まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂のカレーパンとチャイ専門店【Spicier】に行ってきた!何度でも食べたいスペシャリテ

神楽坂 Spicier

2022年12月、神楽坂の芸者新道に「Spicier(スパイシア)」がオープン!早速行ってきました。

 

Spicierは本格カレーパンとチャイの専門店。

60ヶ国においてスパイスを味わい、心身ともに健康になることを実感した店主が、会社員生活をやめて起業を決意。

スパイスをもっと日常に浸透させるべく、カレーパンとチャイの事業に挑戦しました。

 

インド人会の会長と共に研究を重ね、こだわりのスパイスがつまった旨味あふれるカレーパンは、Spicierでしか味わえないスペシャリテ。

もちもちのパン生地と、スパイシーだけれども無添加で体に優しいお味は、何度でも食べたい美味しさです。

 

この記事では、Spicierへの行き方、メニュー、店内の様子、食べたもの等を詳しくご紹介していきます。

Spicierはこんな方におすすめ

・神楽坂の新グルメと言える、もちもちの絶品カレーパンを楽しみたい

・60ヶ国でスパイスを体験した店主による、こだわりがつまった唯一無二のカレーパンを食べてみたい

 

Spicierができるまで

Spicierができるまでは、店主のさまざまな人生経験によって語られます。

店主は学生時代の留学プログラムを機に、60ヶ国もの地域でスパイスを経験。

たとえばドイツでは、病院の処方薬がターメリックだったり、スウェーデンではパンにカルダモンやクローブが入っていたり。行く先々で、スパイスの価値を感じたそうです。

スパイスによって心も体も健康になることを体感した店主が、その価値を提供するため、いよいよ事業に挑戦します。

スパイスを手軽に提供できる商品として検討したのが「カレーパン」。

法人営業時代の経験をいかし、西葛西のインド人会会長・チャンドラニ氏に訪問を続け、カレー作りの監修を務めてもらうことに成功。

チャンドラニ氏とともに研究を重ね、本格カレーパンとチャイの専門店として、2022年2月に学芸大学にオープン。

12月に神楽坂に移転後も、前店時代のファンが来店するなど、根強い人気店となっています。

【参考:CAMPFIRE

 

Spicierへの行き方、営業時間

Spicierの最寄駅は、東京メトロ各線・飯田橋駅。B3出口から徒歩4分程で到着します。

飯田橋駅のB3出口を出たら、まずは右に進みましょう。すると、ファミリーマート神楽坂三丁目店が見えますので、その前で右折(神楽坂仲通りに入る)。

神楽坂仲通りを進み、左手に見える石畳の階段を上がります(芸者新道に入る)。

芸者新道を進んでいくと、左手に黒いビル(巽ハイム)が見えます。この黒いビルの1階に、Spicierがあります。

なお、同じビルにはかき氷のリコッタ、花屋バーのflowershipも入っています。

神楽坂Spicier 巽ハイム 外観

Spicierの入る「巽ハイム」外観

Spicier基本情報
住所 東京都新宿区神楽坂3-2-33
営業時間 11:00~18:30
定休日 月曜、火曜
取り置き 基本不可

 

店内の様子

お店に入ると、パン屋さんとは思えないほどスタイリッシュな空間が広がります。

まるでブティックのようなオシャレな雰囲気は、テイクアウトだけでも楽しめます。

神楽坂 Spicier 店内の様子

席数はカウンター3席のみ。

特に土日は混雑が予想されるため、テイクアウトも検討しましょう。

外で食べる場合は、お店から徒歩2分の寺内公園か、飯田橋ラムラのフリースペースなどが利用しやすいと思います。

神楽坂 Spicier 店内の様子

 

メニュー

カレーパンは4種類で、キーマ・チキンバターマサラ・ほうれん草カッテージチーズ・チャイ。

お値段は1個290~490円と、パンなので日常使いできる価格です。

カレーパン全種が入ったボックス(1,640円)は、手土産にも喜ばれそう。

神楽坂カレーパン Spicier メニュー

店頭のディスプレイは、実物大を半分にした大きさとなっています。

実際に見るとボリューム感が分かりやすいので、お腹具合に合わせて個数を検討できますよ。

神楽坂Spicier カレーパンのメニュー

Spicierではドリンクも豊富で、特にチャイが主力となっています。

チャイだけでも5種類あり、カルダモンやフェンネル、シナモンを使ったもの(520~880円)。

メニューには体への効能が書かれているため、気分や体調に合わせてじっくり検討できます。

神楽坂Spicier チャイメニュー

チャイメニュー

神楽坂Spicier ドリンクメニュー

チャイ以外のドリンクメニュー

 

食べたもの

初訪問では、チキンバターマサラ、ほうれん草カッテージチーズ、チャイの3種を購入しました。

カレーパンにはクミン、チリ、ターメリック、コリアンダー、ガラムマサラ等々、さまざまなスパイスを調合。

日々研究を重ねて完成された、その味わいに注目しながら頂きたいところ。

神楽坂Spicier カレーパン テイクアウト

無添加のため、賞味期限は当日中です。

唯一の甘いパン「チャイ」は翌朝までギリギリOKとのことですが、基本的には当日中を推奨されています。

神楽坂 Spicier カレーパンテイクアウト

それでは、Spicierで頂いたものを一つずつご紹介していきます。

チキンバターマサラ

税込490円。まず驚いたのが、カレーの濃密さ。

粘度が高く、塊のようにギュッと詰まっているため、ガツンと味わえる満足感があります。

一口目は甘めかと思いきや、後からターメリックのピリ辛が追いかけてきて、ヤミツキになる味わい。

他のスパイスとも合いまり、最後にはスッと爽快感が広がります。

タンドリー釜でじっくり焼いたチキンはホロホロと柔らかく、カレーと溶け合うように調和していました。

神楽坂Spicier チキンバターマサラ 全体

Spicierでは、パンも第二の主役です。

パンは白玉が入っているのか?と思うほどモッチモチで、日本人の大多数が好きな食感でしょう。

カレーと「もち感」の組み合せは新感覚ですが、また食べたくなる安心感があります。

パンは薄めの生地だからこそ、カレーの重厚感がより引き立っていました。

神楽坂Spicier チキンバターマサラ 断面

ほうれん草カッテージチーズ

税込440円。ほうれん草のコクと深みがすごい!

一体どれだけの量を使ったのかと思うほど、ほうれん草の濃縮した旨味を楽しめます。

神楽坂 Spicier ほうれん草カッテージチーズ 全体

主役のほうれん草を引き立たせるように、上品なスパイスが垣間見えます。

辛いですが、スパイスが目立ちすぎていないのは、カッテージチーズの酸味により中和しているからでしょう。全体のバランスが素晴らしい。

神楽坂Spicier ほうれん草カッテージチーズ 断面

チャイパン

税込290円。紅茶のパン生地に、チャイクリームを入れた一品です。

完全なる菓子パンかと思いきや、あくまでも主役はスパイスとチャイ。

甘さは控えめで、チャイのスパイス感が濃厚です。まるでチャイをそのまま頂いているかのような贅沢感があります。

神楽坂Spicier チャイパン 全体

チャイパンは冷やして食べても美味でした。

冷蔵庫で冷やして頂くと、従来のもちもち食感に加え、ぷに~っとした食感も楽しめます。

神楽坂 Spicier チャイパン 断面

もちもちキーマ

イートインで利用。Spicierの看板メニュー「もちもちキーマ」を頂きました(税込420円)。

高級感あるストーンプレート、おしゃれな陶器で登場です。

神楽坂Spicier イートイン もちもちキーマとチャイ

もちもちキーマは細かな挽肉がトロトロ~と溶け出し、これぞカレーパンというべき食べ応えがあります。

最初は「そんなに辛くない!」と思いましたが、食べ終えてからジワジワと辛さがやって来ました。

食べかけになるので、断面写真は撮れませんでしたが、目でも分かるほどたくさんのスパイスが点在していました。

パンはもちろん揚げたて。一口目のサクッと良い音が、上質なものを頂いているという贅沢感をもたらしてくれます。

神楽坂Spicier もちもちキーマ

カルダモン&フェンネル

ドリンクはカルダモン&フェンネルのチャイを注文(税込580円)。

カルダモンといえば、スパイスの女王とも言われるほど、強い香りが特徴的なスパイスです。

Spicierのチャイはスパイスが上品で、スープのような優しいまろみを感じました。

別添のフェンネルを加えると、フワッと爽やかな香りが広がります。

神楽坂カレーパン Spicier カルダモン&フェンネルのチャイ

飲み終わる頃には体がポカポカになり、大満足のティータイムとなりました。

以上、Spicierのご紹介でした。

 

イートインがおすすめ

イートイン&テイクアウトの両方を利用しましたが、個人的にはイートインがおすすめです。

もちろんテイクアウト(温め直し)も美味しいですが、揚げたてのサクサク感はイートインならではの醍醐味です。

おしゃれな雰囲気にも癒されますし、ストーンプレートの食器にも非日常気分を味わえました。

 

カレーパンに合わせるなら

Spicierの取り扱いメニューは、カレーパンとチャイのみです。

ランチに食べたいけど、カレーパンだけではなぁ...という方、サラダも食べたい方は、以下のお店も併用すると良いでしょう。

●WithGreen(サラダ専門店)・・・Spicierから徒歩1分

●レ・グルモンディーズ(デリ)・・・Spicierから徒歩6分

サラダ&カレーパン、デリ&カレーパンなど、さまざまな組み合せを楽しみましょう!

 

混雑具合

今のところ、店内満席の経験はありませんが、今後は混雑が予想されるため、テイクアウトも検討すると良いでしょう。

以下、イートイン&テイクアウト利用時の混雑具合をまとめています。

●イートイン利用時

平日13:00に訪問し、イートインの先客1名。

●テイクアウト利用時

休日12:00に訪問し、イートインの先客ゼロ。

素早く梱包してくださり、注文から受取までスムーズでした。

 

まとめ

Spicierでは、店主のさまざまな人生経験や想いが詰まった、絶品のカレーパンを味わえます。

こだわりのスパイスを調合したカレーパンは、辛いだけでなく、鼻から抜けるスパイスの爽快感がヤミツキになります。

もちもちのパン生地など、一つ一つの要素が完成されており、専門店という期待値を超えるクオリティです。

 

神楽坂に「もちもち絶品カレーパン」という新しいグルメが誕生しましたね。

寒い冬にハフハフ食べれば、体がポカポカに温まりますし、夏なら爽快感を味わえるでしょう。

Spicierでしか味わえない、スペシャリテのカレーパンをぜひ体験してみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。