まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂の心温まるフランス家庭料理【ルクロモンマルトル】で一人ランチ!狙い目時間など詳しくご紹介!

ルクロモンマルトル 田舎風パテとパン

神楽坂でフレンチを頂くなら、必ずおさえておきたいのが「ルクロモンマルトル」。

同店は1998年創業、日本風にアレンジしない、フランスの伝統的な家庭料理を味わえます。

「明日もこの料理を食べたい」と思わせてくれるほどの、丁寧で優しい味つけが魅力です。

 

ルクロモンマルトルのもう一つの魅力は、お店の心温まる空間。

まるでフランスのお家にお呼ばれしたような、アットホームで可愛らしい空間は、女子会やデートにぴったりです。

ランチなら一人でも居心地よく過ごせます。

 

この記事では、ルクロモンマルトルへの行き方、ランチメニュー、食べたもの、混雑具合などを詳しくお伝えしていきます。

ルクロモンマルトルはこんな方におすすめ

・丁寧で優しい味つけのフランス家庭料理を味わえる、神楽坂の名店に行ってみたい

・ほっこり女子会やデートにぴったりの、穏やかな雰囲気のお店を探している

・ルクロモンマルトルの混雑具合、ランチ狙いめ時間を知りたい

 

ルクロモンマルトルへの行き方

ルクロモンマルトルの最寄駅は、東京メトロ各線・飯田橋駅。B3出口から徒歩3分です。

B3出口を出たら右に進み、ロイヤルホストの手前で右折(神楽坂仲通りに入る)。

「カラオケかぐら」を過ぎたところで右折すると、左手にルクロモンマルトルが見えます。

蔦や植物に囲まれた、とても可愛い外観です。本当にフランスの一角にありそう。

天気の良い日は、テラスで食事するのも気持ちよさそうですね。

神楽坂ルクロモンマルトル 外観&テラス

店内の様子

席数はテーブルが7卓ほどで、人数に合わせてアレンジ可能。

パーテーションはありませんが、席の間隔は気にならない程度に設けられています。

神楽坂ルクロモンマルトル 店内の様子1

インテリアも可愛くて、一年中クリスマスのような気分を味わえます。店内どこを撮っても写真映え。

神楽坂ルクロモンマルトル 店内の様子2

ルクロモンマルトル基本情報
住所 東京都新宿区神楽坂2-12
営業時間 昼:11:30~13:30(LO)
夜:18:00~21:00(LO)
定休日 日曜、水金のランチ
電話番号 050-5589-7180

 

ランチメニュー

2022年10月現在、ランチコースは2種類です。

コース名 税込 内容
シングルコース 2100円 前菜+メイン+パン+ドリンク
フルコース 3300円 前菜+メイン+パン+デザート+ドリンク2種

選べる前菜とメインは、選択肢が多いのも嬉しいポイント。

この日は前菜が8種、メインは4種ありました。

内容は時期替わりですが、キッシュ、パテ、ブーダンは毎回あります。

ルクロモンマルトル ランチメニュー

2022年10月のランチメニュー

ルクロモンマルトルでは、他店ではあまり見ないメニューもいろいろとあります。

たとえばブーダン(豚の血と脂の腸詰)や鶏のマロン詰めなどがあり、グルメな方でもきっと満足できるでしょう。

ルクロモンマルトル メインのメニュー

 

シングルコースを実食

私が頂いたのは、最もリーズナブルな「シングルコース」(税込2100円)。選べる前菜、メイン、パン、ドリンクが付きます。

シングルコースで頂いたものを、一つずつご紹介していきます。

鶏レバームースと田舎風パテ

異なる2種のお肉が入っていて、軽いメインのような贅沢感があります。

鶏レバームースはしっとり、なめらかな舌触り。

レバームースといえば、重たいイメージがあるかもしれませんが、ルクロモンマルトルのは軽くてパクパクと食べられます。

横にはイチジクが添えられ、鶏レバーと相性抜群!

鶏レバーの芳醇な味わいに、少しの甘酸っぱさが加わり、美味しさがより一層引き立ちます。

ルクロモンマルトル 田舎風パテと鶏レバームース

もう一つのお肉は田舎風パテ。

ハーブが程よくきいており、豚の優しい甘みを感じます。ピスタチオのコリコリした食感が良いアクセント。

ルクロモンマルトル 田舎風パテとレバームース

パン

パンは王道系のバゲットで、硬さの中にもふんわりとした食感あり。

パンは一口サイズが3個と少なめですが、メインがボリューミーなので、おかわりをしなくても案外お腹一杯になります。

パンのおかわり(+100円)は、メインが来てから考えたほうが良いかもしれません。

ルクロモンマルトル パンルクロモンマルトル バゲット

先述の鶏レバーとイチジクをディップ!

前菜とパンだけでも、いろいろな楽しみ方ができますね。

ルクロモンマルトル パン&鶏レバームース&いちじく

 

豚フィレ肉のロースト

メインは「豚フィレ肉のロースト ~シャルキュティエールソース~」を選択。

シャルキュティエールソースとは、白ワインや玉ねぎ、ピクルス、マスタード、トマトなどを使ったソースのこと。

ソースがツヤツヤで、見るからに美味しそう!付け合わせのポテトやインゲンも、食欲を高めてくれます。

神楽坂ルクロモンマルトル 豚フィレ肉のロースト

私は「シャルキュティエールソース」を頂くのは初めてでしたが、本当に美味しかったです。

トマトの優しい甘さ、ピクルスのほのかな酸味が上品にまとまり、もはやこれ以外のソースは考えられません。

ルクロモンマルトル 豚フィレ肉のロースト

豚ヒレは低温でじっくりコトコト煮詰めたように柔らかく、ずっと噛みしめていたい美味しさです。

豚ヒレ単体でも美味しいですが、甘酸っぱいシャルキュティエールソースと絡み合う瞬間は、この上なく幸せでした。

ボリュームも十分で、豚ヒレはやや大きめが4切れ入っています。

ルクロモンマルトル 豚フィレ肉のロースト

またメインだけでなく、付け合わせも秀逸です。

ポテトは軽めの揚げ焼きで、一口頂くと本当にカリッ!と良い音がしました。

お芋の甘さが詰まっていて、もし今後「どの店のポテトが好きか?」と聞かれたら、ルクロモンマルトルと答えてしまいそう。

ルクロモンマルトル 豚フィレ肉ローストの付け合わせ ベイクドポテト

コーヒー

ドリンクはホットコーヒーを選択。※写真は別日に撮影。

やや酸味のあるタイプなので、好みは分かれるかもしれませんが、カフェで頂くようなきちんとしたクオリティです。

神楽坂ルクロモンマルトル ランチ シングルコース

再訪記録

ここからは、再訪時のランチで食べたものを一挙ご紹介します。

ベーコンとチーズのキッシュ

前菜の「ベーコンとチーズのキッシュ」です。

大きなベーコンがゴロゴロ入っており、空腹を落ち着かせてくれる満足感があります。

キッシュの生地はサックリと軽い食感で、パイとタルトの中間のような口当たり。

バターたっぷりという感じはなく、キッシュの中ではあっさりしているタイプだと思います。そのため、メインで肉料理を選んでも大丈夫。

ルクロモンマルトル キッシュ

鶏のマロン詰めロースト

メインは「鶏のマロン詰めロースト  ~グロゼイユソース~」を選択。

グロゼイユソースとは、ヨーロッパの果物「グロゼイユ」を使ったソースで、カシスのような甘酸っぱい味わいです。

お肉は200gはありそうなボリュームですが、鶏むね肉なのでサッパリと頂けました。

ルクロモンマルトル 鶏のマロン詰めロースト

鶏の中からはマロンがお目見え。鶏とマロンの組み合せを食すのは初めてでしたが、すごく合う!

栗のホクホクした食感と甘さが、淡泊な鶏むね肉と絶妙にマッチしています。

今度家でも、鶏むね肉とマロンの料理を作ってみようと思ったほど。

ルクロモンマルトルでは、他店ではなかなか見ない料理を味わえるのも魅力ですね。

神楽坂 ルクロモンマルトル 鶏肉のマロン詰めロースト

ヤシの芽と人参のサラダ仕立て

この日の前菜は、ヘルシーそうな「ヤシの芽と人参のサラダ仕立て」を頂きました。

ヤシの芽は、別名パルミットとも呼ばれ、ココナッツの新芽を指すそうです。

主に中南米で食される野菜で、低カロリーかつ食物繊維を多く含むのが特徴。

神楽坂 ルクロモンマルトル ランチ ヤシの芽と人参のサラダ仕立て

初めて食したヤシの芽は、意外にも淡泊な味わいで、特にココナッツの味がするわけではありません。

根菜のようなコリコリとした食感が、満足感をもたらしてくれます。

特筆すべきはキャロットラペ。甘酸っぱさが絶妙です!

舌を刺激しすぎない丁寧な味つけで、お腹を程よく落ち着かせてくれます。

神楽坂 ルクロモンマルトル ランチ ヤシの芽と人参のサラダ仕立て

若鶏のクミン風味パン粉詰め

今回頼んだメインは、なんと鶏肉にパン粉を詰めるという面白い一品。

随分クリエイティブな料理だなと思いきや、フランスの家庭では広く食される料理とのことで、知見が広がりました。

なお、鶏に詰めものをする料理を「ガランティーヌ」と呼ぶそうです。

神楽坂 ルクロモンマルトル ランチ 若鶏のクミン風味パン粉詰め

鶏もも肉は、舌の上で溶けるように柔らか。おそらく低温でじっくりとローストしているのでしょう。

皮まで美味しく、鶏肉も良質なものを扱っているのだろうと思いました。

ふっくらジューシーな鶏もも肉と、パン粉のサクサク食感のコントラストは、なんとも幸せな気持ちにさせてくれます。

神楽坂 ルクロモンマルトル ランチ 若鶏のクミン風味パン粉詰め

鶏を引き立てるのが、クミン風味のソース。

クミンによりピリ辛のアクセントが加わり、鶏肉の上品な仕立てを一層引き立てています。

クミンといえば、カレーに使われるスパイスですが、スパイス料理のような辛さはなく、こんなにも上品な使い方があるのかと驚きました。

また先述したように、ルクロモンマルトルでは、付け合わせも名脇役です。

マッシュポテトはトロトロになめらかで、お芋の甘みがクミン風味ソースと相性抜群。

神楽坂 ルクロモンマルトル ランチ 若鶏のクミン風味パン粉詰め

以上、ルクロモンマルトルのランチのご紹介でした。

 

混雑具合

予約で一杯のことが多い人気店なので、平日土日問わず予約必須と言えます。

土日については、これまでの経験上、開店前から並んでも入れないと考えています(予約で満席になるため)。

以下、平日に訪問した際の混雑記録です。

平日12:20に伺い(予約なし)、店内は満席。

→店員さん曰く「今来たお客様が多い」とのことで、おそらく12:00過ぎに満席になるのかなと推測しています。

平日13:00(予約なし)、奇跡的に空席あり。

→但し、その後は常に満席だったので、やはり平日でも予約が安全。

晴れの平日月曜、12:00に訪問(当日の午前中に電話で予約)。

→12:00の時点で満席、予約なしで来た方はお断りされていました。店員さん曰く、この日は予約で一杯だったそうです。

 

一人でも予約がおすすめ

ルクロモンマルトルは一人でも予約可能なので、安心して電話予約しましょう。

私は日曜ランチで、当日に電話予約して伺ったことがあります。

電話する前、一人でも予約していいのかなと少々不安でしたが、お店側も慣れているのか、快く対応してくださいました。

 

まとめ

ルクロモンマルトルは、明日も食べたくなる、丁寧な味つけのフランス家庭料理の名店。

ルクロモンマルトルのお料理や温かいサービスは、お腹も心も満たしてくれます。

スーツ姿の店員さんの気配りも素晴らしく、一人でもリラックスして過ごせました。

 

予約必須と言っていいほどの人気店ですが、予約さえすれば幸せのランチタイムが待っています。

一人でも安心して予約できるので、ルクロモンマルトルが気になる方は、ぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。