まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂の蕎麦店【山せみ】で日曜ランチ!丼ぶりも充実でオールマイティに使えるお店

神楽坂 山せみ

神楽坂の「山せみ」で蕎麦と天丼ランチをしてきました。

 

山せみは、神楽坂のメインストリート沿いにある蕎麦屋さん。

路面店であり、神楽坂のド真ん中という立ち寄りやすい場所なので、ふらっと気軽に入れて美味しいお蕎麦を食べられるのが魅力です。

日曜営業しているのも嬉しいポイント。

この記事では、私が山せみで食べたものや土日のランチメニューなど、詳しくご紹介していきます。

山せみの歴史

山せみは、かつて高円寺にあった「白さぎ」が移転する形で、2009年5月にオープンしました。

その後2021年2月、とんかつを新たなウリとしてリニューアル。

リニューアル後は、ヒレかつ、たれかつ、カツカレーなど、若い人のお腹を満たすメニューが取り入れられています。

運営会社はStyLe。同社は餃子のダンダダン酒場や、神楽坂にある枝魯枝魯(ぎろぎろ)などを手掛けています。

山せみのオープンは2009年、Styleの創立はそれより後の2014年ですので、どこかのタイミングでStyleの傘下に入ったのだろうと推測しています。

その他、山せみの詳細については過去の記事をご参照ください。↓

www.tanuki-gourmet.com

 

外観

お店はちょうど神楽坂と飯田橋の中間にあります。路面店なので、初めての方でも迷わず行けると思います。

山せみ外観

 

店内

店内はカウンター7席、2名用テーブルが5卓、4名用テーブルが2卓。この他、店の奥には個室があるそうです。

2名用テーブルは隣との間隔が狭くパーテーションも無いので、気になる方はカウンターの端に座るのが良いと思います(カウンターはパーテーションあり)。

神楽坂 山せみ カウンター

ランチメニュー

土日祝は税込1430円のランチセットがあります。平日は税込1100円。

タレカツ丼+蕎麦、ヒレかつ+蕎麦、カツカレー丼+蕎麦、天丼+蕎麦、親子丼+蕎麦があります。

神楽坂 山せみ 土日ランチメニュー

丼は単品でも注文できます。

親子丼単品は税込880円、天丼は税込1320円、ロースカツとひれかつの相盛りは税込1210円。

神楽坂 山せみ 土日ランチメニュー

蕎麦+天丼セットを実食

私が食べたのは、蕎麦+天丼セット(税込1430円)。

小鉢(白身魚の唐揚げ)と紅ショウガも付きます。

神楽坂 山せみ 土日ランチ 蕎麦+天丼セット 税込1430円

お蕎麦はしっかりと1人前あります。天丼もあるので、大盛りにしなくても十分な量でした。

神楽坂 山せみ 土日ランチ 蕎麦

山せみのお蕎麦は、のどごしが良いです。十割蕎麦ではないと思いますが、蕎麦の風味を感じました。つゆにつけなくても美味しい^^

神楽坂 山せみ 土日ランチ 蕎麦

天丼は、白身魚、えび、ししとう、なす。

外はサクッと揚がり、中はふんわりしています。

神楽坂 山せみ 土日ランチ 天丼

タレはあらかじめかかっていますが、味薄めなので、次はタレ多めで注文しようと思います。

天丼屋さんの甘いタレではなく、そばつゆをベースにしたような上品なタレでした。

なお卓上のソースはとんかつ用であり、天丼のタレではないそうです。

神楽坂 山せみ 小天丼 なす

なす天

神楽坂 山せみ 土日ランチ 卓上

卓上のソースはとんかつ用

小鉢は白身魚の唐揚げ(南蛮漬け)でした。

しっかりとした味で、ご飯が進みます。小鉢もきちんと美味しいのは嬉しいですね。

神楽坂 山せみ 土日ランチ 小鉢

天丼と揚げ物がかぶったので、小鉢の内容を聞いてからメニューを選ぶのもアリかなと思います。

以上、山せみランチのご紹介でした。

 

混雑具合

訪問日は10月17日。日曜の開店時刻(11:30)に行き、すでに先客3組。退店11:50までにテーブルは満席。雨天にも関わらず、盛況でした。

 

まとめ

リニューアル後の山せみに行くのは初めてでしたが、より幅広く使えるお店になったと思います。

 

とんかつが新たなウリとなり、揚げ物が充実しているので、「今日は揚げ物気分」という時にも使えますね。

「揚げ物をたくさん食べて、〆に蕎麦をすすって満腹になりたい」という願望も叶えられますw

 

もちろんお蕎麦も美味しいですし、路面店でフラッと気軽に入れるのも魅力の一つです。土日ランチもやっていますので、気になる方はぜひ。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんのお店選びのお役に立てれば幸いです。