まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂でコスパ良く美味しいディナーなら和食居酒屋【なきざかな】落ち着いた雰囲気で大人の食事会におすすめ!

なきざかな ブログタイトル画像

神楽坂「なきざかな」は、大人の落ち着いた食事会にぴったりの和食居酒屋です。

 

なきざかなのウリは、その日の朝にとれた新鮮魚介。

お刺身、焼物、干物など、さまざまな魚料理を楽しめます。

 

なきざかなのすごい所は、他の肉料理なども、お店のウリである魚料理と同じくらいクオリティが高いこと。

鶏肉の唐揚げや鴨ロース、出汁巻き玉子など、どの料理も素晴らしいです。

 

お値段もリーズナブルなので、神楽坂で普段使いできる、美味しい和食屋さんと言えます。

 

この記事では、なきざかなで頂いた料理のレビューやお店の雰囲気などを詳しくお伝えしていきます。

 

 

なきざかなはこんな方におすすめ

・神楽坂で、美味しい和食が食べられるカジュアルなお店を探している

・大人の食事会に使える、落ち着いた雰囲気の居酒屋を知りたい

 

なきざかなへのアクセス

なきざかなの最寄駅は、飯田橋駅。

B3出口から行く場合は、神楽坂通りを早稲田方面に進みます。

なきざかなは、椿屋珈琲店やJOYSOUNDが入っているビルの地下1階にあります。

なきざかな外観

この暖簾をくぐり、階段を下ればお店に到着です。

なきざかな 暖簾

店内の様子

店内の雰囲気は、まさに大人の和空間。 

ボックス席もあり、必然的にソーシャルディスタンスがとれるレイアウトになっています。

なきざかなボックス席

 

メニュー

なきざかなでは、お魚が豊富です。肉料理は、鶏の唐揚げや三元豚肩ロース、鴨ロースなどがありました。

メニューは通年でほぼ同じですが、時期によって若干異なります。

下の写真は、2020年10月の「本日のメニュー」です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201022120321j:image

別途、メニューブックがあります。

料理の種類豊富なのが嬉しいですね。

なきざかなメニュー1

なきざかなメニュー2

デザートも和風です。ほうじ茶みつまめ、ただちゃ豆のずんだ餅などがあります。

なきざかなデザート

お酒メニューも、かなり豊富です。メニューを1枚だけ撮影しました。

なきざかなドリンクメニュー

 

食べたもの

ここからは、私が今までになきざかなで食べた料理をご紹介します。

お通し

お通しは、お寿司&貝のスープです。

お寿司のシャリは、ほろほろと柔らかくて美味しい。スープも上品な味です。

※お寿司は一人一貫。

なきざかな お通し

お寿司のネタは、季節によって異なります。2021年1月は、白身魚のお寿司でした。

神楽坂なきざかな お通しのお寿司

いくらチーズポテトサラダ

600円。ジャガイモは硬めに茹でられており、食べ応え満点です。

きゅうりと玉ねぎの爽やかな風味とシャキシャキ食感が、良いアクセントになっています。 

なきざかな いくらチーズポテトサラダ

チーズには燻製のような香ばしさがあり、食欲をそそります。

マヨネーズは控えめ。大人が好きな味のポテトサラダでした。

 

サーモンとアボカドのサラダ

700円。サーモンはぷりぷり。アボカドもトロける熟度で、良い!

レタスはシャキシャキ。玉ねぎドレッシングも爽やか。

このサラダ、一人で一皿食べられる美味しさです。

神楽坂 なきざかな サーモンとアボカドのサラダ

 

漁師のいいとこ盛り

一人前1500円。写真は二人前の量です。

その日の朝にとれた魚介の刺身を、8種類も楽しめます。

写真の奥に写っているのは、魚を炙るロースターです。

まぐろなど(写真右)はそのまま食べ、鯛など(写真左)は炙って頂くのです。

神楽坂なきざかな 漁師のいいとこ盛り

炙らずにそのまま食べるお刺身は、どれも鮮度抜群。

神楽坂なきざかな 漁師のいいとこ盛り まぐろなど

そのまま食べるお刺身

神楽坂なきざかな 漁師のいいとこ盛り 炙って食べる刺身

炙って食べるお刺身
本マグロの刺身

1300円。1.5cmくらいの分厚い本マグロが、6切れも入っています。

良い具合に脂が乗り、弾力があって美味しいです。

なきざかな 本まぐろのお造り

蟹たっぷりクリームコロッケ

800円。なきざかなに来たら、これはぜひ頼んでほしい一品。

蟹が濃厚で、とても美味しいです。クリームに頼ってない感じが、すごく良い。

神楽坂なきざかな 蟹たっぷりクリームコロッケ

若鶏もも肉の唐揚げ

650円。揚げ衣は軽めで、サックリしています。

味付けは塩ベースでさっぱりしているので、パクパク食べれます。

なきざかな 唐揚げ

葱たっぷり出汁巻き玉子

800円。サイズは結構大きいです。

葱の甘みが玉子に染み渡り、優しい味です。この味は、毎日食べたくなる。

なきざかな ネギたっぷり出汁巻き玉子

里芋フライドポテト

550円。里芋は、ネットリほくほくな食感です。衣はサックサク。

塩も強すぎないので、お酒がなくてもどんどん食べれました。

なきざかな 里芋フライドポテト

最上鴨ロース

850円。鴨はしっとり柔らかく、旨味がすごい!熟成された味がします。

美味しくて感激しました。

神楽坂 最上鴨ロース

食後は、温かいお茶を出してくださいました。

以上、なきざかなで頂いたお料理のご紹介でした!

 

混雑具合

これまで行った時の混雑具合は、以下の通りです。

人気店のため、特に土日は予約がおすすめです。

●1度目→平日19:45に入店し、先客3組。退店20:30までに、後客数名。

●2度目→予約のうえ、土曜17:00に入店。退店18:00まで常に満席。

日曜に予約なしで行った時は、満席で入れませんでした。

 

まとめ

なきざかなは、美味しい和食を楽しめる、大人の食事処です。

 

居酒屋といえば、味が濃いイメージがあるかもしれませんが、なきざかなではその心配はしなくて大丈夫です。

どの料理も、食事メインで楽しめる、上品な味つけでした。

 

店員さんも、明るく丁寧な対応をしてくださるので、家族や友人と一緒に行くにも安心です。

 

ここからは余談です。

なきざかなは隠れた場所にあるので、私はお店の存在にずっと気づきませんでした。

 

私がなきざかなに足を運んだきっかけは、普段お世話になっている神楽坂の美容師さんに教えてもらったからです。

 

なきざかなの運営会社は、APカンパニー。九州料理の塚田農場も同じ系列です。

なきざかなはグループの中でも売り上げが良いとのこと(ソース:美容師さん)。

余談でした。

 

なきざかなの料理は、本当に美味しいです。気になる方は行かれてみてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんのお店選びのお役に立てれば幸いです。

なきざかなの基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂5-35 おおとりビル地下1階

定休日:年末年始

営業時間

月~金:17:00~23:00(LO22:00)

土日祝:16:00~23:00(LO22:00)

電話番号:050-5590-8955