まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂【イルボッリート】でイタリア食文化を体験!メニューも一挙大公開

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093938j:image

せっかく神楽坂で食事するなら、ツウ~なお店に行きたくありませんか?

神楽坂のイタリアン「イルボッリート」は、立地面・食事面において、まさにツウなお店です。

 

イルボッリートは、イタリア料理の中でも、エミリア=ロマーニャ州の郷土料理に特化しています。

 

イルボッリートでは、エミリア=ロマーニャ州の美味しい料理を味わえるだけでなく、その食文化も体験できるのがポイントです。

私が行った時は、たとえばワインをお茶碗で飲んだりと、新鮮なひとときを過ごせました。

 

この記事では、私がイルボッリートで食べたものや、お店の雰囲気、メニューなどを詳しくお伝えしていきます。

 

イルボッリートはこんな方におすすめ

・せっかく神楽坂に行くので、ツウなお店で食事したい

・イタリアの郷土料理と、食文化も体験したい

 

イルボッリートへの行き方

イルボッリートの最寄駅は飯田橋。B3出口から徒歩4分です。

神楽坂通りを早稲田方面に進み、PORTA神楽坂を過ぎたところで左折。

まっすぐ進むと、右手にイルボッリートがあります。

イルボッリートの外観は、緑色が目印です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819094002j:image

店内の様子

席数は、カウンター10席、テーブル3卓。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819101109j:plain

メニュー

店名にボッリート(茹で肉)とあるように、お肉料理が豊富です。

迷ったら「オススメ」マークを頼りにするか、スタッフさんに相談してみましょう。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819094005j:image
f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093934j:image

イルボッリートでは、ワインも豊富です。

メニューに載っていないワインもあり、スタッフさんのほうから「今日はこんなワインありますよ!」と声をかけてくださいました。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093941j:image

食べたもの

食べたもの全てが、スペシャリテ級に美味しかったです。

私が食べたものを、一つずつご紹介します。

赤牛パルミジャーノの白いプリン

スタッフさんのイチオシということで、頼んでみました。

「赤牛」とは、体の色が赤く、希少な牛だそうです。スタッフさんが、赤牛の写真も見せてくださいました。

さらに、パルミジャーノチーズを目の前で削ってくれるというパフォーマンスにも、心躍りました。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093930j:image

前菜4種盛合せ

迷ったらまずはコレ!

内容は、玉ネギの甘酢マリネ、白インゲン豆&野菜煮込みなど。

甘酸っぱかったり、野菜の優しい味がしたり、それぞれの料理に異なる良さがあります。

私は特に、玉ネギの甘酢マリネが気に入りました。これは単品メニューにもあるので、次回は単品でも頼みたいと思います。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093959j:image

プロシュット(生ハム)

豚のいろいろな部位の生ハムを食べられます。

生ハムは注文後に削られるので、しっとり柔らかいです。

生ハムに添えられる揚げパンもすごく美味しくて、次回は単品でも頼みたいと思いました。

スタッフさんの説明によると、揚げパンに生ハムを挟んで食べるのが、ロマーニャ流の食べ方だそうです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093951j:image

お肉3種類盛り合せ

声を大にして言います。これは注文必須

内容は、牛タン、牛ホホ、豚フィレ。いずれも煮込みです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093938j:image

全部美味しいですが、特に牛タンが一番好きでした。

外はこんがり焼けて、中はホロッと柔らかい。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200819093944j:image

お肉は作り置きではなく、注文を受けてから調理されるため、提供には時間がかかります(今回は1時間)。

それを念頭において、他の小皿料理をいろいろオーダーしたほうがいいかもしれません。

以上、イルボッリートで食べた料理のご紹介でした。

 

混雑具合

土曜17:00に2名で入店し、先客2組。

18:00頃になると新規のお客さんが一気に来られ、退店時18:20には満席。

女性のおひとり様もいらっしゃいました。

 

気になるコスパは?

大人2名で、料理4皿・ワイン5杯を頼み、お会計12,590円。

十分お腹いっぱいです。

料理やサービスレベルの高さから、もっと高額になると思っていたので、レシートを見たときは安心しましたw

 

まとめ

イルボッリートは、神楽坂の裏路地で、イタリア郷土料理と食文化を楽しめるツウなお店。

郷土料理ならではの丁寧な味つけや可愛いお皿にも、心が癒されました。

 

スタッフさんも、ホスピタリティ溢れる接客をしてくださいます。

料理について丁寧に説明してくださり、勉強になりました。

たとえば赤ワインをお茶碗で飲むことや、生ハムを揚げパンに挟むことは、スタッフさんが教えてくださいました。

 

イルボッリートでは、他のイタリアンにはないエミリア=ロマーニャ州の郷土料理と、その食文化を体験できるので、有意義な時間を楽しめます。

ぜひ行かれてみてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

少しでも、みなさんのお店選びのお役にたてれば幸いです。

イルボッリート基本情報

住所:東京都新宿区若宮町5

営業時間

火曜~金曜:16:00~26:00(LO25:00)

土日祝:12:00~24:00

定休日:月曜、不定休

電話番号:03-3235-3225

※新型コロナウイルス下では、営業時間はお店に要確認。