まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂【串焼てっ平】ランチに焼鳥弁当テイクアウト!炭火の香ばしさに悶絶

神楽坂 串焼てっ平 焼鳥弁当テイクアウト

先日のお昼に、神楽坂「串焼てっ平」の焼鳥弁当をテイクアウトしました!

 

串焼てっ平は、神楽坂の兵庫横丁を抜けた先、津久戸町の路地にたたずむ隠れ家。

焼鳥をメインに、野菜や日本酒などを味わえます。

オープンは1993年と、神楽坂で約30年続いていることから、その味は確かなものと分かります。

ちなみに、兵庫横丁にある「ちょい干してっ平」は同系列です。

 

2022年6月現在、串焼てっ平は、神楽坂通りの雑貨店「プリュス」にてお弁当を販売しています。

私は焼鳥弁当を買いましたが、さすがは神楽坂で長く続くお店のクオリティで、とても美味しかったです。

お昼から美味しい焼鳥&白飯を頬張りたい時に、ぜひおすすめです。

 

この記事では、串焼てっ平のお弁当販売場所、販売時間、お弁当レビューなどを詳しくお伝えしていきます。

この記事はこんな方におすすめ

・今日のランチは、美味しい焼鳥&白飯をお腹いっぱい楽しみたい

・神楽坂で30年続く焼鳥店の味を、テイクアウトで気軽に食べてみたい

 

串焼てっ平基本情報

住所:東京都新宿区津久戸町3-5

最寄駅:東京メトロ各線・飯田橋駅B4出口から徒歩4分

電話:050-5456-0482

営業時間:17時~22時

定休日:日曜、祝日

全席禁煙

 

お弁当の販売場所、日時

串焼てっ平のお弁当は、実店舗ではなく、神楽坂通りの雑貨店「プリュス」で販売されています。

販売場所のプリュスは、神楽坂駅1a出口から徒歩1分、コボちゃん像のすぐそばにあります。

お弁当の販売日時は、火曜~土曜の11時30分~12時30分(祝日は休み)。

1時間限定なので、なるべく早めに行きましょう!

予約(取り置き)もできるので、確実に食べたい方は予約が安全です。

当日10時までなら、系列店「ちょい干してっ平」のインスタグラム(DM)で予約可能です。10時以降は要電話。

※本日ご紹介の「串焼てっ平」と、その系列店「ちょい干してっ平」それぞれが名物料理のお弁当を出しています。

お弁当の販売やお知らせなどは、「ちょい干してっ平」が管轄。

 

お弁当メニュー

系列店ごとに、4種類のお弁当を出しています。

串焼てっ平からは、焼鳥弁当(880円)、ミニいなり弁当(400円)、自家製タルタルチキン南蛮弁当(1000円)を販売。

ちょい干してっ平からは、焼魚弁当(税込1100円)が出ています。

神楽坂 串焼てっ平 焼鳥弁当

神楽坂プリュスでの店頭販売

私が行った時(晴れの土曜12:20)は、焼鳥弁当が残り3つ、他のお弁当は完売していました。

支払いは現金のみ、レジ袋は無料です。

 

焼鳥弁当を実食

私が買ったのは、串焼てっ平が出している「焼鳥弁当」。価格は税込800円。

もう、ビジュアルが最高ですw

銀色のトレーに、さまざまな焼鳥やお惣菜がたっぷり詰まっています。

フタをしている状態でも、焼鳥の良い匂いが漂ってきます。

お弁当はホカホカに温かいので、きっと作りたてなのだろうと思いました。

神楽坂 串焼てっ平 焼鳥弁当

串焼てっ平「焼鳥弁当」880円

焼鳥の内容は、鶏そぼろ、ねぎま、つくね、ささみ(か、ムネ)。

ネタが合計4種類も入っていて、豪華ですよね。

焼鳥のゾーンは、ご飯+海苔+タレ+焼鳥という構成です。

早速食べてみると、炭火で焼かれた香ばしさで食欲爆発!w

どのネタにも、肉の旨味をしっかりと感じました。

神楽坂 串焼てっ平 焼鳥弁当 開封写真

特に、つくね、ねぎまが自分好みでした。

つくねは肉肉しくて、適度に柔らか。シャキシャキの長ネギが、爽やかなアクセントになっています。

ねぎまのタレは甘すぎず、サラッとしていて良い。タレにもこだわりを感じました。

ご飯も美味しいです。かためで、ぎゅっと詰まっています。焼鳥によく合う!

神楽坂 串焼てっ平 焼鳥弁当 お惣菜の部分

お惣菜もたっぷり

お惣菜は、↑左上から時計回りに、大根と柴漬け、にんじんとレーズンの甘煮、ブロッコリー、にんじんとゴボウの煮物、半熟卵。

一つ一つが、丁寧に作られた美味しさです。

お弁当ですが、お店でおもてなしを受けているようで、嬉しい気持ちになりました。

焼鳥&白飯だけでなく、美味しいお惣菜もたっぷり入って880円。コスパが素晴らしいです。

この焼鳥弁当なら、ぜひリピートしたいと思いました。

 

焼魚弁当を実食

別日に、家族が焼魚弁当を買ってきました。税込1100円。

焼魚弁当は、串焼てっ平の系列店である「ちょい干してっ平」が作っています。

先述の焼鳥弁当と同じく、神楽坂の雑貨店プリュスの店頭で買えます。

神楽坂 ちょい干してっ平 焼魚弁当 1100円

焼魚弁当では、ちょい干してっ平の名物である「ちょっとだけ干した魚」を味わえます。

ネタはサバの炭火焼、白身魚の西京焼、ちくわ天。

サバはほどよく脂が乗っていて、ふっくらしています。

表面がパリッと焼けていて、炭火の香ばしさがたまりません。最高です。

これは家では作れないでしょうし、(当たり前ですが)スーパーのそれとはレベルが違うなと思いました。

また、小さめサイズということもあり、サバだけれども油っこくないのが良かったです。

神楽坂 ちょい干してっ平 焼魚弁当 アップ

お惣菜は、根菜きんぴら、白滝の明太子和え、にんじんとごぼうの煮物、香物、半熟煮卵が入っていました。

先述の焼鳥弁当と同様に、丁寧な味つけ。いろいろな和の素材を楽しめる、贅沢なお弁当だと思います。

以上、串焼てっ平の焼鳥弁当、ちょい干してっ平の焼魚弁当のご紹介でした。

 

まとめ

串焼てっ平のテイクアウトでは、お昼から贅沢な焼鳥弁当を楽しめました。

想像してください。ペコペコのお腹に、絶品の焼鳥&ご飯を頬張る瞬間を。

それはもう、この上なく幸せです('ω')w

また、神楽坂で焼鳥ランチを味わえるお店として、串焼てっ平は貴重です。

神楽坂に焼鳥屋はたくさんあるけど、お昼から焼鳥を食べられるお店はあまり無いのです

 

また記事の後半でご紹介した、系列店「ちょい干してっ平」の焼魚弁当も合わせて、定期的にリピートしたいと思います。

お弁当はテイクアウト限定ですが、お店近くの白銀公園、矢来公園などで食べるのも気持ち良いと思います。

 

串焼てっ平の焼鳥弁当、ちょい干してっ平の焼魚弁当、どちらも必食の美味しさです。

ボリュームも満点なので、午後の仕事に向けてスタミナチャージできること間違いなし。

お近くの方はぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。