まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂にオープンした話題の古民家カフェ【まるフェ】でランチ!

神楽坂 まるフェ

神楽坂「まるフェ」は、2020年にオープンした古民家リノベーションカフェ。

古民家ならではの穏やかな空間で、有機野菜たっぷりのヘルシーな食事や、お酒に合うメニューなど、さまざまな料理を楽しめます。

 

運営会社は、不動産のリノベーションを手掛ける(株)あくと総合計画。

同社が運営する「まるフェ」の場所を、将来独立を目指す料理人に貸しているため、店長(シェフ)やメニューは日替わり。

ランチでは、埼玉県の農園BonzFarmから届く有機・無農薬野菜を使ったヘルシーな食事を味わえるのが魅力です。

 

この記事では、まるフェへの行き方、店内の様子、メニュー、食べたもの、混雑具合などを詳しくご紹介していきます。

まるフェはこんな方におすすめ

・神楽坂で古民家カフェを開拓したい

・古民家ならではの、心落ち着く穏やかな空間を楽しみたい

・有機野菜をたっぷり使用した、ヘルシーで美味しいランチが食べたい

 

まるフェへの行き方

まるフェの最寄駅は、東京メトロ東西線・神楽坂駅。1b出口から徒歩3分です。

路地裏にたたずむ隠れ家なので、地図アプリは必須です。

神楽坂駅1b出口を出たら左に進み、神楽坂商店街を下ります。

右手に見える「おかしのまちおか」の手前で右折し、小道に入りましょう。

まるフェへの行き方

小道に入ったら、ひたすら直進。

赤いレンガの建物(幸せの手づくりハピネス)の前で右折します。

まるフェへの行き方まるフェへの行き方

赤レンガの建物の前で右折すると、黄色い古民家があります。ここが「まるフェ」です。

まるフェ 外観まるフェ 外観

 

店内の様子

店内は古民家のノスタルジーな雰囲気を残しつつ、おしゃれなインテリアです。

運営が建築会社なので、空間づくりへのこだわりも感じます。

席数は4名用テーブルが1卓、2名用テーブルが3卓、カウンターが2席。

まるフェ 入り口から見た店内

入り口から見た店内

窓からは木漏れ日がさしこみ、天気の良い日は気持ち良く過ごせます。

まるフェ カウンター席から見た内観

カウンター席から見た店内

 

メニュー

メニューは日替わりで、まるフェの公式インスタグラム(@act_marfe)から確認できます。

直近の訪問時(2022年9月)では、野菜カレー、鶏むね肉の塩麹、大豆ミートの料理がありました。

価格は800~1500円。料理の単品は800円、サラダ・スープ付は1200円、ドリンクを加えると1500円というシステムです。

お腹具合に合わせて、サラダなどのオプションを選べるのが嬉しいですね。

神楽坂まるフェ ランチメニュー

ドリンクメニューは固定です。

甘酒と果物のスムージー、焙煎コーヒー、発酵ジンジャーエール、砂糖不使用のリンゴジュースなどがあります。

神楽坂まるフェ ドリンクメニュー

なお、料理の系統は日替わり店長によってさまざまです。

過去にはサラダボウル、混ぜそば、チャーシューとカルボナーラを合わせた「チャルボナーラ」などが登場しています。

 

食べたもの

ここからは、私がまるフェで食べたものをご紹介します。

野菜カレー

2022年9月に訪問。日替わりランチの野菜カレーを注文しました(単品800円)。

まるフェでは、埼玉県の農園・BonzFarmから届く有機・無農薬野菜を食べられるのも魅力の一つです。

神楽坂 まるフェ 野菜カレー ランチ

カレーには多彩な野菜がたっぷり添えられ、目が喜ぶビジュアル。

かぼちゃ、パプリカ、マッシュルーム、おくら、にんじん、茄子など、完全に野菜が主役のカレー。

野菜そのものの味が濃く、有機野菜のポテンシャルの高さが分かります。

神楽坂 まるフェ ランチ 野菜カレー

食材が良いだけでなく、シェフの調理も抜群です。

マッシュルームはこんがりと焼かれ、ふっくらとジューシー。

かぼちゃマッシュはしっとりと柔らかく、噛むたびにかぼちゃの濃い甘みを堪能できます。

どのおかずも家に常備したい美味しさ。

カレーには茄子と挽肉が入っています。

野菜だけかと思いきや、挽肉も入っていてしっかり満足できました。

茄子がトロトロに煮込まれ、なんとも優しい口当たり。

玄米のプチプチした食感とのコントラストが、食事の贅沢感を与えてくれました。

まるフェ ランチ 野菜カレー

ソミートプレート

2022年9月の日替わりランチ「ソミートプレート」を頂きました(税込1200円)。

ソミート(大豆ミート)は外はこんがりと焼かれ、炙り焼きのような香ばしさがあります。

ジュワッとジューシーに焼かれていて、食べ応え満点!噛みしめていくと、大豆のふわふわ感も楽しめます。

ソミートは量たっぷりですが、大豆なので重たくありません。

神楽坂まるフェ ソミートプレート

味つけは醤油ベース(生姜焼き風)で、ご飯が進む!空腹には嬉しい限り。

大豆ミート初心者の私は、豆腐だから淡泊な味だろうと思っていたのですが、大豆そのものも美味しい。

シェフによると、大豆ミートは1862年創業の豆腐店・染野屋半次郎から仕入れているそうです。

まるフェ 神楽坂 ランチ ソミートプレート

玄米はプチプチとした食感で、ほどよい硬さ。

ご飯少なめにしてもらいましたが、それでも十分な量でした(150gはありそう)。

まるフェ 神楽坂 ランチ ソミートプレート

ソミートの美味しさに感激した私は、仮にソミート+玄米だけで1200円でも納得だなと実感。

しかし野菜のおかずも一つ一つが手作りですから、満足度は計り知れないものがあります。

にんじんポタージュは、サラッとした口当たり。

一般的なポタージュよりミルク感は控えめで、ヘルシーテイストが嬉しい。

にんじん本来のこっくりした甘さが全面的に出ていました。

まるフェ神楽坂 ランチ

契約農家の有機野菜を使っているため、食材が良いのはもちろんですが、野菜を引き立たせるシェフの腕が素晴らしい。

私はすっかりシェフの味つけのファンになっています。

 

ベイクドチーズケーキ

500円。チーズケーキは千葉県・まるフェ館山店で作られているそうです。

手作りの優しい味わいで、心がホッと安らぎます。チーズの部分はしっとり、土台のクッキー生地はサクサク。

甘さは普通にあり、コーヒーの良きお供になります。

まるフェ 神楽坂 チーズケーキ

 

焼き芋スムージー

500円。焼き芋スムージーは砂糖不使用なのが嬉しいポイント。

成分は焼き芋ペースト、牛乳、甘酒。

シンプルな材料だからこそ、焼き芋のぽってりとした甘さを存分に楽しめます。

冷製ポタージュとして食事に出てきてもおかしくないほど、素材の引き立つナチュラルな味わい。

神楽坂まるフェ 焼芋スムージー

そもそも焼き芋スムージーとは珍しいですよね。

シェフ曰く、他店にはないスムージーを日々開発しているそうで、今後の新メニューにも期待が膨らみます。

神楽坂まるフェ 焼芋スムージー

 

スパイスカレー(※現plAin)

2020年10月の初回訪問。この日のランチは、小麦粉・化学調味料不使用のスパイスカレー。

カレーは3種類で、バターチキン・ポークビンダルー・グリーンキーマから選ぶスタイル。

※2021年5月に東池袋に移転し、現在「シゲキテキ自然食堂plAin」として営業中。

まるフェ スパイスカレーのメニュー

スパイスカレーのメニュー

私が食べたのは、バターチキン・ポークビンダルー・グリーンキーマの全てを楽しめる「3種あいがけ」(税込1400円)。

色とりどりの華やかなビジュアルに、食べる前から心うっとり。

まるフェ カレー3種あいがけ

カレー3種あいがけ

ポークビンダルーとは、豚肉をお酢でマリネしたカレーで、ほのかな酸味が特徴です。

辛いだけでなく、酸味のサッパリした味わいでクセになる。どんどん食べ進められます。

まるフェ ポークビンダルー

ポークビンダルー

グリーンカレーといえば、ココナッツミルクのきいた甘いタイプのお店もあるでしょう。

こちら(現・シゲキテキ自然食堂plAin)のグリーンカレーは甘さ控えめ。

さらに、小麦粉不使用なのでサラッとした味わいです。

まさにカレー×ヘルシー×美味しいが共存しています。

まるフェ グリーンキーマ

グリーンカレー(キーマ)

カレー3種のうち、特に衝撃を受けたのがバターチキンカレー。

バターのコク、多様なスパイスが絶妙に絡まり、ガーリックチキンで食欲全開!

このバターチキンカレー、次回は絶対に大盛で食べたい美味しさです。

カレー3種とも、辛さは控えめ~普通程度なので、普段スパイスカレーを食べない方でも食べやすいと思います。

刺激物を求めて行くというよりは、上品なスパイス料理を食べるという感覚で行くと良いでしょう。

まるフェ バターチキンカレー

バターチキン

副菜も注目ポイント。一つ一つが抜群に美味しく、目を見張るものがあります。

副菜には、埼玉の農園・BonzFarmから届く有機・無農薬野菜を使用。

この日の副菜は、グリーンリーフ、ビーツのピクルス、紫じゃがいものポテトサラダ。

ビーツや紫じゃがいもなど、普段なかなか見ない野菜を体験できるのが嬉しいですね。

まるフェ カレーの副菜

色とりどりの副菜

 

混雑具合

2022年9月の訪問時は、晴れの日曜11:30に入店し、先客ゼロ。12:00に予約の方が1組来店。

まるフェはかなり隠れ家なので、特に休日の神楽坂でゆったり過ごしたい時に重宝できそうです。

 

まとめ

まるフェでは、古民家ならではの落ち着いた空間で、ヘルシーで美味しい料理を味わえます。

有機・無農薬野菜が良質なのはもちろんですが、それを引き立たせるシェフの腕前も素晴らしいです。

まるフェは独立を目指す料理人への場所貸しですが、シェフが独立するなら神楽坂で開業してほしいと思うほど、美味しい食事でした。

隠れた立地、古民家の穏やかな雰囲気も相まって、心安らぐランチを満喫できます。

お近くの方はぜひ行かれてみてください。