まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂【Vegetable base】料理人が作る贅沢サラダをテイクアウト!その全容をご紹介

神楽坂Vegetable base TOKYO 

神楽坂にオープンした「Vegetable base」に行ってきました!

Vegetable baseは、サラダを中心に、たっぷりの野菜を食べられるお店です。

オープンは2021年11月24日。運営会社はフードソリューションズインターナショナル。

 

Vegetable baseのポイントは、プロの料理人が調理していること。

私はサラダやサンドイッチ、スープを食べましたが、その全てがハイレベルでした!

サラダには生野菜の他、グリルやキャロットラペなども入っていて、もはやオードブルのように豪華です。

 

この記事では、私が食べたサラダやサンドイッチ、カロリーやグラム数、コスパ検証、他店との違いなどを詳しくご紹介していきます。

Vegetable baseへの行き方

神楽坂のメインストリートを上り、皮製品店の前で左折したところ(地蔵坂)に、Vegetable baseはあります。並びには肉寿司、アルベリーニ。

神楽坂Vegetable base TOKYO 外観

外観

お店に入ると、目の前にレジ&調理カウンター、右手にサンドイッチコーナーがあります。

神楽坂Vegetable base TOKYO

いざ入店

メニュー

サラダは全部で10種類。価格は税込880~1380円。ワンサイズのみ。

店頭のメニューよりも、UberEatsのメニューのほうが詳しいです。Uberには、各商品のカロリーや具材が書かれています。

神楽坂Vegetable base TOKYO サラダメニュー

サラダメニュー

サラダ以外にも、サンドイッチやカレーもあります。

神楽坂 Vegetablebase サンドイッチ、カレーメニュー

レジ袋は10円です。割箸と手拭きは無料。

サラダ編

ここからは、私が食べたサラダ、サンドイッチ、スープをご紹介します。

えびとアボカド

税込1380円。453kcal。

えびが5尾、アボカドは1/2個ほど入っています。

卵やひよこ豆、枝豆も入っているので、たんぱく質は十分です。

神楽坂 vegetablebasetokyo えびとアボカドのサラダ

えびとアボカドのサラダ

神楽坂 vegetablebasetokyo えびとアボカドのサラダ

ツヤツヤのえび

野菜は20種類以上も入っているそうです。

レタス、紅芯大根、かぼちゃ、キャロットラペ、きのこ炒め、ごぼう、パプリカ、ブロッコリー、トマト、フライドオニオンなど。

アーモンドやクコの実、キヌアも入っています。

神楽坂Vegetable base TOKYO 海老とアボカドのサラダ

一つ一つの具材が、すばらしく美味しいです。

料理人による調理ということで、シェフの本気を感じました。

生野菜のシャキシャキした食感。グリル野菜の香ばしさ。きのこ炒めの深い香り。

いろいろな味を楽しめて、オードブル、前菜盛合せのように感じました。

神楽坂Vegetable base TOKYO えびとアボカドのサラダ

とにかくボリュームがすごいです。計ったら、425gありました(全量450g-容器25g)。

ミニサラダ的にするなら、実質4食分あります。

下の写真は、直径 15cmのお皿に盛ったものです。これが4皿分とれました。

神楽坂 vegetablebasetokyo えびとアボカドのサラダ

これが4皿分
ハーブチキンと十六穀米

税込1080円。432kcal。

十六穀米が入っているので「炭水化物を控えてるけど、少しだけ食べたい」という時にも良さそうですね。

神楽坂 vegetablebasetokyo ハーブチキンと十六穀サラダ

計量したら、415gでした(全量440g-容器25g)。

神楽坂Vegetable base TOKYO ハーブチキンと十六穀サラダ

ハーブチキンは、驚くほどしっとり柔らか。

鶏むね肉のパサつきや臭いは一切なく、プロの調理を感じました。

神楽坂Vegetable base TOKYO ハーブチキンと十六穀サラダ

グリルバジルサーモン

税込1280円。Vegetable baseでは、サラダの一部を雑穀米に変更できます(無料)。

お米はデフォルトで100gとのことで、130gでお願いしました。その分、サラダの全体量が減りますが、具材は全て入るとのことです。

神楽坂Vegetable base グリルバジルサーモンのサラダ

サーモンは手のひらサイズで、おかずとして満足できる大きさです。

ふっくらしていて美味しい!

サーモンは冷えた状態なので、私はレンジで温めて食べました。サーモンを温かくして食べたい方は、持ち帰り&レンジでチンがおすすめです。

神楽坂Vegetable base グリルバジルサーモンのサラダ

タコスミートのメキシカン

税込1180円。鶏ももの挽肉を、クミン、カルダモン、コリアンダーなどで味つけした、スパイシーなサラダです。

お肉に味がしっかり付いているので、ドレッシングをかけなくても野菜を美味しく食べられます。

神楽坂Vegetable base タコスミートのメキシカン

サンドイッチ編

Vegetable baseでは、サンドイッチも必食の美味しさです。

早稲田の人気ベーカリー「馬場FLAT」から仕入れた、ふわふわのパンにも注目。

※2022年にサンドイッチがリニューアルし、食パンタイプからパニーニタイプに変わっています。

ふわとろたまご

税込480円。たまごは、だし醤油の和風テイスト。

私はてっきりマヨネーズ100%の味と思っていたので、これは意外でした。

だし醤油も手作りで、かつお節や昆布が入っているそうです。

神楽坂Vegetable base TOKYO たまごサンド

たまごがたっぷりで、パンから溢れていますw

神楽坂Vegetable base TOKYO たまごサンド

私はたまごサンドが大好きで、いろいろなお店で食べますが、たまごのボリュームは今まで食べた中でもトップクラスでした。

神楽坂Vegetable base TOKYO たまごサンド

オレンジチキン

税込580円。鶏もも肉のフライドチキンが入っています。サックサクでジューシー!

フライドチキンですが、重たくないのが嬉しいです。油切りをしっかりしているか、良い油を使っているのでしょう。

ソースはなんと、オレンジ入りソース。オレンジの酸味が加わり、がっつり系だけども爽やかな一品でした。

神楽坂Vegetable base オレンジチキンのサンド

ポークジンジャーときんぴら

税込580円。もう、笑みがこぼれるほど爆盛りですw

驚いたのは、冷たい状態にも関わらず、豚ロースがしっとり柔らかいこと。

豚肉は優しい味つけで、生姜と醤油がほんのりきいている程度。

きんぴらごぼう(根菜)がたっぷり入っているので、かなり咀嚼が必要ですw

神楽坂Vegetablebase ポークジンジャーときんぴらサンドイッチ

パストラミ風チキン

税込480円。上記サンドイッチの中では、最もヘルシーでしょう。

鶏胸肉がしっかり保水されていて、どこを食べても柔らかいです。

ソースは至ってシンプルで、粒マスタードのみ。これにより、鶏胸肉の旨味を直に感じました。

神楽坂Vegetablebase パストラミ風チキン

【リニューアル後】とりたまごサンド

2022年にサンドイッチがリニューアル!

前述のような食パンタイプから、パニーニのようなパンに変わりました。

サンドイッチは注文後に作ってもらうスタイルなので、売り切れの心配もありません。

Vegetablebasetokyo とりたまごサンド

とりたまごサンド(780円)

とりたまごサンドは780円。

レタスや鶏むね肉、たまごが爆盛りです。紙袋から出す際、具材が溢れ出てしまう事態にw

かなり緩めにサンドされているので、パンと具材が分離しないよう、紙袋に入ったまま食べるのをおすすめします。

神楽坂Vegetable base TOKYO とりたまごサンド

スープ編

Vegetable baseでは、スープも非常にハイレベルです。私はスープだけ買いに行くこともあります。

スープは週替わりで2種類。内容はUberEatsから確認できます。

ミネストローネ

Vegetble baseでは、化学調味料・食品添加物は不使用なのもポイント。

私は普段そういうのは気にしてないのですがw、ミネストローネを食べた時、素材だけでこんなに美味しくなるのか!と大変驚きました。

神楽坂 vegetablebasetokyo ミネストローネなど

いろいろな野菜の旨味が掛け合わさり、とても美味しかったです。

具材たっぷりで、咀嚼回数が多くなりますw

神楽坂Vegetable base TOKYO ミネストローネ

じゃがいもとほうれん草ポタージュ

写真左が、じゃがいもとほうれん草のポタージュです。

濃厚で、もったりしています。クリスマス仕様のアートも嬉しかったです。

神楽坂Vegetable base TOKYO ジャガイモとほうれん草ポタージュ

大根ポタージュ

週替わりの大根ポタージュを頂きました。こちらも濃厚でトロットロ。

隠し味はなんと、柚子胡椒!ほんのりピリ辛です。

大根の甘さ、柚子胡椒の辛みが掛け合わさり、ヤミツキになる美味しさでした。

神楽坂Vegetable base スープ 大根ポタージュ

春キャベツのポタージュ

2022年4月のスープ。

春キャベツだけかと思いきや、ごぼうの素揚げが乗っている点に工夫を感じました。

春キャベツの甘みを味わった後、ごぼうの香ばしさが鼻を突き抜ける瞬間が、たまらなく幸せでした。

神楽坂Vegetablebase 週替わりスープ 春キャベツのポタージュ

かぼちゃと甘酒のポタージュ

2022年5月のスープ。

フタを開けてびっくり。超濃いオレンジ色!w(もはや茶色?)

そして、かぼちゃの濃厚な甘い匂いが漂います。

食べる前から、これは糖度の高いかぼちゃなのだろうと確信。

神楽坂Vegetablebase かぼちゃと甘酒ポタージュ

かぼちゃの甘さがギュッと詰まっていて、驚くほど濃厚です。

甘酒が入っていることにより、麹が浮いています。麹のプツプツした食感も楽しい。

Vegetablebase かぼちゃと甘酒のポタージュ

今まで食べたかぼちゃポタージュでNo.1
枝豆の冷製ポタージュ

2022年7月に登場。枝豆がぽってりと濃密で、ミルクも濃厚。

冷たいですが、枝豆の風味をダイレクトに感じられます。

神楽坂 Vegetablebasetokyo  枝豆の冷製ポタージュ

以上、Vegetable baseで食べた料理のご紹介でした。

 

コスパは?普段使いできる?

普段使いできる!コスパも良いと思います。

先述したように、サラダ1個が、食事の一品(ミニサラダ)にするなら実質4食分あるからです。

たとえば、ハーブチキンのサラダで考えると、1080円÷4皿=1皿270円になります。

これなら、コンビニのカップサラダを買うよりずっとコスパが良いと思います。

 

他店との違い

神楽坂には、私のブログでもたびたび登場しているサラダ専門店WithGreenがあります。

おそらく、WithGreenが競合店になるのかなと思います。

WithGreenのサラダは、お肉+生野菜が基本です。魚のサラダはありません。また国産野菜にフォーカスしているため、日本であまり採れない食材(アボカドなど)もありません。

一方、Vegetable baseは魚介サラダが豊富です。

生野菜の他にも、キャロットラペやきのこ炒めなどが入っているので、お惣菜の要素が強いと思います。

WithGreenリピーターの私としては、「WithGreenに無いものがVegetable baseにはある」という印象を受けました。

食べたいものによって、その時々で使い分けたいと思います。

 

留意事項

平日の18時頃に行った際、サンドイッチは完売していました。

店員さんに聞いたところ、ランチタイムに買う人が多いそうです。夜にサンドイッチを食べる予定があるなら、取り置きをお願いするのが良さそう。

 

まとめ

Vegetable base、ハマりましたw

美味しい野菜を食べたい時の第一候補になりそうです。

サラダというよりは、デリ盛り合わせに近いと思います。

一つ一つの具材が美味しく、料理人がきちんと作っていることが分かりました。

ドレッシングも手作りで、レベル高いです。特に「コブ」が、カレー粉のようにスパイシーで美味でした。

 

店員さんも丁寧な対応で良かったです。このサービスや料理のクオリティが維持されるなら、日常使いしたいなと思いました。

 

ここまで贅沢なサラダは、他店ではなかなか見ないと思います。

野菜好きの方、いろいろなデリを少しずつ楽しみたい方、料理人が作る本気サラダを食べてみたい方は、ぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂5-32-3

営業時間:11時~21時

定休日:月曜

電話番号:03-5946-8998

イートイン:20席