まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂のおしゃれイタリアン【タンテボーネ】で上質を極めたパスタランチ!お上品な空間で大人デートにもおすすめ!

神楽坂タンテボーネ ランチ

神楽坂「タンテボーネ」は、本多横丁にたたずむイタリアン。

季節の食材をふんだんに使った、目にも美しい絶品パスタを楽しめます。

 

ランチはリーズナブルでありながら、ディナーで頂くような本腰の入った料理を味わえるので、満足感は絶大です。

他店ではなかなか見られない、一工夫あるパスタは、グルメな方の舌をも唸らせるでしょう。

 

お店の空間やサービスも素晴らしく、普段使いはもちろん、デートや女子会にもぴったりです。

神楽坂のイタリアンで絶対に外したくない時は、タンテボーネで決まりでしょう。

 

この記事では、タンテボーネへの行き方、メニュー、食べたもの、混雑具合などをご紹介します。

※情報は2023年1月時点の内容です。

タンテボーネはこんな方におすすめ

・神楽坂で、上質を極めた絶品パスタランチを楽しみたい

・季節の食材をふんだんに使った、一捻りあるパスタを味わいたい

・デートや女子会にもぴったりな、上品で清潔感あるイタリアンを探している

 

タンテボーネへの行き方

タンテボーネの最寄駅は、東京メトロ・飯田橋駅。B4b出口より徒歩3分です。

神楽坂通りから行く場合は、本多横丁(肉まんの五〇番の横道)に入って直進すると、右手にタンテボーネがあります。

外観は白い屋根が目印です。路面店なので、初めて行く方でも分かりやすいでしょう。

タンテボーネ外観
 

店内の様子

白で統一された店内は清潔感があり、店員さんの丁寧な対応も相まって優雅な空間です。

席数はカウンターが3席、2名用テーブルが4卓、4名用テーブルが2卓。

窓際の席からは、外の様子が見えるので開放感があります。

タンテボーネ 店内

ランチメニュー

平日ランチは、パスタ(税込1,300円)またはセコンド(1,700円)があります。

パスタランチには、前菜盛合せor気まぐれサラダ+パン+選べるパスタ+ドリンクが付きます。

パスタは日替わり4種類で、どれも魅力的な内容。何があるかは、行ってからのお楽しみです。

シェフ曰く、パスタは麺量90gくらいだそうです。

神楽坂タンテボーネ 平日ランチメニュー

夏~秋になると、フルーツパスタが登場します(桃と生ハムの冷製、柿とゴルゴンゾーラ等)。

タンテボーネのシェフは、神楽坂のフルーツイタリアン「フルッティフィカーレ」(現在閉店)のご出身なので、その美味しさはお墨付き。

神楽坂タンテボーネ 平日ランチメニュー パスタ

夏はフルーツパスタが登場

土日ランチは2種類のコースがあります。

A 2,000円 前菜盛合せ・パン・選べるパスタ・デザート・ドリンク
B 2,500円 上記+肉料理

土日は前菜が5種類になり(平日は4種)、デフォルトでデザートが付きます。

神楽坂タンテボーネ 土日祝ランチコース メニュー

食べたもの

私が今までタンテボーネで食べたランチを、一部ご紹介します。

前菜盛合せ

タンテボーネでは、前菜盛合せもランチの名物。

彩り豊かな前菜が4種(休日は5種)、一口サイズで楽しめます。

この日の前菜は、モルタデッラハム、タラとじゃが芋のカナッペ、ホタルイカとブロッコリーのアーモンド和え、いわしとトマトのマリネ。

とても1,300円のランチセットとは思えないほど、ゴージャスな内容です。

一品一品が本当に美味しく、それぞれをフルサイズで頂きたくなります。

神楽坂タンテボーネ 別日の前菜盛り合わせ

別日の前菜盛合せは、野菜のバーニャカウダ、タラとじゃが芋のカナッペ、ブッラータチーズとトマトのカプレーゼ、海老とブロッコリーのアーモンド炒め。

特にバーニャカウダのソースが秀逸で、また登場することを願うばかりです。

まろみのあるクリームソースに、アンチョビの香ばしさが溶け込み、いくらでも野菜が食べられるほど美味。

神楽坂タンテボーネ ランチ 前菜盛り合せ

休日ランチでは、前菜は5種類にボリュームアップします(平日は4種)。

この日は生ハム、オムレツ、カプレーゼ、カポナータ、カンパチのカルパッチョ。

特にカポナータが秀逸でした(写真右下)。

野菜の旨味を全面的に出しつつ、トマトの優しい甘さをほんのり纏っています。

今度はディナーで単品で頂こうと決意したほど、絶品のカポナータでした。

神楽坂イタリアン タンテボーネ 前菜5種盛り合せ

気まぐれサラダ

ランチセットでは、先述の前菜盛合せor気まぐれサラダを選べます。

気まぐれサラダも、前菜に引けをとらないほど豪華なので、野菜をたくさん食べたい時にはぜひおすすめ。

この日はサニーレタス、トマト、チキン、ツナ、オリーブ、生ハム、さらには削りチーズまで入っていました。

食材の一つ一つが良質ですが、甘酸っぱいバルサミコドレッシングも食欲を刺激する美味しさ。

タンテボーネ サラダ

夏の気まぐれサラダには、焼とうもろこしやトマト、ブロッコリー、生ハムなどがお目見え。

この日はバルサミコドレッシングがやや多い気がしたので、野菜自体を味わいたい方は、別添をお願いすると良いかもしれません。

神楽坂 タンテボーネ ランチ 気まぐれサラダ

タンテボーネのランチにはパンも付きます。

自家製ではなさそうですが、パンを付けてくれる心遣いが嬉しい。

外は硬めでサックリ、中はフカフカな食感です。

タンテボーネ パン

アーリオオーリオ系

ここからは、私がタンテボーネで食べたアーリオオーリオのパスタをご紹介します。

夏に訪問時は、「小海老とホワイトセロリのアーリオオーリオ」を注文。

メニュー名から、海老とセロリだけと思っていましたが、実際のパスタを見てびっくり。

トマトやパプリカ、2種のズッキーニなど、メニューには書かれていない夏野菜がたっぷり入っています。

タンテボーネ 小海老とホワイトセロリのアーリオオーリオ

メニュー名からは想像できないほど、実に彩り豊かなビジュアルです。

なんだかサプライズしてもらったような気分で、思わず笑顔になります。

お味はシンプルなオイルベースだからこそ、質の高さを感じます。

それぞれの食材がもつ旨味、異なる食感が混ざり合い、口の中でずっと感じていたいほど絶品。

タンテボーネ 小エビとホワイトセロリのアーリオオーリオ UP

別日には「シラスと菜の花のアーリオオーリオ・モリーカ添え」を頂きました。

菜の花は、茎の部分がホクホクと柔らかく、しっとりと食べやすい。

茎という、意外なところで感激です。

アブラナ科特有のにおいもなく、良質な食材を使っているのはもちろん、シェフの丁寧な調理を感じられます。

神楽坂タンテボーネ シラスと菜の花のアーリオオーリオ

タンテボーネのパスタは、いつも理想的なアルデンテです。

口当たりはツルツルと柔らかいですが、ほんのりと芯がありコシを感じます。

表面にはモリーカ(ニンニクとアンチョビ風味のパン粉)が添えられ、これが食欲を刺激する名脇役でした。

パン粉のサクサクとした食感が、パスタの抜群のコシとリズミカルに奏で合います。

神楽坂タンテボーネ アンチョビ、キャベツ、シラスのアーリオオーリオ

別日では「海老とほうれん草、くるみのアーリオオーリオ」を頂きました。

海老はプリプリと弾力があり、くるみのコリコリした食感と相性抜群。

クタッとしたほうれん草が、旨味たっぷりのオイルソースを吸い上げます。

神楽坂タンテボーネ ランチ アーリオオーリオ

別日には「サルシッチャときのこのアーリオオーリオ」をチョイス。

たっぷりのサルシッチャ(挽肉状のソーセージ)ときのこが、麺を覆うほどたっぷりオン。

オイルソースの上品な味つけと、サルシッチャの肉肉しさが共存し、まさにボロネーゼとアーリオオーリオの良いとこどり!

悶絶してしまうほど絶品でした。

神楽坂タンテボーネ ランチ サルシッチャと茸のアーリオオーリオ

トマトソース系

タンテボーネではトマトソースも色々あり、トマトクリーム、アラビアータ、アメリケーヌなどが登場します。

この日は「渡り蟹のトマトクリームパスタ」をチョイス。

渡り蟹というだけで期待が高まりますが、実際は想像以上にゴージャスなパスタで驚きました。

パスタには殻付きの蟹がゴロゴロと入っていて、殻の中にも身が詰まっています。

お昼から、蟹の殻をほじって食べるという贅沢を堪能。

タンテボーネ 渡りガニのトマトクリームパスタ

トマトクリームソースには、蟹の旨味がたっぷりと溶け出し、一滴も残したくないほど美味しい。

クリームが入っていますが重たくなく、安心して頂けます。

タンテボーネ 渡りガニのトマトクリームパスタ 麺のリフトアップ

クリームソース系

ここからは、私が食べたクリームソースのパスタをご紹介します。

この日は「海老とレモン、ルッコラのクレマ」を頂きました。

※小盛で注文したので、写真のボリュームは通常(90g)より少なめになります。

カプチーノのような泡立ち(クレマ)が特徴で、一口頂くごとにふんわりとした口当たりをもたらしてくれます。

神楽坂タンテボーネ ランチ 小エビとルッコラ、レモンのクレマ 全体

驚いたのは、クリームソースなのに重たくないこと。もしかしたら、クリームを泡立てることで空気が入り、普通のクリームより軽くなるのかなと思いました。

またレモンのスッキリした酸味がアクセントになり、暑い夏でも絶対的に食べたい美味しさ。

神楽坂タンテボーネ 小エビとルッコラ、レモンのクレマ アップ

秋には「生ハムとマッシュルームのクレマ」を頂きました。

メニュー名から、マッシュルームがパスタの上に乗っているのかなと思っていましたが、タンテボーネでは一工夫あるのが流儀。

細かく刻んだマッシュルームが、クリームソースに溶け込んでいて、これには驚き。

そのため、どの部分を食べてもマッシュルームの芳醇な風味があり、生ハムの塩気とも見事に調和しています。

来年の秋が待ち遠しくなるほどの逸品でした。

神楽坂タンテボーネ 平日ランチ 生ハムとマッシュルームのクレマ

バジルソース、ミートソース

夏には「真ダコと夏野菜のジェノベーゼ」が登場しました。

私の経験では、ジェノベーゼは意外にオイリーなことがありますが、タンテボーネではオイル感が上品で、重たくありません。

バジルの爽やかな風味が鼻腔を駆け抜け、夏の到来が嬉しくなるほど、心地よいスッキリ感を味わえます。

神楽坂タンテボーネ ランチ 真ダコと夏野菜のジェノベーゼ 全体

「真ダコと夏野菜」というシンプルなメニュー名からは想像できないほど、たっぷりの食材で嬉しくなります。

真ダコや枝豆、ズッキーニ、焼とうもろこし、トマトなど、夏の旬を堪能。

真ダコはふわっと柔らかく、細かく刻まれており、パスタとの馴染みも抜群でした。

神楽坂タンテボーネ 平日ランチ 真ダコと夏野菜のジェノベーゼ

ミートソース部門では「牛肉のボロネーゼ・温玉添え」を頂きました。

甘口のミートソースからは、生クリームのコクを感じられます。

ふわふわの削りチーズや温玉とも相まって、優しい口当たり。

ワイルドなボロネーゼというよりは、上品なミートクリームソースという印象です。

神楽坂 タンテボーネ 平日ランチ 牛肉ボロネーゼ

デザート

この日のデザートはパンナコッタ。上にはキャラメルソース、りんご、苺、ブルーベリーが添えられています。

生クリームがギュッと詰まった、ミルクプリンのようなテイストです。

舌の上で溶けるようにトロトロとなめらかで、良いお口直し。

上に掛かったキャラメルソースが結構甘口で、完全にお腹一杯になりました。

神楽坂タンテボーネ パンナコッタ

ミルク感満載のパンナコッタ

神楽坂タンテボーネ パンナコッタ

タンテボーネでは、食後のコーヒーまで立派なクオリティです。

コーヒーはNESCAFEのマシンで作られ、表面には細かい泡があるのが特徴的。

タンテボーネ NESCAFEコーヒー

調べたところ、コーヒーの泡は豆の鮮度が良い証拠だそうです(参考:コーヒーにできる泡は何?)。

食後のドリンクまで手抜かりないのは、さすがタンテボーネ。

タンテボーネ コーヒーUP

以上、タンテボーネのご紹介でした。

 

混雑具合

大人気のお店なので、平日でも12:00には満席になります。

席が空いていても、予約席のため入れないこともあります(但し、予約で満席にはしないそうです)。

休日ランチは当日に電話予約し、カウンターなら可能とのことで、入れて頂きました。

シェフはお一人で、注文を受けてから丁寧に作られるため、パスタの提供には15~20分ほどかかります。

お昼休憩が限られている方は、提供時間も考慮したほうがいいかもしれません。

 

まとめ

タンテボーネの料理は一つ一つが丁寧で、上質そのもの。

お店の空間も気品があり、サービスも大変丁寧です。

同店には何度も行っていますが、毎回おもてなしの心を感じます。

人気店なので入れるかどうかが関門ですが、入ってしまえば極上のランチが約束されます。

 

日替わりパスタは、直感的に「食べてみたい!」と思う魅力的なメニューばかりです。

ビジュアルが想像以上に美しく、具材も豪華。

提供時に思わず「わぁ~!」と声が出てしまうのは、タンテボーネならでは。

1300円のランチとは思えないほど、満足度は最高峰です(個人的には2000円でも納得します)。

 

ちなみにタンテボーネの中田シェフは、牛込神楽坂のカルミネで10年修業した後、スタジオーネ系列で料理長を務めたご経歴の持ち主。(参照:フードスタジアム

神楽坂で数多あるイタリアンの中でも、タンテボーネは特におすすめです。

お近くの方はぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。