まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂【とんかつおかむら】でランチ!個人店ならではの昔懐かしい味わい

神楽坂 とんかつおかむら ランチ

神楽坂の「とんかつおかむら」で、ランチをしてきました!

個人店ならではの昔懐かしい雰囲気と、リーズナブルで美味しいとんかつが魅力です。

 

さて、神楽坂はとんかつ激戦区です。

ミシュラン獲得店やチェーン店など、さまざまなとんかつ屋さんがあります。

その中でおかむらは、個人店ならではのアットホームな趣きや路地裏の穴場感を味わえるのがポイント。

神楽坂では貴重な、町のとんかつ屋さんです。

 

この記事では、おかむらへの行き方、メニュー、私が食べたもの、混雑具合などを詳しくご紹介していきます。

おかむらはこんな方におすすめ

・神楽坂で、リーズナブルな値段で美味しいとんかつを食べたい

・個人店、穴場っぽくて渋い店に惹かれる

 

おかむらへの行き方、基本情報

おかむらの最寄駅は、東京メトロ各線・飯田橋駅。B3出口から徒歩4分です。

B3出口を出たら、右に進みましょう(神楽坂通りを上る)。

雑貨店MIYASAKAの手前で左折し、路地に入ると、左手にとんかつおかむらがあります。

おかむらの外観は、まさに民家!

古民家好き、渋いお店が好きな方(私)には、たまらない店構えです。

とんかつおかむら 外観

おかむら外観

●おかむら基本情報

住所 東京都新宿区神楽坂3-6-89
営業時間 平日:11:30~14:00、17:30~21:00
日:17:00~21:00
定休日 土曜、祝日
電話番号 03-3235-9196

 

店内の様子

席数はカウンターが6席ほど、テーブルが3卓ほど、座敷が2卓あります。

木造の店内、大将と女将の楽しそうな会話に下町情緒を感じます(おそらくご夫婦と思われます)。

おかむら店内

座敷も個人店ならではのレトロな雰囲気です。

畳っぽい床に、木のローテーブルと座布団。

4名用が1卓、2名用が1卓なので、6~8名くらい座れそうな広さです。

神楽坂 とんかつおかむら 座敷

昔懐かしい雰囲気の座敷

 

メニュー

まずはランチメニューをご紹介します(2022年6月30日時点)。

ランチは1000円前後で、とんかつ、ヒレかつ、メンチかつ定食などがあります。

揚げ物気分でない時には、生姜焼き、味噌漬けが良さそうですね。

全ての定食に、ご飯、味噌汁、小鉢、漬物が付きます。

三元豚の定食 税込
三元豚とんかつ 1050円
ミックスフライ
(三元豚メンチ、エビ、アジ)
1050円
三元豚メンチかつ 970円
三元豚以外  
とんかつ 950円
ヒレかつ 1050円
生姜焼き 1000円
味噌漬け焼き 1000円
オプション  
ご飯大盛り 50円
ご飯おかわり半分 50円
ご飯おかわり 100円

おかむら ランチメニュー

ランチメニュー

テイクアウトメニューはこちらです。

ヒレかつ、三元豚かつ、ミックスフライはイートインより50円安くなっています。

生姜焼き弁当は、イートインと同価格。

弁当 税込
ヒレかつ 1000円
三元豚かつ 1000円
ミックスフライ 1000円
生姜焼き 1000円

メニュー写真を見る限りでは、(イートインでは付く)味噌汁やお惣菜は付かないようです。

神楽坂【とんかつおかむら】テイクアウトメニュー

テイクアウトメニュー

ディナーメニューでは、ランチにはないカツ重やカツカレーなどが登場します。

ディナーの予算は大体2000円ほど。

定食の全てに、味噌汁、漬物、小鉢、ご飯が付きます。

ロースの定食 税込
特上ロースかつ 2300円
上ロースかつ 1800円
ロースかつ 1550円
ロース串かつ 1500円
ロースカツカレー 1500円
ロースかつ重 1450円
ヒレの定食  
特上ヒレかつ 2300円
ヒレ一口かつ 1850円
ヒレかつ 1800円
その他の定食  
ミックスフライ 1950円
海老フライ 1900円
ポークソテー 1850円
豚味噌漬け 1450円
生姜焼き 1450円
カレーライス 1050円
牡蠣フライ(11~3月) 未記載

おかむら 夜メニュー

ディナーメニュー

 

食べたもの

ここからは、私がおかむらで食べたものをご紹介します。

三元豚とんかつ定食

税込1050円。店内ほぼ満席だったので、時間がかかるかなと思いきや、注文後8分で提供して頂きました。

大将の「お待ちどうさま!」と素敵な笑顔とともに登場。

三元豚トンカツ定食

三元豚とんかつ定食

とんかつには、平田牧場の三元豚(ロース)が使われています。

平田牧場は「いちばん丁寧なブランド」をコンセプトに、1964年から続く山形県の畜産会社です。

三元豚とは、3つの品種を掛け合わせた豚のことで、柔らかい肉質と上質な脂肪が特徴だそうです。(参考:平田牧場公式サイト)

おかむら 三元豚とんかつ

とんかつは平たく横に長いタイプで、厚みは1~1.5cmほど。

一般的なとんかつよりは薄いですが、それでもジュワッとした肉汁を感じられます。

食感はしっとりと柔らかく、さすがブランド豚は違うなと思いました。

おかむら 三元豚とんかつ リフトアップ

おかむらでは、分厚い衣も私のお気に入りポイントですw

衣はザクザクした食感で、たっぷり付いているため、揚げ物食べたい欲が満たされます。

卓上のとんかつソースは、つい使い過ぎてしまうほど美味しい。

甘さ控えめ、醤油も強すぎない絶妙なバランス。サラサラとした軽い食感です。

おかむら 卓上のタレ入り壺

とんかつソース

ご飯のおかわりを注文したところ、大将が「たくさん食べてくださいね~!」と、ダイナミックにご飯をよそってくださいました。

嬉しそうにご飯を盛ってくれる大将の姿、未だ忘れられませんw

このやり取りも、個人店おかむらの醍醐味かと思います。

おかむら 小鉢2種

 

ヒレかつ定食

税込1050円。注文して10分後、運ばれてきました。

定食の内容はヒレかつ、キャベツ、味噌汁、ご飯、大根サラダ、かぼちゃ煮。

神楽坂 とんかつおかむら ランチ ヒレかつ定食

ヒレかつ定食(税込1050円)

ヒレかつは2口サイズで小さめ。それが3つ入っているので、合計6口分くらいです。

キャベツがタワー状に山盛りで驚きましたw

神楽坂【とんかつおかむら】ヒレかつ&山盛りのキャベツ

ヒレかつはしっとり柔らかく、噛むたびに弾力を感じます。

火がしっかり通っていますが、決して揚げすぎていない絶妙なライン。

とんかつソースを付けなくても美味しいですが、やはりおかむらのソースは甘さ控えめで良い。

神楽坂とんかつおかむら ヒレかつの断面

以上、おかむらのご紹介でした。

 

覚えておくべきこと

おかむらに初めて行く方は、以下の点を覚えておくと良いでしょう。

自分の備忘録としても記しておきます。

①女性にはご飯少なめ

女性の場合、ご飯は少なめで提供されます。

感覚的には、ご飯は120~130gぐらいかと思います(私は毎晩150gの米を食べますが、それより少ないです)。

女将さん曰く、「女性にはご飯を少なくしているので、足りなければおかわりしてください」とのこと。

しかし、120gほどのお米+おかわりをすると、私には多いのです(;´Д`)正直なところ、最初から基準量(男性と同じ量)を食べたいw

そのため、お腹が空いている時は「ご飯は男性と同じ量で」などと女将さんに伝えたほうが良いかもしれません。

※メニューには、ご飯おかわりは+50円と書かれていますが、女性のご飯少なめからの→おかわり(普通量との差分)は無料です。

②冷房はかなり弱め

エアコンは設備されていますが、かなりの弱モードです。

私は猛暑の日に行ったので、汗だくになりながら食べましたw

冷房がたまたま壊れていたのかな?とも思いましたが、2回とも店内が猛暑だったので、冷房弱はデフォルトかもしれません。

③支払いは現金のみ

ディナーは未確認ですが、ランチでは現金のみの支払いです。

 

混雑具合

ランチはピークタイム(12:00~12:30)を外せば、普通に入れると思います。

私が平日12:05に行った時は、空席はカウンター2席。12:10には満席。

お客さんの入れ替わりのタイミングか、12:30頃から空き始めました。

《2022年6月30日追記》

猛暑の平日12:40に行き、先客は2組。13:00過ぎに店を出るまで、他にお客さんは4組。

滞在時間の12:40~13:00過ぎまで、店内は終始落ち着いていました。

 

まとめ

とんかつおかむらの魅力は、なんといっても個人店ならではの昔懐かしい雰囲気。

のんびりと心を休ませながら、美味しいとんかつを食べられます。

ランチは約1000円とリーズナブル、さらに日曜営業しているのも嬉しいポイント。

私は個人店が好き&コスパ重視なので、おかむらは重宝しています。

 

Googleではさまざまな意見がありますが、私はおかむらの味わい(料理、雰囲気含め)が好きです。

有名店やチェーンにはない、昔懐かしくほのぼのした空間が、おかむらにはあります。

 

神楽坂でとんかつが食べたい時、地域に根ざした個人店の味を楽しみたい時には、ぜひ行かれてみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。