まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂にひっそりオープンした【TAPiR】で独創的なスパイスカレーを実食

神楽坂TAPiR

2020年12月、神楽坂にオープンしたカレー店「TAPiR(タピ)」に行ってきました。

TAPiRでは、店主さんの世界観あふれる独創的なスパイスカレーを楽しめます。

 

TAPiRはこれまでに、経堂、新大久保、浅草橋などさまざまな場所で移転しながら営業されていました。

その後2020年12月、新たな移転先として神楽坂にオープン。

 

TAPiRはカレー通やスパイスマニアの間では有名で、根強い人気を誇るお店だそうです。

まだ神楽坂にオープンしたばかりですが、私が行った時もお客さんが後を絶たず、移転前からのファンでわざわざ神楽坂に来たという方もいらっしゃいました。

 

TAPiRのカレーはとにかく独創的で、スパイスを使った創作料理と言えます。

盛りつけもアートのように美しく、他のお店にはないオリジナリティを楽しめました。

 

この記事では、TAPiRで頂いたカレーのレビューなどをお伝えしていきます。

 

 

TAPiRはこんな方におすすめ

・神楽坂で、オリジナリティあふれるスパイスカレーを楽しみたい

・カレーの枠にとらわれない、個性あふれるスパイス料理を食べてみたい

 

TAPiRへの行き方

TAPiRは「カグラザカ5」というビルの2階にあります。お店の看板は出ていません。

ビルの1階に入っている「すし好」を目指して行くと良いです。

すし好に向かって右側に階段があります。

神楽坂TAPiR

階段を上り、まっすぐ進むとTAPiRがあります。

神楽坂TAPiR

店内には、カーテンで仕切られたテーブルが3ブースと、カウンターが約3席ありました。

テーブルは相席にはしないそうで、1人で1ブースを利用できます。

そのためテーブルは3組(3ブース分)で満席になるので、TAPiRに行く時は空いてそうな時間を狙ったほうが良いでしょう。

 

メニュー

私が行った2020年12月のメニューをご紹介します。価格は税込表記です。

季節ごとに変わるカレーもあり、たらカレーは時期限定だそうです。

チキンカレー 800円
たらカレー 1000円
サグチキン 1300円
野菜っぽいプレート 700円
肉っぽいプレート 750円

「野菜っぽいプレート」には、ブロッコリー、にんじん、茄子などの野菜や、ガーリックトーストなどが付きます。

カレーの辛さは3段階あり、マイルド、中辛、辛口から選べます。

 

サグチキンを実食(税込1300円)

私が頂いたのは、サグチキンカレー。辛さレベルは、3段階のうち最も辛い「辛口」を選びました。

サグチキンのサグとは、ほうれん草です。

ほうれん草カレーといえば、緑色のカレールーに、角切りのチキンが入っているものが一般的かと思います。

しかし、TAPiRのサグチキンカレーは一味違います。運ばれてきたのはこちら。

神楽坂TAPiR サグチキンカレー

骨付きの鶏もも肉に、ほうれん草のペーストが乗っているスタイルです。とても豪華ですよね。

さらにその周りを、ほうれん草カレーが覆っています。

カレーはサラサラしています。スパイス初心者の私には分析できない程の、さまざまな香辛料やスパイスが入っていました。

ただ一つ言えるのは、美味しいということ。

ホール状のスパイスはコリコリした食感があり、食べ進めるほど楽しくなりました。

神楽坂TAPiR サグチキンカレー

サグチキンの奥には、柑橘入りのチーズが添えられています。

このチーズも美味しくて、カッテージチーズのようなサッパリした味と、ふわふわの食感がありました。

チーズをそのまま食べれば甘酸っぱく、カレーに混ぜれば風味の変化を楽しめます。

神楽坂TAPiR サグチキンカレー

骨付きチキンはしっとり柔らかく、フォークとナイフで簡単に切れます。

肉の旨味が閉じこめられ、TAPiRはカレー以外の調理も丁寧なのだなと思いました。

神楽坂TAPiR サグチキンカレー

ナイフで切った断面

主食には、ライスとパンの両方が付きます。

私は初訪問でライスの量が想像できず、少なめで申告したところ、ライスはもともと少なめと店主さんが教えてくださり、そのままの量でお願いしました。

神楽坂TAPiR サグチキンカレー

ライスは細長いインディカ米。一粒一粒が立っていて、とても美味しいです。

パンは焼菓子のようなホクホクした食感と香りがあります。

オリジナリティあふれるパンで、一般的なパンとは同義にできませんが、ただただ美味しいです。

また、食後のサービスとしてチャイティーが付きました。

神楽坂TAPiR チャイティー

チャイティーは、まずは粉末のみで提供されます。私がカレーを食べ終わると、店主さんがお湯を注いでくださいました。

おそらく無糖で、甘さが殆どないのが嬉しいです。口の中を、カレーの余韻を残しつつサッパリできました。

以上、TAPiRで頂いたサグチキンカレーのご紹介でした。

 

混雑具合

平日13:00に入店し、先客1組。退店13:20までに後客2組で、テーブルは満席。

店主さんがお一人で切り盛りしているので、昼休みの時間が限られている方は、提供時間も考慮したほうがよいと思います。

私が行った時は、カレーは注文して15分後の提供でした。

 

まとめ

TAPiRは「カレー」の一言では言い表せない、店主さんの世界観あふれるスパイス料理を頂けるお店です。

 

私はスパイスカレー初心者ですので、今までに見たことのない形のスパイスやビジュアルに最初は驚きました。

しかし一口食べると、すっかり魅了されました。とびきりに美味しかったです。

 

カレーの重たさもなく、午後の時間も気持ちよく過ごせました。

今後もリピートしつつ、他のスパイス料理にも挑戦してみたいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

神楽坂で、唯一無二の個性派カレーを食べたい方は行かれてみてください。

TAPiRの基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂5-26 カグラザカ5ビル 2階

営業時間:都度、お店のブログを確認。

※TAPiRでは料理以外の写真撮影は禁止ですのでご注意ください。