まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂で年越しそば!【山せみ】は家族でのんびり過ごせる蕎麦屋さん

神楽坂山せみ

明日は大晦日。みなさんは年越しそばを召し上がりますか?

神楽坂は蕎麦激戦区ですので、どの店で食べるかお悩みの方も多いと思います。

 

神楽坂の「山せみ」は、美味しいそばを食べながら、家族でまったり過ごしたい方におすすめです。

私は毎年、山せみで年越しそばを食べます。

 

山せみは明るくカジュアルな雰囲気なので、家族や友人とワイワイ楽しむにはぴったりです。

座席も4人用テーブルが多く、席数も90と大箱。

蕎麦や天ぷら、一品料理も素晴らしいので、私は毎年山せみで良い大晦日を過ごしています。

 

この記事では、私が山せみで食べたお蕎麦やおつまみ、去年の大晦日特別メニューなどを詳しくご紹介します。

 

 

山せみはこんな方におすすめ

・家族や友人で楽しめる、カジュアルな蕎麦屋を探している

・コシと風味がしっかりある蕎麦を食べたい

・天ぷらや一品料理もクオリティの高い蕎麦屋を知りたい

 

山せみへの行き方

山せみは、神楽坂通りの路面店ですので、初めてでも分かりやすい立地です。

飯田橋駅と神楽坂駅のちょうど中間にあります。

 

メニュー

下の写真は、2019年の大晦日のランチメニューです。

平日や土日でも、ほぼ同じ蕎麦が食べられます(平日はお得なランチセットあり)。

お蕎麦の種類は、天せいろ、鴨せいろ、鴨南蛮、山かけなど。価格は税抜740円~1500円でした。

神楽坂山せみ 大晦日ランチメニュー(蕎麦)

大晦日ランチメニュー(蕎麦)

神楽坂山せみ 大晦日ランチメニュー(おつまみ)

大晦日ランチメニュー(おつまみ)

 

山せみで食べたもの

私が2018年・2019年の大晦日に、山せみで食べた料理をご紹介します。

天せいろ

山せみの蕎麦はコシと風味が強く、個人的に大好きなタイプです。

神楽坂山せみ 天せいろ

天せいろ(税抜1500円)

蕎麦はお箸でしっかりと持てるくらい、骨太な感じです。

神楽坂山せみ 蕎麦

コシと風味をしっかり感じる蕎麦

また山せみでは、天ぷらも名物です。

天ぷらはサックリと軽めに揚がり、秀逸な美味しさです。

特にイカの天ぷらは、イカがトロットロで最高でした。

神楽坂山せみ 天せいろ 天ぷら

 

かけそば(温)

こちらは、温かいかけそばです。

つゆが上品で美味しいのですが、やはり山せみでは冷たい蕎麦(せいろ)がおすすめです。

冷たい蕎麦のほうが、麺の風味やコシをダイレクトに楽しめる気がします。

神楽坂 山せみ かけそば

 

鴨ロース

山せみは一品料理も美味しいので、ぜひ頼んでみてください。

特に、鴨ロースが絶品でした。鴨はしっとり柔らかく、タレの甘さも絶妙。

神楽坂 山せみ 鴨ロース

以上、大晦日の山せみで頂いた蕎麦のご紹介でした。

 

大晦日以外の蕎麦

山せみでは大晦日だけでなく、時期によってさまざまな特別メニューが登場します。

たとえば、2020年の秋には「秋せみ」が登場。

つけ汁には、きのこ5種類、秋茄子、鶏つくねが入っていました。

温かい汁に、冷たい蕎麦をつけていただくスタイルです。

神楽坂 山せみ 秋せみ

秋茄子がジュワッとジューシー。

きのこ5種類(しいたけ、しめじ、舞茸、えのき、エリンギ)の風味も良く、まさに秋を感じる料理でした。

神楽坂山せみ 秋せみ

この秋せみ、記憶に残るほど美味しかったです。

来年の秋も、秋せみが登場することを願います。

 

まとめ

山せみの蕎麦は、コシと風味をしっかり感じるタイプです。

食べ応えがあるので、私は山せみの蕎麦が大好きです。

天ぷらや一品料理も本当に美味しいので、アラカルトでいろいろ頼むのがおすすめ。

 

店内も明るく開放的なので、肩肘張らずに、家族や友人とワイワイ楽しむにはぴったりです。

年越し蕎麦にはもちろん、普段使いできるカジュアルな蕎麦屋だと思います。

気になる方は、ぜひ行かれてみてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんのお店選びのお役に立てれば幸いです。

山せみの基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂5-31

営業時間

月~土:11:30~14:00、18:00~22:00(LO21:30)

日、祝:11:30~14:00、17:30~22:00(LO21:30)

定休日:無休(2021年は1月1日~5日休み)

電話番号:050-5457-7265