まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂の渋くてツウな焼鳥店【七厘】でテイクアウト!

神楽坂 七厘 焼鳥テイクアウト

神楽坂の「七厘(しちりん」は、小栗横丁にたたずむ焼鳥店。

職人技を感じる絶品の焼鳥と、ノスタルジーな雰囲気は、まさに隠れた名店と言えます。

 

新型コロナウイルスの影響により、七厘ではテイクアウトがスタート。

旨味あふれる焼鳥はサイズも大きく、火入れやタレの甘さなど、どれを取っても素晴らしいです。

そのような絶品の焼鳥を、気軽にテイクアウトできるので、私自身何度も利用しています。

手作りのお惣菜も美味しく、七厘なら至福のディナーになること間違いなし。

 

この記事では、七厘への行き方、今まで食べたもの、テイクアウト待ち時間などを詳しくお伝えしていきます。

※情報は2022年12月時点の内容です。最新情報はお店のFacebook等をご参照ください。

七厘はこんな方におすすめ

・神楽坂の裏路地にたたずむ、渋くてツウな焼鳥屋さんに行ってみたい

・職人技を感じる絶品の焼鳥を、気軽にテイクアウトしたい

 

七厘への行き方

七厘の最寄駅は、東京メトロ各線・飯田橋駅。B3出口から徒歩3分です。

飯田橋駅B3出口を出たら、右に進み(神楽坂通りを上る)、田口屋生花店を過ぎたところで左折。

次の角で右折し(小栗横丁に入る)、そのまま直進すると、左手に七厘があります。

このノスタルジックな佇まいにも心惹かれます。

神楽坂 七厘 焼鳥 外観

テイクアウトメニュー

テイクアウトメニューはこちらです。焼鳥はタレor塩を選べます。

注文可能時間はディナータイムのみ(18:00以降)。持ち帰りの袋は無料です。

  内容 税込
焼鳥のっけごはん

●ネギま、ししとうま

●惣菜2種

900円
焼鳥4種 ネタを4種選べます
【焼鳥】もも/ネギま/ししとうま/つくね/レバー/ハツ/砂肝
【野菜焼】長ネギ/ししとう/おくら/椎茸
1000円
焼鳥3種と惣菜3種

●もも、ネギま、つくね

●惣菜3種

1300円
惣菜 大山鶏と胡瓜の柚子胡椒あえ、いぶりがっこ等 500円

神楽坂 焼鳥 七厘 テイクアウトメニュー

 

テイクアウト編

私が七厘でテイクアウトしたものをご紹介します。テイクアウトメニューは制覇したので、ぜひご参考に!

焼鳥3種と惣菜3種

税込1,300円。基本はネギま・つくね・ももですが、この日はネギま・つくね・ハツ。

電話注文の際、マスターのほうから焼鳥のネタを教えてくださいました。

神楽坂 七厘 焼鳥テイクアウト

ネギまはブリンとした弾力があり、噛むたびに肉の旨味がジュワーッと広がります。

非常にクオリティが高く、このネギまを食した時、すっかり七厘のファンになりました。

つくねは身がギュッと詰まっていて、この肉感は空腹にはたまらない!

こんがりした焼き目には甘醤油のタレが染み込み、脳天直撃の美味しさです。

ハツもジューシーで柔らかく、マスターの職人技を感じました。

神楽坂 七厘 焼鳥テイクアウト

お皿にあけてみました

焼鳥そのものも絶品ですが、タレも秀逸です。

タレの甘さは普通~やや甘めで、焼鳥を引き立たせる絶妙な塩梅。完全にたぬき好みの味つけです。

また、七厘の焼鳥はビッグサイズなのが嬉しいポイント。3本で良い感じにお腹が満たされます。

神楽坂 七厘 焼鳥テイクアウト

七厘ではお惣菜も名物です。

この日は春雨の明太子炒め、きゅうりとキャベツの漬物、小松菜とザーサイの和え物。

手作りの優しい味ですが、程よく塩気があり、おかずにもツマミにもなります。

神楽坂 七厘 お惣菜

焼鳥4種盛り合せ

税込1,000円。焼鳥4種盛り合せでは、好きなネタを選べます。

私が選んだのは、レバー・つくね・ネギま・シシトウま。

今回初めて頂いた「レバー」は濃厚な味わいで、レバー好きにはたまらない!

焼鳥は相変わらず身が大きく、4本はかなりお腹いっぱいになりました。

神楽坂 七厘 テイクアウト 焼鳥4種盛り合わせ

焼鳥のっけごはん

税込900円。ご飯の上には海苔と山椒、タレ。そしてネギま・ししとうまがオン。

脇にはお惣菜が2種添えられています。

容器は約18cm×11cmの大きさで、普通に一人前のボリュームがあります(スーパーでセルフでコロッケをとる時の容器をイメージすると分かりやすいと思います)。

神楽坂 七厘 焼鳥のっけごはん

作りたての焼鳥は、身がプリップリで、全身に染み渡る美味しさです。

目をとじて「うんまぁ〜...」とボヤいてしまいました。

絶妙な甘さのタレが染みたご飯は、いくらでも食べられそうなほど美味。

ご飯はデフォルトで大盛りなので、いつも小盛でお願いしています(それでもボリュームあり)。

神楽坂 七厘 テイクアウト 焼鳥のっけごはん

この日のお惣菜は、茄子の浅漬け、キャベツと人参の胡麻油あえでした。

名脇役とも言える美味しさです。

神楽坂 七厘 テイクアウト 焼鳥のっけごはん お惣菜

トッピングしてみた

焼鳥のっけごはん」に、ネタを1本追加(+250円)。デフォルトは焼鳥2本ですが、もっと食べたい!という方にはこのオーダーがおすすめです。

それなら「焼鳥3本盛り合せ」を頼めばいいのでは…と思うかもしれませんが、タレご飯がまた激ウマなのです。

さらにこの日は仕入れの関係か、焼鳥のネタを選ぶことができ(通常は選択不可のはず)、ネギま・レバー・つくねで作って頂きました。

神楽坂 七厘 焼鳥のっけごはんテイクアウト

以上、七厘のテイクアウトのご紹介でした。

 

テイクアウト待ち時間

待ち時間は、毎回30分くらいです。平日or土日、天気などは特に関係なさそう。

私はいつも18:00(開店時刻)に電話注文し、18:30頃に受け取っています。

電話注文で時間を指定すれば、その時間に焼きたてになるように作ってくださいます。

 

イートイン編

※2022年12月現在は、ランチ営業は終了しましたが、お店の雰囲気などご参考までに。

緊急事態宣言下のランチでは、「焼鳥のっけごはん」を頂きました。

ネギま・シシトウまが乗った丼と、小鉢3種、汁物が付きます。

この日の小鉢は、キャベツの胡麻和え、ひじき煮、切り干し大根でした。

神楽坂 七厘 焼鳥のっけごはん イートイン

七厘の焼鳥は、美味しい+大きい。これ、空腹時にはたまらなく嬉しいですよね。

白米も美味しいです。かためでフカフカ。柔らかい焼鳥とよく合います。

神楽坂 七厘 焼鳥のっけごはんUP イートイン

以上、七厘で食べたお料理のご紹介でした。

 

まとめ

神楽坂の七厘は、リピート必至の焼鳥屋さんです。

こんがりした焼加減、プリプリの身で、マスターの熟練技術を感じます。

焼鳥のサイズも大きいので、空腹時には至福のディナーになること間違いなし。

私の中では「焼鳥食べたい=七厘で買おう」と脳内変換されるほど、非常に満足度の高いお店です。

 

こじんまりとした素敵な雰囲気で、マスターのお人柄も良く、何より美味しいのでリピート必至です。

神楽坂で絶品の焼鳥を気軽にテイクアウトしたい時は、ぜひ行かれてみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

七厘の基本情報

住所:東京都新宿区若宮町16-9

営業時間:準備が整い次第~21時閉店(2021年4月現在)

Facebookを要確認。

電話番号:03-5261-8217