まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂【かつのとうふ】は多種多彩な豆腐が魅力!おすすめメニューなど

神楽坂かつのとうふ 豆腐メニュー、購入品、低糖質レシピ

神楽坂の小栗通りにある「かつのとうふ」は、50年以上の歴史ある老舗豆腐店。

豆腐だけでなく、豆腐を使ったスイーツやお惣菜もあり、さまざまなスタイルで豆腐を楽しめます。

老舗でありながら、どこかモダンな雰囲気で、初来店や観光の方でも立ち寄りやすいと思います。

この記事では、私がかつのとうふで買ったもの、それを使った低糖質レシピもご紹介していきます。

※内容は2022年3月24日時点です。

この記事はこんな方におすすめ

神楽坂の裏路地にたたずむ、老舗でありながらモダンな豆腐屋さんに行ってみたい

・豆腐を使った低カロリー、低糖質のレシピを知りたい

 

買ったもの

まずは購入品(私が今まで買ったもの)をご紹介します。

どれも美味しいので全部おすすめですが、特にイチオシの商品に「」を付けています。

生おから

生おからは300gで50円。

市販品は同量で100円くらいなので、スーパーで買うより断然安いです!

豆腐屋が毎朝搾るフレッシュなおからなので、市販品より格段に美味しいです。

かつのとうふ おから300g30円

おから300g(50円)

袋をあけた瞬間、おからの良い香りが漂います。

市販のおからはオフホワイトだと思いますが、かつのとうふのおからは純白で驚きました。

かつのとうふ おから開封

おから開封
★おから煮

2022年3月に購入。1パック200円。

おから煮は毎日あるわけではないそうですが、見つけたらぜひ買いたい一品。

神楽坂かつのとうふ おから煮

きつねの可愛いパッケージにも注目

おからはもちろん、かつのとうふで毎朝搾るおからです。

具材はひじき、にんじん、いんげん、こんにゃくなどが入っています。

おから自体が美味しいのですが、味つけもお上手。優しい味で、無限に食べられそうです。

神楽坂かつのとうふ おから煮

★きぬ豆腐

1丁190円。計量したら、425gありました。

初めてかつのとうふで絹豆腐を買った時、その純白さに驚きました。

本当に真っ白なのです。

お味は醤油をかけるのが勿体ないほど、大豆の風味が強いです。これぞ本物の豆腐。

かつのとうふ 絹ごし豆腐1丁(180円)

絹ごし豆腐(190円)
おぼろ豆腐

おぼろ豆腐とは、豆腐作りの最初の工程で出来るもので、絹や木綿とは異なるそうです。

絹や木綿のように「圧搾」の工程がないため、それらの豆腐とは違った食感を楽しめます。

【参照:おぼろ豆腐とは?| オリーブオイルをひとまわし

かつのとうふ おぼろ豆腐

私が買ったのはSサイズ(130円)。

副菜として食べるなら、2人分ほど入っています。

大豆が濃密で、ぽってりした食感。絹よりも濃厚な味わいです。

かつのとうふ おぼろ豆腐

★油揚げ

1枚110円。これは絶対買って頂きたい!超おすすめです。

油揚げ用の豆腐を作り、それを一枚一枚、手で揚げているそうです。肉厚で、市販品の1.5倍はあります。

神楽坂かつのとうふ 油揚げ

油揚げを食べて感動したのは初めてでした。

外はカリカリ、サクサク。揚げたての香ばしい匂いが漂います。スナック感覚で、そのまま食べられます。

夕方には完売することもある人気商品ですので、ぜひお早めに。

神楽坂かつのとうふ 油揚げ

厚揚げ

200円。計量したところ、180gありました。

表面がさっくりと揚がっています。揚げの部分は薄めなので、ヘルシーな厚揚げです。

主食はもちろん、副菜やおつまみとして、軽く食べられます。

神楽坂かつのとうふ 厚揚げ

油抜きせず、グリルでこんがり焼いてみた
白滝

190円。文京区の老舗こんにゃく店から仕入れているそうです。食感がプリプリしています。

かつのとうふ白滝190円

白滝(190円)
豆腐スイーツ

かつのとうふでは、手作りの豆腐スイーツもあります。

豆腐スイーツ編については、2020年9月9日公開の記事をご覧ください。

www.tanuki-gourmet.com

 

低糖質料理レシピ

かつのとうふの購入品を使って、低糖質&低カロリー料理を作りました。

白滝ペペロンチーノは食べ過ぎた翌日にはぴったりですし、おからケーキは小麦粉不使用の完全グルテンフリーです。

各レシピの糖質量も算出しましたので、ぜひご参考に!

白滝ペペロンチーノ

【用意する食材】

・白滝

・好みの具材(ベーコン、マッシュルーム、舞茸を使用)

・にんにく(乾燥にんにくを使用)

・オリーブオイル、コンソメ少々、塩こしょう

【作り方】

①白滝の下処理(熱湯で中火で2分茹でた後、フライパンで油なしで2分炒める)。

②すべての具材を適当に切る。

③フライパンにオリーブオイルをひき、白滝以外の具材→白滝の順に加えて炒め、水を大さじ1/2・コンソメ少々・塩胡椒を入れて炒める。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200911194744j:image

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200911194748j:image

【糖質量】

白滝ペペロンチーノの糖質は、ほぼゼロと考えてよいかと思います。

白滝の糖質は100gあたり0.1gで、キノコとベーコンも糖質ほぼゼロ。

糖質があるとすれば、少量のニンニクくらいです。

糖質をより抑えたい方は、ニンニクを抜いてください。

 

おからチョコケーキ

小麦粉不使用、炊飯器でできるお手軽ケーキです。

【用意する食材】

・生おから 160g

・たまご 3個(サイズは何でも)

・チョコ(明治のポリフェノール効果カカオ86%)9枚

・砂糖(ラカント) 大さじ1

・バター 30g

・ココアパウダー 25g

・ベーキングパウダー 小さじ1と1/2

・無調整豆乳 大さじ4

【作り方】

①おからを皿に広げてラップをかけ、600Wのレンジで5分→取り出し、ヘラで切るように混ぜる→ラップなし、3分チン→取り出し、混ぜてからラップなしで3分チン→混ぜる。

パウダー状になるように、切るように細かく混ぜるのがポイント。

②他の食材の処理

・バター30g→お皿にあけてラップをし、電子レンジ(600w)で30秒チンして溶かす。

・チョコ→細かく刻んで湯煎にかけて溶かす。

お湯を沸かす時、小さい泡がプツプツ出てきたくらいで湯煎にかけてOKです。

③以下の順番に混ぜる。

たまご3個 → 砂糖(ラカント)大さじ1 → バター30g → おから160g → チョコ → ココアパウダー25g → ベーキングパウダー小さじ1と1/2 → 豆乳大さじ4

※豆乳の量は、おからの水分量にもよります。混ぜてて明らかに硬い場合は、なめらかになるよう適宜足してください。

④炊飯器の釜に入れ、平らになるようヘラで整え、普通モードで炊く。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200910180111j:image
f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200910180114j:image

しっとりと美味しくできました。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200910180051j:image

【糖質量】

糖質量を計算したところ、1ホールで約38.6g6分の1切れで6.4gでした。

【糖質の内訳】

・おから100gあたり13.8g → 160g使うので22g

・チョコ(ポリフェノール効果カカオ86%)1枚1g → 9枚使うので9g

・ココアパウダー5gあたり0.8g → 25g使うので4g

・無調整豆乳200gあたり3.7g → 大さじ4使用、1g

【保存方法】

翌日までは常温保存でOK。以降は冷凍保存。1個ずつラップに包み、さらにジップロックに入れてください。

解凍方法は、自然解凍またはレンジで20秒ずつ、様子を見ながら温めます。

 

おからチョコバナナケーキ

上記おからチョコケーキのレシピに、つぶしたバナナ1本を加えるだけです。腹持ちが良くなり、よりしっとりします。

糖質は1ホールで60g、6分の1切れあたり10gになります。

 

おからキャロットケーキ

こちらも小麦粉不使用、炊飯器でできます。

【用意する食材】

・たまご 3個

・砂糖(ラカント) 大さじ1

・オリーブオイル 大さじ1

・おから 170g

・ベーキングパウダー 小さじ1と1/2

・すりおろしたニンジン 1本分

・シナモン 適量

【作り方】

上記の材料を上から順番に混ぜ、炊飯器で普通に炊く。

神楽坂 かつのとうふ おからでキャロットケーキ

おからチョコケーキよりも、おからの風味が残り、より自然な味わいになります。

おからキャロットケーキ かつのとうふ

以上、低糖質レシピのご紹介でした。

 

まとめ

かつのとうふは、リーズナブルでありながら、大豆本来の美味しさに気付かせてくれる豆腐屋さんです。

 

老舗の豆腐店というと、お堅いイメージがあるかもしれませんが、かつのとうふはオープンな雰囲気です。

お店の方も感じが良く、初来店や観光の方でも立ち寄りやすいと思います。

日常使いはもちろん、神楽坂観光の際にはぜひ行かれてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。