まんぷく神楽坂

神楽坂を拠点とするWebライターたぬきが、おすすめグルメや生活情報を発信します。

神楽坂CraftCurryGANDENで体に優しいスパイスカレー!大人のBarでしっぽりと

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200818154214j:image

神楽坂で週3日だけ営業するカレー店「CraftCurryGANDEN」をご存知ですか?

夜はバーNaoraiとして営む傍ら、お昼はカレー屋さんというユニークなお店です。

本体のバーは2007年にオープン。その後2020年にカレーランチが始まりました。

 

GANDENのカレーは、たっぷりの野菜とフルーツをワインで煮込むという、バーのオリジナリティあふれる一品。

油をなるべく使わず、旨味だけがギュッと詰まったカレーを味わえます。

 

さらに旬の野菜を使ったスパイス惣菜も魅力。

カレー=重たい、太るというイメージが覆る、体に優しいランチを楽しめますよ。

この記事では、CraftCurryGANDENへの行き方、メニュー、食べたもの、混雑具合などを詳しくご紹介します。

CraftCurry GANDENはこんな方におすすめ

・神楽坂駅周辺で、スパイスカレーの専門店を探している

・大人のおしゃれなBarで、絶品カレーを頂くという特別感を体験したい

※情報は2023年4月時点。最新の内容は公式Twitterをご確認ください。

 

CraftCurry GANDENへの行き方

CraftCurryGANDENの最寄駅は、東京メトロ東西線・神楽坂駅。1a出口より徒歩2分。

神楽坂通りはカレー屋さん不毛地帯なので、GANDENの場所はぜひ覚えておきたいところ。

神楽坂駅1a出口を出たら、神楽坂通り(商店街)を下り、スーパーKIMURAYA、よしやを通過。

右手に見える「宝生堂ビル」の4階に、CraftCurryGANDENが入っています。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816093006j:plain

HOSEIDOビル

宝生堂ビルに入ると、一番奥にエレベーターがあります。4階に行けば到着です。

夜はバーNaoraiとして営業するため、表札はNaoraiとなっています。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816104137j:image

CraftCurryGANDEN基本情報
住所 東京都新宿区神楽坂6-66 宝生堂ビル4F
営業時間 12:00~14:30(完売次第閉店)
定休日 月・水・金・日
電話番号 03-5229-8840

店内の様子

店内は大人のBar。実際、夜は「Naorai」というバーとして営業しています。壁にはおしゃれなリキュールがずらり。

ここでカレーを食べるとは思えないほど、しっぽりとロマンチックな空間です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816093004j:image
f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816093023j:image

メニュー

ランチのカレーは4種+木曜限定が1種。テイクアウトもできます。

カレーには21種ものスパイスを調合し、丸2日煮込むという手間のかかったもの。

お値段は税込1,000円~と、神楽坂の一等地とは思えないほどリーズナブル。

バターチキン 1,100円
チキン 1,000円
ポーク 1,100円
キーマ 1,050円
トッピングキーマ 250円

※カレー全種の盛り合せは不可。

神楽坂 CraftCurryGANDEN メニュー

常連さんを飽きさせないのが、木曜限定・魚介ベースの出汁カレー。

この日は「地鶏と煮干しの出汁カレー」が登場。

過去には「ホッケと焼きあご出汁」といった、店主さんの創作性あふれるメニューも出ています。

神楽坂 CraftCurryGANDEN 木曜限定メニュー

スパイス惣菜も、GANDENの楽しみの一つ。

スパイス惣菜は月替わりで、旬の野菜をベースにしているのが嬉しい。

家ではマネできない凝ったメニューで、食べる前からワクワクします。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816092727j:image

食べたもの

ここからは、私がCraftCurryGANDENで食べたものをご紹介します。

贅沢ポークのクラフトカレー

初訪問では、「贅沢ポークのクラフトカレー」にキーマをトッピング(税込1,350円)。注文して20分後、運ばれてきました。

彩り豊かなワンプレートに、疲れていた目がぱぁっと明るくなります。

色とりどりのお野菜と、ツヤツヤで見るからに美味しいカレー。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816092611j:image

豚肉は「三元豚・白王」という千葉のブランド肉というこだわり。

これだけでも旨いのが約束されますが、さらに美味しく仕上げるのがGANDEN。

特製のタレとスパイスに漬けた豚バラは、咀嚼せずとも舌に馴染むほど柔らか。

提供前、バーナーで炙る音が聞こえてきました。炙りの効果か、焼きチャーシューのように香ばしく、空腹にはたまらない美味しさ。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816092636j:image

スパイス香る熟成キーマカレー

合いがけで、キーマカレーをトッピング(+250円)。

キーマカレーはなんと小麦粉不使用!化学調味料も使っていません。

ココナッツミルクが入っていることにより、コクがありまろやかな味わい。

またCraftCurryGANDENでは、スパイス惣菜も見逃せません。

この日のスパイス惣菜は、蓮根とゴーヤのアチャール、インゲンとココナッツのスパイス炒め、紫キャベツのピクルス。

野菜はシャキシャキと活きがよく、ほんのりスパイスのきいた優しい味。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816092843j:image

GANDENでは、食後もゆっくり寛げます。イートインではコーヒー無料。

Barの落ち着いた雰囲気の中、カレーの余韻に浸れますよ。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200816093131j:image

ごろごろチキンのクラフトカレー

テイクアウトで「ごろごろチキンのクラフトカレー」を頂きました(税込1,000円)。

驚いたのが、カレーの濃密さとコク。

カレーはどろっと濃密なのに、少しももたれません。その秘密は「最小限の油で、大量の野菜とフルーツをワインで煮込む」点にありそう。

鶏もも肉はふっくら柔らかく、肉汁がしっかり閉じこめられ、ジューシーで贅沢感あり。

辛さは控えめで、お腹がチクチクしない絶妙なマイルド加減。

神楽坂 CraftCurryGANDEN テイクアウト ごろごろチキンのクラフトカレー

スパイス惣菜は、互いが混ざらないようカップで分けられているのが嬉しい。

・春キャベツのコンソメスパイス
・柑橘のキャロットラペ
・じゃがいもとシラスのスパイス炒め
・大根のピクルス

あくまでも主役は野菜。スパイスは野菜を引き立たせる絶妙な加減で、体に優しい美味しさです。

神楽坂CraftCurryGANDEN テイクアウト ごろごろチキンのクラフトカレー

以上、CraftCurryGANDENのご紹介でした。

 

行く前にチェック

◆オープン時間を確認

基本は12:00開店ですが、仕込みの関係でオープンが遅れることもあります。

開店が遅れる場合はTwitterでお知らせがあるため、行く前に要チェック。

※売り切れ次第閉店なので、遅い時間に行くのはおすすめできません。

◆目当てのカレーは取り置き

目当てのカレーがあるなら、取り置きをお願いすると安全です。

(私は一人目の客でポークカレーを注文しましたが、すぐ完売になったため)

Twitterからも分かりますが、シェフは美味しいカレーを提供するため、こだわりをもって作っています。状況によっては、通常メニューでも提供できない日もあります。

そのためTwitterでメニューを確認のうえ、目当てのカレーを取り置きしてもらうと安心。

 

混雑具合

(2020年のオープン当初)12:07に入店し、退店12:55までに後客4名。

2023年現在、SNSでも美味しさが広まり「神楽坂×カレーといえば」的な人気店となっています。13:30には完売閉店する日も。

先述したように、開店時間と同時に行くか予約(取り置き)が安全です。

 

まとめ

CraftCurryGANDENでは、食材や調理へのこだわりがつまった絶品カレーを頂けます。

大人のおしゃれなBarで、お昼からカレーを頂くのも特別感があります。

店主さんも大変丁寧な対応で、お店を出てからもしばらくHappyな気分でした。

 

神楽坂駅周辺で、こだわりのつまった絶品カレーをゆっくり楽しみたい時は、ぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。