まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

パンの楽園!神楽坂【コグスダイニング】でパンを頬張る幸せランチ!

神楽坂コグスダイニング

神楽坂の「コグスダイニング」は、パン職人のオーナーシェフが作る絶品パンと洋食料理を楽しめるレストランです。

 

なんといっても、オーナーシェフご自身が現役のパン職人。以前はパン屋さんで腕を振るっていたそうです。

コグスダイニングでは、パン屋さんに等しいハイレベルなパンを、盛り合わせや食べ放題で、お腹いっぱい食べられます。

 

パンはその量だけでなく、多種多彩なのが嬉しいです。

たとえば、春は桜あんぱん、冬はカボチャのクロワッサンなど、魅力的なパンを味わえます。

 

さらにコグスダイニングの名物は、パンだけではありません。

牛タンシチューなど、他の料理も丁寧に作られています。  

パンに限らず、洋食が好きな方も、きっと満足できる内容です。

 

美味しいパンを口いっぱい頬張りたい。

パンに合わせる料理も、美味しいものがいい。

その両方の願いを満たしてくれるのが、コグスダイニングです。

 

この記事では、私がコグスダイニングで頂いたランチやお店の雰囲気などを詳しくご紹介します。

 

 

コグスダイニングはこんな方におすすめ

・パン職人のオーナーが作る、いろいろな種類の絶品パンを楽しみたい

・パンのおかずも、レベルの高いものを食べたい

 

コグスダイニングへの行き方

コグスダイニングの最寄駅は飯田橋。B3出口から徒歩4分です。

コグスダイニングが入るビルは、木目調のストライプが特徴です。

このビルの1階に、コグスダイニングがあります。

神楽坂コグスダイニング外観 三丁目テラス

ビルの奥に進み、黒い扉をあければ到着です。

神楽坂コグスダイニング 外観

 

店内の様子

座席はカウンター3席、テーブル8卓ほど。

写真では途切れていますが、ソファのあるテーブル席もあります。

神楽坂コグスダイニング店内の様子

今まで、私はテーブルとカウンターの両方に座りましたが、カウンターがお気に入りです。

カウンターはキッチンから近いので、終始、焼きたてのパンの香りに包まれます。

 

ランチメニュー

平日ランチは4種類あり、税込1120~1375円です。

全てのランチにパン盛り合わせが付きます。

サラダランチ(Cセット)以外では、好きなメイン料理を選べます。

コグスダイニング平日ランチメニューコグスダイニング神楽坂ランチメニュー

パンは、まず6~7個が提供され、もっと食べたい場合は+30円でおかわり可能です。

さらに、個数制限なしで1時間食べ放題できるオプションもあります(150円)。

 

Aセット(税込1120円)を実食

私が頂いたのは、Aセット。

内容は、サラダ、選べるメイン(牛タンシチュー)、パン盛り合わせです。

それでは、一つずつご紹介していきます。

サラダ

注文後、まずはサラダが運ばれてきました。

具材はレタスと紫たまねぎ。シャキシャキで美味しいです。

イタリアンドレッシングの量も適切で、野菜にほんのり掛かっています。

コグスダイニング ランチのサラダ

底の深いお皿に、野菜がたっぷりと詰まっているのが嬉しいです。

このサラダはSサイズですが、十分な量がありました。

神楽坂コグスダイニング ランチのサラダ

 

牛タンシチュー

注文して13分後、牛タンシチューとパンが到着しました。

まずは牛タンシチューからご紹介します。

神楽坂コグスダイニング ランチ 牛タンシチュー

シチューには、大きく分厚い牛タンが2個入っていて豪華です。

牛タンの上には、じゃがいも、にんじん、インゲンが乗っています。

神楽坂コグスダイニング 牛タンシチュー

牛タンは柔らかく、歯応えをのこした絶妙な仕上がりです。

ブリンとした弾力があり、とても美味しいです。

シチューはサラサラしているので、お腹に軽々と入りました。

神楽坂コグスダイニング 牛タンシチュー

牛タンシチューは、家で作るのはなかなか難しい料理だと思います。

しかしそれをランチのセットで選べるのは嬉しいですし、とても美味しくて大満足でした。

 

パン盛り合わせ

いよいよお待ちかね、主役のパンです。

かごには、パンが6個も入っていました。

神楽坂コグスダイニング パン盛り合わせ

普段、一人でパンを6個も買うことは、そうそうないかと思います。

パン屋さんで6個買ったら、それだけで1000円弱いきそうです。

しかしコグスダイニングでは、パン職人のオーナーによる自家製パンを、基本の量で6個食べられます。とてもお得ですよね。

それでは、6個のパンを一つずつご紹介します。

 

●バゲット

バゲットといえば、水分の少ないハード系を連想しますが、これは柔らかくて食べやすいです。

外はサクッと、中はふんわり。手で簡単にちぎれます。

神楽坂コグスダイニング バゲット

まるでブリオッシュのように、たっぷりの卵とバターを感じました。

牛タンに付けても、美味しいです。

神楽坂コグスダイニング ランチ バゲットと牛タンシチュー

 

●コーンクリームパン(2種類)

コーンクリームパンは、2種類入っていました。

手で持った瞬間に、ふわんふわんな感触です。

あまり強く握ると、パンに指の跡ができてしまうほどフワフワですw

神楽坂コグスダイニング コーンクリームパン

コーンクリームパン①

神楽坂コグスダイニング コーンクリームパン②

コーンクリームパン②

ふわふわのパン生地と、トロトロのコーンクリーム。

食べたら、なんだか優しい気持ちになりました。

神楽坂コグスダイニング コーンクリームパン

手で割った断面

 

●かぼちゃのクロワッサン

パン生地にかぼちゃが練りこまれています。ほんのりオレンジ色です。

かぼちゃの甘みが濃厚で、とても美味しかったです。

あと10個くらい食べれそうなほど、私が好きな味でした。

神楽坂コグスダイニング かぼちゃクロワッサン

 

●バタークロワッサン

こちらはシンプルなクロワッサンです。

バターの風味がよく、ふわふわで軽い食感。

このぽってりした見た目も、可愛いですよね。

神楽坂コグスダイニング バタークロワッサン

 

●カンパーニュ

パンの正式名称が分からないのですが、見た目がカンパーニュ風でしたので、ここではカンパーニュと表記します。

甘さと塩気が融合した、甘じょっぱいカンパーニュ。やみつきになる美味しさです。

神楽坂コグスダイニング カンパーニュ

パン生地には塩気がありますが、パンの表面には砂糖がまぶしてあります。

表面はカリッと焼け、中はフカフカでもっちりしています。

ハード系のカンパーニュよりも、ずっと柔らかくて食べやすいです。

神楽坂コグスダイニング カンパーニュ

ここまでで、基本の量となります。

パンをもっと食べたい方は、追加料金でおかわりができます。しかし、基本の量だけでも十分なボリュームでした。

下の写真は、別日に行った時のパン盛り合わせ(基本の量)です。

神楽坂コグスダイニング パン盛り合わせ

別日のパン盛り合わせ

ここまで魅力的なパンを目の当たりにすると、我を忘れてかぶりつきたくなります。

しかし、特に牛タンシチューを頼む場合は、いったん落ち着きましょう。

最初にパンの種類をざっと確認し、どのパンにシチューを付けるか、ある程度計画を立てておくと、パンと洋食のマリアージュをより楽しめると思います。

 

Cセット(税込1009円)を実食

また別日に訪問し、Cセットを頂きました。

内容は、サラダ(Lサイズ)、スープ、パン盛り合わせです。

神楽坂コグスダイニング ランチ Cセット(サラダセット)

サラダは大きなボウルにたっぷり入っていて、これだけでお腹いっぱいになりましたw

神楽坂コグスダイニング Cランチ

以上、コグスダイニングで頂いたランチのご紹介でした。

 

混雑具合

大人気のお店ですので、12:00以降はいつも混雑しています。

直近では、平日12:40に行き、空席はカウンター2席のみ。その後、退店13:15までほぼ満席でした。

待ちなしで入りたい時は、開店時刻11:30と同時に行くのが確実かと思います。

 

まとめ

コグスダイニングでは、パン職人による絶品パンをお腹いっぱい食べられます。

パン好きとしては、とても幸せな気持ちになるお店です。

牛タンシチューやサラダなども美味しいので、毎回満足しています。

 

調べたところ、コグスダイニングの前身は、町のパン屋さんだったそうです。

2011年、そのパン屋さんはレストランに業態変更。

さらに2018年、オーナーが現在の方に代わり、リニューアルオープンしたそうです。

神楽坂の地で10年以上にわたり、人々に愛されるベーカリーと言えます。

 

コグスダイニングのパンは、数あるパン屋さんの中でも美味しいパンだと思います。

絶品パンを口いっぱいに頬張る幸せを、ぜひ噛みしめてください。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんのお店選びのお役に立てれば幸いです。

コグスダイニングの基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂3-6 三丁目テラス1階

定休日:日曜、第1・第3月曜のディナー

電話番号:050-5457-7433