちは♪」と迎えてくださいました。

 

外観

見た目は、かわいらしい一軒家。初めて見た時は、このお家がレストランとは思いませんでした。

神楽坂NODO外観

NODO外観

店内はおしゃれにリノベーションされており、洗練された雰囲気です。

神楽坂NODO

店内の様子
食べたもの

ランチで食べた紫芋のポタージュが衝撃でした。

色鮮やかで美しい見た目に、お昼から幸せな気分になります。

お味は、紫芋が超濃厚。

ポタージュの上にも紫芋チップスが乗っていて、紫芋好きにはたまらない一品でした。

神楽坂NODO 紫芋のポタージュ

他には、焼き竹の子とアンチョビのリゾットも頂きました。

リゾットなので、お米はアルデンテ。歯応えを感じます。

リゾットのお米ってこうじゃなきゃね!と思った、理想のアルデンテでした。

神楽坂NODO ランチ リゾット

価格帯

平日ランチ→1000円からあります。

ディナー→サラダ、前菜は800円前後。パスタは1500円から、メインは2500円から。

 

おすすめシーン

落ち着いた女子会やデートで、のほほん♪と食事したいとき。

ちなみに、以前ご紹介したイタリアン「イルボッリート」とは同系列です。

www.tanuki-gourmet.com

 

②CASA UOKIN

CASA UOKIN(カーサウオキン)は、お魚料理が中心のイタリアン。

魚金のグループなので、コストパフォーマンスが素晴らしいです。

店名のCASAはイタリア語で、「家」を意味します。

 

外観

入り口の時点で、ワクワクが止まりません。リゾート地のような雰囲気です。

かつては豪邸だったのだろうと思うほどの、広い敷地です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822102712j:plain

幻想的な入口

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822103142j:plain

玄関

内装については、今回ご紹介する3店の中では、人が住んでいた雰囲気が最も残っていると思います。

私は家族で行きましたが、「あそこはお風呂だったのかなぁ?」「お庭が広いね」などとワイワイ言い合うのが楽しかったですw

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822102935j:plain

広いオープンキッチン

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822102854j:plain

私たちが座った席
食べたもの

ディナーに伺い、白子ムニエル、魚介ラグーのフジッリパスタ、カルパッチョなどを頂きました。

特に「白子ムニエル」が美味しかったです。

表面に粉をつけてソテーされた白子は、外カリッカリ、中はトロットロ。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822103103j:plain

白子ムニエル 焦がしバターソース(480円)

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822103053j:plain

魚介ラグーのフジッリ(980円)

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822103035j:plain

海の幸のカルパッチョ(980円)
価格帯

前菜で600円前後、パスタは1000円、メインで1400円くらいです。

季節により、価格は若干異なります。

 

おすすめシーン

複数名で、豪快なイタリア料理をたくさん食べたいとき。

一皿の量が多いので、4人くらいで行くと、いろいろな料理を食べられると思います。

 

③Nico Chelsea

Nico Chelsea(ニコチェルシー)は、ジビエのお店です。

鹿やイノシシ、クマなどをおしゃれなビストロ料理として楽します。

私は一人で行きましたが、店員さんがとても気さくなので、楽しく過ごせました。

 

外観

表札に「ニコチェルシー」と書いてあるのが特徴です。

細い路地にポツリとあり、まさに隠れ家。赤い立て看板が目印です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200821203014j:image

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200822114152j:image

食べたもの

いろいろ食べましたが、特に「ひぐまの背ロース」が猛烈なインパクトでした。

くま=臭い、かたいなどのイメージがありましたが、これは全然違います。

臭みは一切なく、ジューシーで柔らかい。

くまって、美味しい!

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200821203032j:image

下の写真は、前菜3種盛り合わせです。

内容は、パテ、ゴーヤのラタトゥイユ、鹿とくるみのポテトサラダ。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200821203123j:image

価格帯

前菜600円前後、メインは1300円前後、パスタが1000円前後。

他のジビエ料理店より、安い印象です。

 

おすすめシーン

古民家レストランで一人飲みしたいとき。

 

まとめ

冒頭にも書きましたが、今回ご紹介した3店はどれも超おすすめです。

シーン別に使い分けるのが良いと思います。

以下、お店ごとのおすすめ利用シーンを、もう一度まとめておきます。

●NODO

⇒女子会、デートでまったり過ごしたいとき

●CASA UOKIN

⇒複数人でワイワイ食事したいとき

●Nico Chelsea

⇒一人で楽しく飲みたい時

 

どのお店でも、古民家レストランならでは雰囲気の中、美味しい食事を楽しめます。

神楽坂でお食事の際は、ぜひ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

少しでも、みなさんのお店選びの参考になれば幸いです。

お店の基本情報

※新型コロナウイルス下では、営業時間はお店に要確認。

NODO
最寄駅 牛込神楽坂駅A3出口より徒歩4分
住所 東京都新宿区袋町3番
営業時間 平日:12:00~14:00、16:00~26:00
土日祝:12:00~15:00、15:00~24:00
定休日 月曜、不定休
電話番号 03-6228-1149
CASA UOKIN
最寄駅 牛込神楽坂駅A3出口より徒歩3分
住所 東京都新宿区神楽坂5-35-8
営業時間 11:30~23:00
定休日 年末年始
電話番号 050-5595-8857
Nico Chelsea
最寄駅 飯田橋駅B4b出口より徒歩4分
住所 東京都新宿区津久戸町3-6
営業時間 月~金:17:00~23:30
土:14:00~23:00
定休日 日曜
電話番号 03-5206-4455