まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂のオーガニックカフェ【グリーンルーム東京】リピートしたい美味ランチ!

神楽坂GREENROOM Tokyo

日々外食をしていると、「今日のランチはヘルシーにしたい・・・でもきちんと美味しいものがいい!」という日もありますよね。

そこでおすすめなのが、神楽坂のオーガニックカフェGREENROOM Tokyo(グリーンルーム東京)

 

GREENROOM Tokyoでは、鶏むね肉や大豆ミートを使った食事、砂糖不使用のお菓子やスムージーを楽しめます。

「胃腸に負担が少ないこと」をコンセプトに掲げているので、軽めのランチにしたい方にも安心。

お料理は食材の旨味が引きたつ丁寧な味つけで、ヘルシー目的でなくても十分満足できる美味しさです。

 

この記事では、GREENROOM Tokyoへの行き方、店内の様子、メニュー、食べたもの、混雑具合等を詳しくご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ

・外食でも、体に良いもの(オーガニック、低カロリー)を食べたい

・ヘルシー系でも、きちんと美味しいものが食べたい

・神楽坂~江戸川橋で、広くて居心地の良いカフェを探している

 

GREENROOM Tokyoへの行き方、基本情報

GREENROOM Tokyoは、ボードゲームカフェ(テンビリオンポイント)内で営業しています。

お店は天神町(神楽坂と江戸川橋の中間)にあり、神楽坂駅・矢来口から徒歩4分、江戸川橋(1b出口)からは徒歩6分です。

江戸川橋通り沿い、ピアッティカステリーナの2階にあります。

入口が細いので見過ごさないように気を付けましょう。

神楽坂グリーンルーム東京 外観

外観

階段で2階に上がれば、GREENROOM Tokyoに到着です。

神楽坂グリーンルーム東京 行き方 入り口

階段を上ります

神楽坂グリーンルーム東京 行き方 入り口

隠れ家感ある入り口

●GREENROOM Tokyo基本情報

住所 東京都新宿区天神町68-3橋本ビル2階
営業時間 インスタグラムで要確認
定休日 月曜
電話番号 050-3700-4090

 

店内の様子

入店時の第一印象は、広い!

席数は30席ほどで、4名がけテーブルが5卓ほど、2名がけテーブルもあります。

神楽坂~江戸川橋エリアで、ここまで広いカフェは貴重です。

神楽坂グリーンルーム東京 店内

大きな窓からは木漏れ日が差し、穏やかな空間です。

木目調のインテリアと心地よいジャズ音楽が、心をリラックスさせてくれます。

神楽坂グリーンルーム東京 店内

店内にはボードゲームがずらりと並び、ゲームをやらない方にとっては目新しい空間でしょう。

広々と清潔な空間なので、普段ゲームをやらない方でも「居心地の良いカフェ」として利用できます。

神楽坂グリーンルーム東京 店内

メニュー

2022年8月現在、食事の固定メニューはガパオライスのみ。

ガパオは鶏むね肉or大豆ミートから選べます(各税込750円、800円)。

日によっては、当日限定メニューが登場することもあります(サラダボウル、蒟蒻麺のジェノベーゼ、とうもろこしご飯など)。

神楽坂グリーンルーム東京 ガパオメニュー

スイーツは、マフィンやホットビスケットなどの焼菓子を頂けます。

特にマフィンが名物で、なんと砂糖不使用、米粉を使用。

この日のマフィンはチョコレート、りんごとプルーンのレモン煮、ブルーベリー&甘酒、ブルーベリー&クリームチーズなどがありました(税込350円~380円)。

神楽坂グリーンルーム東京 マフィン メニュー

スムージーも名物です。こちらも砂糖、はちみつ不使用。

全部で8種類あり、人参×りんご、ケール×セロリ×グレープ、アボカド×バナナなど。

サイズはMまたはLから選びます。Mサイズは税込700~800円。

神楽坂グリーンルーム東京 スムージー メニュー

 

食べたもの

ここからは、私が食べたものをご紹介します。

鶏むね肉のガパオライス

税込750円。ご飯はグラム指定できるとのことで、150gで注文。

パクチーなしでお願いしたところ、代わりにバジルを乗せてくださいました。

注文して10分後、運ばれてきました!

神楽坂グリーンルーム東京 ガパオライス

一般的なガパオは、鶏ももや豚挽肉を使うことが多いですが、GREENROOM Tokyoでは脂肪の少ない鶏むね肉を使用。

パサつきがちな鶏むね肉でも、こちらはフワフワでしっとりした食感です。

脂肪分の多い挽肉を使わなくても、満足感のあるガパオライスとなっています。

神楽坂グリーンルーム東京 ガパオライス

タイ料理店のガパオは、醤油やナンプラーが全面的に出ていることが多いと思いますが、こちらのガパオは味つけ、油ともに控えめ。

鶏むね肉はふわふわで、野菜は甘くてジューシー。

食材の旨味が全面に出ているので、油や味つけ控えめでも満足感があります。

神楽坂グリーンルーム東京 ガパオライス

食後はお腹いっぱいだけども体が重たくなく、軽々と歩けるのが気持ちよかったです。

また別日に訪問した際は、ガパオに辛味噌をトッピングしました(+50円)。

ガパオ全体が優しい味なので、辛味噌(コチュジャンのような味)が味変アイテムとして活躍します。

神楽坂GREENROOM Tokyo 鶏むね肉のガパオ

鶏胸肉のガパオ+辛味噌トッピング

ガパオには、前回は入っていなかった黄色パプリカがお目見え。

固定メニューですが、季節の野菜を味わえるのが嬉しいですね。

ガパオのお味は相変わらず絶品で、初めて食べた時の幸せな気持ちが再び沸いてきました。

神楽坂GREENROOM Tokyo 鶏胸肉のガパオライス

大豆ミートのガパオライス

UberEatsで、ビーガン対応メニュー「大豆ミートのガパオライス」を注文しました。

GREENROOMのある天神町は、飯田橋方面からは若干遠いので「食べたいけど行くのが大変」という方にも、UberEatsはおすすめです。

店内価格は800円、Uberでは1680円ですが、Uberで定期配信される1200円引クーポンを使ったのでお得に頂けました。

神楽坂GREENROOM Tokyo 大豆ミートのガパオ

大豆ミートとは、水分や油分を絞った大豆(豆腐)を乾燥させることで、まるでお肉のような食感を味わえる加工食品です。

近年、お肉を食べないベジタリアンやビーガンの方にも注目され、市販品として出回るほどメジャーになっています。

GREENROOMの「大豆ミートのガパオ」は、UberEatsでの説明によると、大豆ミートと玉ねぎをごま油で炒め、タイのハーブ、にんにく、醤油、豆板醤、甜面醤を使用とのこと。

神楽坂GREENROOM Tokyo 大豆ミートのガパオ

GREENROOMの大豆ミートは、いわば豆腐のような滑らかな食感で、胃にスルスルと入っていきます。

豆腐自体が淡泊な味なので、先述の鶏むね肉のガパオよりも、ピリ辛の味つけがきいているように感じました。

それでも「味が濃い」というわけではなく、同店のコンセプトである「胃腸に優しいこと」をひしひしと感じます。

神楽坂GREENROOM Tokyo 大豆ミートのガパオ

さらに注目して頂きたいのが、トップの代替卵

卵のように見えますが、ビーガン対応なので卵ではありません。

店主様に聞いたところ、白身は米粉と豆乳を練ったもの、黄身は人参でできているとのこと。

白身はモチモチとした食感で、おやきを食べているような満足感があります。

黄身からは人参の優しい甘みを感じられました。

神楽坂GREENROOM Tokyo 大豆ミートのガパオ

大豆ミートのガパオは、お肉を使っていないため低カロリーで、軽々と食べられました。

このガパオなら、夕食に食べても太らない安心感があります。

私はビーガンではありませんが、動物性食品を一切使わない料理を食べてみたかったのと、GREENROOMならビーガン料理でも絶対美味しいという確信もあり、今回大豆ミートのガパオを注文した次第です。

 

アボカドのスムージー

GREENROOM Tokyoでは、砂糖・はちみつ不使用のスムージーも名物です。

今回はアボカドケールクリームのスムージーを注文しました(Mサイズ750円)。

成分はアボカド、ケール、バナナ、りんご。

砂糖・はちみつ不使用でも、フルーツや野菜の自然な甘みがあり、お腹も心も満たしてくれるスムージーです。

神楽坂グリーンルーム東京 スムージー アボカドケールクリーム

別名「森のバター」とも言われるアボカドやバナナの効果で、クリーミーで濃厚な味わいが際立ちます。

さらに、トップに乗っているナッツによって、コリコリとした食感とのコントラストを楽しめます。

神楽坂グリーンルーム東京 スムージー アボカドケールクリーム

一滴残さず飲みたい美味しさ

 

アップルシナモンのマフィン

GREENROOM Tokyoのマフィンは、砂糖を一切使わず、米粉で作っているのが特徴です。

米粉とは、お米を細かく砕いてパウダー状にしたもので、お菓子に使うともっちりとした食感を楽しめます。

今回はイートインで、アップルシナモンのマフィンを注文しました(450円)。

マフィンにはホイップクリームやブルーベリー、すももが添えられ、目にも嬉しい華やかなプレートです。

神楽坂GREENROOMTokyo アップルシナモンのマフィン

マフィンはホカホカに温められた状態なのが嬉しいです。

フォークを入れるとホロッと割れるほど柔らかく、繊細な生地。

そしてこのモッチリした食感は、米粉ならではでしょう。

表面にはクランブル(砕いたクッキーのようなもの)が乗っていて、ザクザクとした食感が楽しい。

神楽坂GREENROOM Tokyo アップルシナモンのマフィン アップ

りんごは甘く煮詰められ、ゴロゴロと贅沢に入っています。

きっとりんごの煮詰め方に秘密があるのでしょう。何であれ、店主様の腕を感じます。

砂糖を使っていないのに自然な甘さがあり、スイーツ食べたい欲がしっかりと満たされます。

神楽坂GREENROOMTokyo アップルシナモンのマフィン

さすがオーガニックカフェで、ホイップクリームも軽いタイプです。

放っておくと、自然に溶けていくほどあっさりしています。

おそらくホイップクリームにも砂糖は入っていないか、本当に微量だと思います。

油がきつい年頃の私でも、一滴残さずクリームを完食できました。

神楽坂GREENROOMTokyo アップルシナモンのマフィンとコーヒー

セットで頼んだコーヒーも、きちんとした美味しさです。400円は安いと思えるほど、量たっぷりなのが嬉しい。

さらにKEYUCAのマグカップで提供され、他店ではなかなか見ない提供スタイルにも心躍ります。

 

ブルーベリーと甘酒のマフィン

テイクアウトでブルーベリーと甘酒のマフィンを購入しました(税込350円)。

こちらも砂糖不使用、米粉でできています。

神楽坂グリーンルーム東京 ブルーベリーと甘酒のマフィン

GREENROOMのマフィンはもっちり感だけでなく、フワフワした食感もあるので、普段米粉スイーツを食べない方でも満足できるでしょう。

神楽坂グリーンルーム東京 ブルーベリーと甘酒のマフィン

砂糖不使用ですが、たっぷりのブルーベリーと甘酒の効果で、優しい甘さを感じました。

神楽坂グリーンルーム東京 ブルーベリーと甘酒のマフィン

抹茶マフィン

500円。驚くほど抹茶が濃厚で、甘さ控えめ。

抹茶の他にもケール、大麦若葉パウダーも入っていて、体に良さそうなマフィンです。

上に掛かっているのはモラセスというもので、ぶどう100%の糖蜜(砂糖不使用)とのこと。

神楽坂グリーンルームトウキョウ 抹茶マフィン

GREENROOM Tokyoに行くと、今まで食べたことのない食材を味わえるので、毎回新たな発見があります。

以上、GREENROOM Tokyoのご紹介でした。

 

混雑具合

晴れの平日11時50分頃に行き、先客ゼロ。

退店12時20分までに後客1名(私と同じく、カフェのみ利用の女性)。

 

まとめ

GREENROOM Tokyoでは、オーガニックの美味しい料理を楽しめます。

油や味つけ控えめ、砂糖を使わなくても、料理はここまで旨味が出るのかと驚きました。

 

日々外食していると、どうしても「今日はヘルシーにしたい」という日があると思います。

そんな時にはGREENROOM Tokyoはぴったりですし、ダイエット中の方でもここなら安心して食事できるでしょう。

 

何より料理が美味しく、空間も素敵なので、私は日常使いしたいです。

店主さんのお人柄も素敵で、また行きたいなと思いました。

 

またGREENROOM Tokyoは、かつて世田谷区上野毛で営業していた人気のデリカテッセンです。

GREENROOM Tokyoの店主様に話を伺ったところ、母体のボードゲームカフェ「テンビリオン」には、もともとは軽食しかなかったそうです。

きちんとした食事を提供したいと考えたボードゲームカフェの店主から、当時世田谷で営業していたGREENROOM Tokyoに声がかかったそう。

 

素敵なカフェが神楽坂にオープンしてくれて嬉しく思います。

気になる方は行かれてみてください。最後までお読み頂き、ありがとうございました。