まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂に旬のフルーツ専門店【ハピマルフルーツ】がオープン!自社農園の苺「原宿ベリー」を使ったサンドイッチが美味しい!

ハピマルフルーツ

2020年11月19日、神楽坂に「ハピマルフルーツ」がオープン!さっそく行ってきました。

 

ハピマルフルーツは、旬のフルーツを使ったサンドイッチやスイーツを販売するお店です。

特に、自社農園でとれた苺「原宿ベリー」を使ったスイーツを主力商品としています。

私は原宿ベリーのサンドイッチを頂きましたが、苺がジューシーでとても美味しかったです。

 

ちなみに、原宿ベリーの名前は、もともと農園があった栃木県の原宿に由来するもので、東京の原宿ではないそうです。

 

またハピマルフルーツでは、苺以外にもさまざまなフルーツ(シャインマスカット、キウイなど)を楽しめます。

 

ハピマルフルーツの運営会社は、株式会社ハピマルシェ。同社は、野菜や果物の仕入れから販売まで行っています。

流通業の強みや農家とのネットワークを生かし、全国から仕入れた美味しい果物を、ハピマルフルーツで楽しめるのです。

 

この記事では、ハピマルフルーツの商品ラインナップ、原宿ベリーの感想など、詳しくお伝えしていきます!

 

 

この記事はこんな方におすすめ

・神楽坂で、旬のおいしいフルーツを味わいたい

・食後のデザートやおやつにピッタリの、上質なスイーツが食べたい

・フォトジェニックで、手土産にも喜ばれそうなスイーツを探している

 

ハピマルフルーツへの行き方

ハピマルフルーツは、飯田橋・神楽坂・牛込神楽坂のちょうど中間にあります。

それぞれの駅から、徒歩5分くらいで着きます。

最短で着く駅の出口は、飯田橋駅→B3、神楽坂駅→1aまたは1b、牛込神楽坂駅→A3です。

ハピマルフルーツは、神楽坂通りの路面にあります。初めて行く場合でも、迷う心配はないと思います。

神楽坂ハピマルフルーツ外観

お店に入って左側にはゼリーとサンドイッチが、右側にはフルーツが販売されています。

イートインスペースはありません。

ハピマルフルーツ 店内

 

商品ラインナップ

ハピマルフルーツでは、ゼリー、サンドイッチ、フルーツ単体、スムージーなどを買えます。

ここからは、それぞれの商品ラインナップをご紹介します。

フルーツゼリー

色とりどりのフルーツゼリーが並んでいます。見ているだけでも楽しくなりますね。

フレーバーは、中島みかん(税込410円)、原宿ベリー(702円)、シャインマスカット(648円)、ミックスフルーツ(486円)、おけさ柿(432円)などがあります。

神楽坂ハピマルフルーツのゼリー 中島みかん、原宿ベリー

中島みかん(税込410円)、原宿ベリー(税込702円)

神楽坂ハピマルフルーツのゼリー シャインマスカット、ミックスフルーツなど

シャインマスカット(税込648円)、ミックスフルーツ(税込486円)

 

フルーツサンド

フルーツサンドも、実にカラフルです。

フレーバーは、原宿ベリー(税込594円)、原宿ベリーとキウイのミックス(540円)、中島みかん(410円)、シャインマスカット(680円)など。

神楽坂ハピマルフルーツ フルーツサンド

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリーサンド

原宿ベリー(税込594円)

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリーとキウイのミックス

原宿ベリーとキウイのミックス(税込540円)

神楽坂ハピマルフルーツ 中島みかん(税込410円)

中島みかん(税込410円)

神楽坂ハピマルフルーツ シャインマスカットサンド(税込680円)

シャインマスカット(税込680円)など

下の写真は、中島みかんミックス(税込432円)です。

みかん・苺・キウイと3種類のフルーツが入っていて、お得感ありますね。

神楽坂ハピマルフルーツ ゼリー 中島みかんのミックスサンド

中島みかん、苺、キウイのミックス(税込432円)

 

フルーツの単品販売

ハピマルフルーツでは、フルーツ単体も販売されています。

自社農園で育った苺「原宿ベリー」や、長野県のシャインマスカットなどがありました。

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリー

おけさ柿(200円)、ラ・フランス(300円)などは買いやすいお値段で嬉しいですね!

神楽坂ハピマルフルーツ 店内のフルーツコーナー

スムージーなど

スムージーは2種類で、原宿ベリーを使ったものです。

原宿ベリースムージー(税込648円)、原宿ベリー&ミルク(税込540円)がありました。

神楽坂ハピマルフルーツ スムージー、冷やしクッキーなど

また、原宿ベリーの冷やしクッキー(税込350円、1枚)もあります。

これは、サンドイッチコーナーの下に置いてあります。

神楽坂ハピマルフルーツ 冷やしクッキー

 

食べたもの

私が頂いたものは、原宿ベリーサンドイッチと、原宿ベリーソフトクリームです。

一つずつご紹介していきます。

原宿ベリーのサンドイッチ(税込594円)

原宿ベリーのサンドイッチです。パッケージも可愛いので、手土産にも喜ばれそうですね。

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリーサンド

パッケージを開けました。

原宿ベリーがとても鮮やかな色で、目の保養になります。

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリーサンド

サンドイッチをお皿に乗せました。

サンドイッチの断面は、どの角度から見ても綺麗です。

原宿ベリーの味は、果肉がジューシーで濃厚!

一口噛むと、いちご汁がジュワッと出て、甘酸っぱさが口の中に広がります。

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリーサンド 

食パンと生クリームは、まるでショートケーキのようにフワフワです。

下のTwitter動画から、そのフワフワ具合が分かると思います。

このように、サンドイッチはふわふわで軽い食感です。主食にするというよりは、食後のデザートにぴったりのスイーツでした。

 

原宿ベリーのソフトクリーム

自宅のポストに入っていた無料券を使って、原宿ベリーのソフトクリームを頂きました。

今回は無料なのでお試しサイズです。

店員さんの話によると、11月28日(土)からはフルサイズ(600円)で販売されるとのことです。

ハピマルフルーツ 原宿ベリーソフト

原宿ベリーソフト(無料版)

とりあえず、店員さんおすすめのフォトスポット(店頭)にて写真を撮りました。

ですが、せっかくなら座ってゆっくり食べたいですよね。

すぐ食べるなら寺内公園がおすすめ

ハピマルフルーツから徒歩1分の場所に、寺内公園があります。

買った商品をすぐ食べたい時などには、寺内公園がおすすめです。

寺内公園への行き方は、ハピマルフルーツを出たら左に向かい、第一勧業信用組合の手前で左折します。

神楽坂 寺内公園への行き方

すると、このような小道に入ります。直進して右折すると、寺内公園があります。

神楽坂 寺内公園への行き方

寺内公園は、割と静かな公園なので、落ち着いて食べれると思います。

お昼時には、OLさんがお弁当を食べているのをお見受けすることもあります。

神楽坂 寺内公園

寺内公園

寺内公園内には、イスは3席あります。

寺内公園 いす

私はこのイスに座って、原宿ベリーソフトを頂きました。

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリーソフト

原宿ベリーソフトは、なめらかな食感です。おいしい。

私はいちご尽くしの味を想像していましたが、実際はミルク多めの優しい味でした。たとえるなら、いちご牛乳のシェイク版です。

神楽坂ハピマルフルーツ 原宿ベリーサンド

以上、ハピマルフルーツで頂いたスイーツのご紹介でした。

 

お買い物時の留意点

より快適にお買い物を楽しむために、以下の点をおさえておくとよいと思います。

・レジ袋は10円、保冷剤は無料

・1組4名までの入店制限

 ・クレジットカード使用可能、PayPayなどの電子マネーは非対応

 

混雑具合

オープン初日(平日)は、開店直後に10組以上の行列ができていました。

しかし入店制限があるため、店内がごった返すことはなく、ゆっくりと商品を選べました。お会計もスムーズで、気持ちよくお買い物できました。

 

今後も並ぶことが予想されます。寒い時期ですし、並ぶ時はお手洗いを済ませておいたほうがよいと思います。

 

まとめ

ジューシーで濃厚な原宿ベリーや、旬のスイーツを楽しめるお店!

 

特に、原宿ベリーのサンドイッチが美味しかったです。

一般的な苺サンドよりもワンランク上の、贅沢なスイーツでした。

原宿ベリーのサンドイッチは、「せっかくフルーツを食べるなら、質にこだわりたい」という気持ちを満たしてくれました。

 

ジューシーで濃厚な原宿ベリーなら、贅沢なスイーツタイムを過ごせます。

見ためもカラフルなので、手土産などにも喜ばれると思います。

ハピマルフルーツの原宿ベリーは、まさに人々を幸せにするスイーツです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんのお店選びのお役に立てれば幸いです。

ハピマルフルーツの基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂5-8 かぐら坂5丁目ビル1階

営業時間:11:00~20:00

電話番号:03-5261-2080