まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂【Vegetable base】料理人が作る贅沢サラダをテイクアウト!その全容をご紹介

神楽坂Vegetable base TOKYO 

神楽坂にオープンした「Vegetable base」に行ってきました!

Vegetable baseは、サラダを中心に、たっぷりの野菜を食べられるお店です。

オープンは2021年11月24日。運営会社はフードソリューションズインターナショナル。

 

Vegetable baseのポイントは、プロの料理人が調理していること。

私はサラダやサンドイッチ、スープを食べましたが、その全てがハイレベルでした。

サラダは生野菜の他、グリルやキャロットラペなども入っていて、もはやオードブルのように豪華です。

 

この記事では、私が食べたサラダやサンドイッチ、カロリーやグラム数、コスパ検証、他店との違いなどを詳しくご紹介していきます。

Vegetable baseへの行き方

神楽坂のメインストリートを上り、皮製品店の前で左折したところ(地蔵坂)に、Vegetable baseはあります。並びには肉寿司、アルベリーニ。

神楽坂Vegetable base TOKYO 外観

外観

お店に入ると、目の前にレジ&調理カウンター、右手にサンドイッチコーナーがあります。

神楽坂Vegetable base TOKYO

いざ入店

メニュー

サラダは全部で10種類。価格は税込880~1380円。ワンサイズのみ。

ここで留意したいのが、店頭のメニューよりもUberEatsのメニューが詳しいです。Uberには、各商品のカロリーや具材が書かれています。

そのため、Uberのアプリを開きながら、メニューを決めるのもアリだと思います。

神楽坂Vegetable base TOKYO サラダメニュー

サラダメニュー

神楽坂Vegetable base TOKYO サンドイッチ、スープメニュー

サンドイッチ、スープなど

サンドイッチについては、上のメニュー記載以外にも、みかんサンド、パストラミサンドなどがありました。

神楽坂Vegetable base TOKYO サンドイッチコーナー

サンドイッチコーナー

レジ袋は10円です。割箸と手拭きは無料。

 

食べたもの

ここからは、私が食べたサラダ、サンドイッチ、スープをご紹介します。

えびとアボカドのサラダ

税込1380円。453kcal。

えびが5尾、アボカドは1/2個ほど入っています。

卵やひよこ豆、枝豆も入っているので、たんぱく質は十分です。

神楽坂 vegetablebasetokyo えびとアボカドのサラダ

えびとアボカドのサラダ

神楽坂 vegetablebasetokyo えびとアボカドのサラダ

ツヤツヤのえび

野菜は20種類以上も入っているそうです。

レタス、紅芯大根、かぼちゃ、キャロットラペ、きのこ炒め、ごぼう、パプリカ、ブロッコリー、トマト、フライドオニオンなどなど。

アーモンドやクコの実、キヌアも入っています。

神楽坂Vegetable base TOKYO 海老とアボカドのサラダ

一つ一つの具材が、すばらしく美味しかったです。

料理人による調理ということで、シェフの本気を感じました。

生野菜のシャキシャキした食感。グリル野菜の香ばしさ。きのこ炒めの深い香り。

いろいろな味を楽しめて、オードブル、前菜盛合せのように感じました。

神楽坂Vegetable base TOKYO えびとアボカドのサラダ

とにかくボリュームがすごいです。計ったら、425gありました(全量450g-容器25g)。

ミニサラダ的にするなら、実質4食分あります。

下の写真は、直径 15cmのお皿に盛ったものです。これが4皿分とれました。

神楽坂 vegetablebasetokyo えびとアボカドのサラダ

これが4皿分
ハーブチキンと十六穀サラダ

税込1080円。432kcal。

十六穀米が入っているので「炭水化物を控えてるけど、少しだけ食べたい」という時にも良さそうですね。

神楽坂 vegetablebasetokyo ハーブチキンと十六穀サラダ

計量したら、415gでした(全量440g-容器25g)。

神楽坂Vegetable base TOKYO ハーブチキンと十六穀サラダ

ハーブチキンは、驚くほどしっとり柔らか。

鶏むね肉のパサつきや臭いは一切なく、プロの調理を感じました。

神楽坂Vegetable base TOKYO ハーブチキンと十六穀サラダ

たまごサンド

税込480円。たまごは、だし醤油の和風テイスト。

私はてっきりマヨネーズ100%の味と思っていたので、これは意外でした。

だし醤油も手作りで、かつお節や昆布が入っているそうです。

神楽坂Vegetable base TOKYO たまごサンド

食パンは、早稲田の人気ベーカリー「馬場FLAT」を使用。

たまごがたっぷりで、パンから溢れていますw

神楽坂Vegetable base TOKYO たまごサンド

私はたまごサンドが大好きで、いろいろなお店で食べますが、たまごのボリュームは今まで食べた中でもトップクラスでした('ω')

神楽坂Vegetable base TOKYO たまごサンド

ミネストローネなど

Vegetble baseでは、化学調味料・食品添加物は不使用なのもポイントです。

私は普段そういうのは気にしてないのですがw、ミネストローネを食べた時、素材だけでこんなに美味しくなるのか!と大変驚きました。

神楽坂 vegetablebasetokyo ミネストローネなど

いろいろな野菜の旨味が掛け合わさり、とても美味しかったです。

具材たっぷりで、咀嚼回数が多くなりますw

神楽坂Vegetable base TOKYO ミネストローネ

写真の左は、じゃがいもとほうれん草のポタージュ(日替わり)です。

濃厚で、もったりしています。クリスマス仕様のアートも嬉しかったです。

神楽坂Vegetable base TOKYO ジャガイモとほうれん草ポタージュ

以上、Vegetable baseで食べた料理のご紹介でした。

 

コスパは?普段使いできる?

普段使いできる!コスパも良いと思います。

先述したように、サラダ1つ分は、食事の一品(ミニサラダ)にするなら実質4食分あるからです。

たとえば、ハーブチキンのサラダで考えると、1080円÷4皿=1皿270円になります。

これなら、コンビニのカップサラダを買うより、ずっとコスパが良いと思います。

 

他店との違い

神楽坂には、私のブログでもたびたび登場しているサラダ専門店WithGreenがあります。

おそらく、WithGreenが競合店になるのかなと思います。

WithGreenのサラダは、お肉+生野菜が基本です。魚のサラダはありません。また国産野菜にフォーカスしているため、日本であまり採れない食材(アボカドなど)もありません。

一方、Vegetable baseは魚介サラダが豊富です。

生野菜の他にも、キャロットラペやきのこ炒めなどが入っているので、お惣菜の要素が強いと思います。

WithGreenリピーターの私としては、「WithGreenに無いものがVegetable baseにはある」という印象を受けました。

食べたいものによって、その時々で使い分けたいと思います。

 

まとめ

Vegetable base、ハマりましたw

美味しい野菜を食べたい時の第一候補になりそうです。

サラダというよりは、デリ盛り合わせに近いと思います。

一つ一つの具材が美味しく、料理人がきちんと作っていることが分かりました。

ドレッシングも手作りで、レベル高いです。特に「コブ」が、カレー粉のようにスパイシーで美味でした。

 

店員さんも丁寧な対応で良かったです。このサービスや料理のクオリティが維持されるなら、日常使いしたいなと思いました。

 

ここまで贅沢なサラダは、他店ではなかなか見ないと思います。

野菜好きの方、いろいろなデリを少しずつ楽しみたい方、料理人が作る本気サラダを食べてみたい方は、ぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂5-32-3

営業時間:11時~21時

定休日:月曜

電話番号:03-5946-8998

イートイン:20席

[rakuten:kumanokinoko:10000150:detail]