まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂のパティスリープティトモが移転オープン!濃厚チーズケーキをテイクアウト!

神楽坂 パティスリープティトモ

神楽坂の「プティトモ(Petit Tomo)」は、白銀町にたたずむケーキ屋さん。

贅沢な素材をふんだんに使った、目にも美しい絶品ケーキを楽しめます。

 

プティトモは、かつては横寺町にありましたが、2020年12月に白銀町に移転オープン。

移転後も、季節のフルーツをたっぷり使った、贅沢なスイーツが目白押し。

フルーツだけでなく、チーズや生クリームなど食材の一つ一つが上質で、大満足のスイーツタイムを過ごせます。

 

この記事では、プティトモへの行き方、ケーキのラインナップ、食べたもの、混雑具合などを詳しくお伝えしていきます。

プティトモはこんな方におすすめ

・贅沢な素材をふんだんに使った、絶品ケーキを楽しみたい

・目にも美しいビジュアルで、五感で満足できるスイーツを味わいたい

・神楽坂で、イートインできるケーキ屋さんを探している

※情報は2023年1月時点の内容です。最新の情報はインスタグラムをご参照ください。

 

プティトモへの行き方、営業時間

プティトモの最寄駅は、東京メトロ東西線・神楽坂駅。1aまたは1b出口から徒歩2分ほどで到着します。

神楽坂駅を出たら左に進み(飯田橋方面に進む)、ちよだ鮨の前で左折しましょう。

すると、このような小道に入ります。

小道に入ると、左手に青いビル(田南ビル)が見えます。この青いビルの1階に、プティトモが入っています。

神楽坂パティスリープティトモへの行き方

目印として、プティトモの向かいにはチーズ専門店「アルパージュ」、小道の突き当たりに和食店「季彩やひで」があります。

神楽坂 プティトモ外観

プティトモ外観
プティトモ基本情報
住所 東京都新宿区神楽坂6-22 田南ビル神楽坂1F
営業時間 11:00~19:30
定休日 月、火
電話番号 03-5579-2450
支払 現金またはPayPayのみ(2023年1月時点)
レジ袋 4円~ ※以下参照

神楽坂パティスリープティトモ 袋代

 

店内の様子

お店に入ると、右手に焼菓子コーナー、正面にケーキ、奥にイートインスペースが広がります。

カウンターは6席。石窟のような天井が、幻想的な雰囲気を演出しています。

大人向けの落ち着いた空間なので、一人で寛ぎたい時やデートにもぴったりでしょう。

神楽坂プティトモ 店内の様子

ケーキのラインナップ

プティトモでは豊富なラインナップが魅力です。

季節のフルーツを使ったケーキやタルト、ガトーショコラなどの定番モノ、焼菓子が並びます。

ケーキの価格は大体500~600円で、クオリティに対してリーズナブルな印象です。

下の写真は2022年2月のラインナップで、季節の栗チーズケーキや洋梨プリンがありました。

神楽坂 プティトモ ガトーショコラ

ショーケースでは、目にも美しいケーキたちが出迎えてくれます。

下の写真では、苺とバニラのムース、キャラメルと夏みかんのムース、ショコラフランボワーズ、柑橘のタルト、ピスタチオとフランボワーズのムース、洋梨のシブーストが並んでいます。

神楽坂 プティトモ ケーキメニュー

下の写真は、2022年12月のラインナップです。

左から順に、タルトタタン、ミックスベリーとピスタチオのムース、洋梨とチョコのムースケーキ、苺のタルトとなっています。

神楽坂 プティトモ ケーキのメニュー

焼菓子は1~2個ずつの販売です。価格は大体200~300円。

小腹が空いた時や、値段的にも気軽に買えるのが嬉しいですね。

神楽坂 プティトモ 焼菓子

2022年12月の焼菓子(一部)

神楽坂 プティトモ 焼菓子、クッキー

ドリンクメニューはこちらです。

イートインの場合は、ドリンク注文が必須です。ケーキまたはドリンクのみの利用はできません。

コーヒー、カフェラテ、カプチーノ、紅茶、自家製梅シロップのソーダ、ワインなどもあります。

神楽坂 プティトモ イートインのドリンクメニュー

食べたもの

ここからは、私がプティトモで食べたものをご紹介します。

栗のチーズケーキ

2020年12月に購入、税込455円。

箱から出した瞬間、チーズのフレッシュな香り、ビスケットの芳醇な匂いが鼻を直撃。

一口頂いてみると、チーズそのものが新鮮な味で驚きました!

チーズはクセのあるタイプではなく、スッキリした味わいです。きっと上質なチーズを使っているのだろうと推測。

上質そのもののチーズが、みっちり濃密につまっているので、これは贅沢です。

パティスリープティトモ 栗のチーズケーキ

栗のペーストはなめらかな食感で、チーズケーキによく馴染んでいます。

上品な見ためとは裏腹に、全体的にはズッシリとやや硬めの生地。食べ応え満点です。

フォークでしっかりと押し切って頂きましょう。

パティスリープティトモ チーズケーキ

ビスケット生地は、焼きたてのような良い匂いが未だ忘れられません。

使っているバターが良質なのか、かなり芳醇な香りを感じました。

ビスケットは(ザクザクというよりは)しっとりした食感で、この生地だけでも毎日食べたいほど美味。

神楽坂パティスリープティトモ チーズケーキ

チーズケーキのサイズは、直径14cmのお皿より一回り小さく、小腹満たしにはちょうど良いサイズです。

しっかりめのランチの後だと、ややボリューミーだと思います。

神楽坂パティスリープティトモ チーズケーキ

カマンベール&ベイクドチーズケーキ

カマンベールチーズケーキは、程よい塩気と甘みのバランスが特徴です。

私はこのケーキが大好きで、過去にはクリスマスケーキとして頂いたことがあります。

ベイクドチーズケーキも合わせて購入したので、詳しくは2020年12月18日公開の記事をご参照ください。

www.tanuki-gourmet.com

レアチーズケーキ

2022年12月に購入、税込545円。

ただのレアチーズケーキではなく、ブルーベリーとラズベリー、さらに食用のお花も添えられています。

ずっと見ていたい可愛いビジュアルに、プティトモさんのセンスを感じます。

神楽坂 プティトモ レアチーズケーキ

プティトモで毎回思うのは、贅沢な素材がふんだんに使われているということです。

今回もチーズが非常にフレッシュで、まるで搾りたての生乳を頂いているかのような味わいでした。

ビスケット生地は、(おそらくシロップか酒に漬けたような)水分を含んでいるのが特徴的です。

しっとり&ホロホロ食感のビスケットが、なめらかなレアチーズと溶け合う瞬間は、口の中で無くなるのが切ないほど美味。

神楽坂プティトモ レアチーズケーキ

ガトーショコラ

2022年2月に購入、税込465円。

すっきりした甘さの中に、カカオのほんのり渋い風味が広がり、大人の舌にあうガトーショコラです。

神楽坂 プティトモ ガトーショコラ

ガトーショコラ

神楽坂 プティトモ ガトーショコラ

ぽってりした生クリームも美味

先述のチーズケーキと同様に、ガトーショコラもチョコレートが濃密。

素材がギュッと詰まっているのは、プティトモの特長ですね。

生地はズッシリとしたタイプで、食べ応えのあるガトーショコラでした。

神楽坂 プティトモ ガトーショコラ

苺のタルト

税込560円。大晦日の14:00過ぎに行き、ラスト1個でした。

タルトの上には苺!苺!苺!背高く積み重なり、まさにオンパレードです。

苺そのものがフレッシュで、ケーキに合う甘すぎないタイプです。噛むたびにジューシーで、苺だけでも満足してしまいます。

コーティングの甘酸っぱいジャムが、苺をさらに引き立てていました。

神楽坂 パティスリープティトモ 苺タルト

タルトから漂うバターのたまらなく良い香りは、もはやプティトモの代名詞とも言えそうです。

サックリとしたタルトとジューシーな苺を繋ぐように、その間にはカスタードクリームが入っています。

主役の苺だけでなく、カスタードのコクと満足感、タルトの芳醇さも相まって、噛むたびに恍惚となる美味しさでした。

神楽坂 パティスリープティトモ 苺のタルト

干支スイーツ

2023年の干支であるうさぎのフィナンシェを購入しました(税込300円)。

干支フィナンシェは、前年の最終営業日(2022年は12月31日)に販売されます。

チョコペンとクリームで、可愛いうさぎちゃんのお顔が見事に描かれています。

ヒゲの形、ミミ穴の綺麗なカーブ…すごくないですか?

背中にはチョコチップが埋め込まれており、細部まで手のこんだフィナンシェです。

プティトモ神楽坂 干支フィナンシェ うさぎのチョコフィナンシェ

可愛い見ためとは裏腹に、大人の心を満たすリッチなテイスト。

チョコレートを練り込んだフィナンシェは、驚くほどしっとりしています。

ココアではなくチョコレートなので、チョコ菓子としての満足感がすごい。

ヘーゼルナッツやピスタチオも入っているため、チョコだけでない奥深い甘さ、ホロホロした食感を楽しめます。

賞味期限は購入日から2週間。日持ちするので、帰省土産にもおすすめです。

神楽坂プティトモ 干支フィナンシェ うさぎ

干支マカロンは税込400円。愛くるしい表情のうさちゃんですが、お味は超一流でした。

いちご風味のマカロンは、表面はさっくり、中はスフレケーキのようなしっとりした食感になっています。

神楽坂 プティトモ 干支マカロン うさぎ

2つのマカロンでクリームをサンドしているため、なかなかボリューミーなうさちゃんです。

ふんわりと柔らかいクリームには、ラズベリーの果肉まで入っています。

甘酢っぱく、優しい口どけのマカロンは、可愛いうさちゃんの表情にぴったりなお味でした。

モンブラン

税込605円。イートインで、モンブランを頂きました。ドリンク注文が必須なので、コーヒーをオーダー(550円)。

神楽坂プティトモ モンブラン&コーヒーのセット

着席後すぐに登場したモンブランは、高くそびえ立つ圧巻のビジュアル。

まさに、ヨーロッパ最高峰のアルプス「モンブラン」を体現しているかのようです。

神楽坂プティトモ モンブラン 全体

トップはマロングラッセ、土台はメレンゲとなっています。

ねっとりした食感は、これぞモンブランと言うべき食べ応え。

モンブランのこっくりした甘みが口の中に残り、いつまでも感じていたくなります。

神楽坂プティトモ モンブラン(税込605円)

中を割ってみると、ふわふわの生クリームがたっぷり。

モンブランのコク、パリパリのメレンゲとの三重奏を楽しめました。

神楽坂プティトモ モンブラン

洋梨プリン

税込465円。プリンに洋梨の果肉、生クリームを添えた一品です。

こちらのプリンは、洋梨を味わえる国に生まれて良かったと思うほど、心から絶品でした。

神楽坂プティトモ 洋梨プリン

プリンの頂点には、舌の上でトロける滑らかな生クリームがオン。

この生クリームがまた、フレッシュで良い!

プリンや生クリームは甘さ控えめなので、洋梨の濃厚な甘さが際立ちます。

神楽坂プティトモ 洋梨プリン

以上、プティトモのご紹介でした。

 

まとめ

プティトモでは贅沢な素材をふんだんに使った、目にも美しい絶品ケーキを楽しめます。

有名パティスリーがひしめく神楽坂の中でも、プティトモは特にお気に入りのお店です。

 

リニューアルオープン初日もたくさんのお客さんがいらっしゃり、地域の人に根強く愛されているのだなと思いました。

気になる方はぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。