まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂でお得に平日ビストロランチ!【レ・ピコロ】で牛ハラミステーキなどを堪能!ディナーもGood!

レピコロ ランチ 牛ハラミのステーキ

コロナ禍でランチを始めたお店は多いですが、神楽坂のビストロ「レ・ピコロ」もその一つ。

平日ランチでは、ディナーで頂くような豪華なビストロ料理を、税込1000円から楽しめます。

ランチのお得感は神楽坂の中でも群を抜いており、お近くの方はぜひ行くべき内容です。

 

またディナーもコスパが良く、女性一人でも入りやすいので何度もリピートしています。

この記事では、レピコロへの行き方、ランチメニュー、食べたもの(ランチ&ディナー)、混雑具合などを詳しくご紹介します。

レピコロはこんな方におすすめ

・神楽坂で、女性一人でも入りやすい、おしゃれなビストロ料理を探している

・目でも楽しめる豪華なビストロ料理を、お昼から楽しみたい

・ランチ予算は1000円

 

レピコロへの行き方

東京メトロ各線・飯田橋駅(B3またはB4b出口)から徒歩4分で着きます。本多横丁に入りましょう。

路面からは見えないビルに入っているので、初めて行く時は少し迷うかもしれません。

ビルの入口には、黒い看板が出ているので、これを目印にしましょう。看板を越えて奥まで進むと、レピコロはあります。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924164216j:image

緑色のドアがレピコロです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145212j:image

店内の様子

店内はカウンター席が多く、夜も一人で入りやすいのがポイント。実際、私も夜一人で行ったことがあります。

カウンターからは調理ライブを楽しめるので、一人でも退屈になりません。

この日はオーナーシェフが腕を振るっており、その素晴らしい手際が印象的でした。

レ・ピコロ 店内

店内はコンクリート調で、スタイリッシュな空間です。おそらく在庫管理を兼ねた、瓶のディスプレイもおしゃれ。

どの席でも、おしゃれな気分を味わえます。

 

ランチメニュー

平日ランチは基本的に税込1000円で、前菜(新玉葱のプリン)+サラダ+パン+選べるメインという構成です。

注目したいのは、メイン料理のラインナップ。

仔羊のロースト、鴨肉とピスタチオのパイ包み、鶏胸肉のポルチーニソースなど、ディナーで注文するような本格ビストロ料理が目白押し。

 

平日ランチを実食

ここからは、私が頂いた平日ランチセットの内容をご紹介します。

淡路産玉ねぎのプリン

注文してすぐに、淡路産玉ねぎのプリンが運ばれてきました。

プリンといっても、きちんと料理として成立しています。

玉葱は甘みが強く、程よい塩気、オリーブオイルと見事に調和。

甘塩っぱくてヤミツキになる味は、前菜ながら看板料理と言える美味しさです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145209j:image

一般的なプリンと同じように、食感はトロトロなめらか。

初回訪問ではオリーブオイルが多めでしたが、直近(2022年11月)では、オイルが適量になったように感じました。

オイル控えめになったことにより、淡路産玉ねぎの甘みをよりダイレクトに実感。

人気店ながら、日々アップグレードされているのですね。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145216j:image

自家製はっさくパン

レピコロではパンも自家製です。店員さん曰く「今日はイタリア粉を使った、はっさくのパン」とのこと。

あまり聞き慣れない「イタリア粉」を使ったパンを、1000円のランチで味わえることにバリューを感じます。

イタリア粉は独特の香ばしさがあり、はっさくの甘酸っぱさも感じられます。

食事パンと甘いパンの、良いとこどりな味わい。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145229j:image

パンは1人1個の提供です。小さめなので、正直足りないなと思っていたところw、店員さんから「おかわりいかがですか?」と勧めてくださり嬉しかったです。

別日には、ひまわりの種を使ったパンが登場。

しっとりモチモチしていて、このパンだけでも持ち帰りたくなります。

神楽坂レピコロ ランチ パン

サラダ

レタスや水菜、紫キャベツが入っています。

量がきちんとあり、シャキシャキと鮮度も良く、食材にもこだわっているのが分かります。

ドレッシングがまた美味しく、フルーツのような甘酸っぱいテイストです。

ドレッシングの量もちょうどよく、野菜にほんのり絡むくらいです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145220j:image

牛ハラミのステーキ

ランチは基本的には税込1000円ですが、牛ハラミは+200円になります。

注文して10分後、運ばれてきました。

高級感あふれるプレートに、たっぷりの牛ハラミと、彩り豊かな付け合わせ。

ビジュアルが美しく、めちゃめちゃ豪華。「え⁉ランチですよね⁉」と疑いたくなりますw

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145233j:image

ステーキは弾力があり、柔らかくてジューシーです。

ソースはほんのり和風テイストで、醤油が少し入っていると思います。ソースが濃いめなので、白いご飯にも合いそうw

レピコロ 牛ハラミステーキのアップ

ステーキにかかっている黄色い粒は、ターメリックのクスクスです。

コリッとした食感で、風味も良く、料理全体のアクセントになっていました。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145223j:image

マッシュポテトは、なめらかでホクホク。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145240j:image

下の写真のパイナップルのようなものは、そうめんかぼちゃという野菜だそうです。

繊維が糸状になっているのが特徴で、その見た目から「そうめんかぼちゃ」と言われるそう。

そうめんかぼちゃの右にある赤いものは、ザワークラフト(キャベツの甘酢漬け)です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200924145245j:image

鹿とピスタチオのパイ包み

レピコロの「鹿とピスタチオのパイ包み」は、売切必至の人気メニューです。

鹿肉はジューシーだけども脂っこくなく、旨味がギュッと凝縮されています。

ヘルシーで希少な鹿肉を、大きな口で食べられる贅沢。これが1000円は、毎回信じられません。

また大粒ピスタチオのコリコリした食感が、良いアクセントになっています。

神楽坂レピコロ ランチ 鹿とピスタチオのパイ包み

パイを一口頂くと、バターの贅沢な風味が口いっぱいに広がりました。

生地が分厚く、食べ応え満点。

表面はサクサク、中はしっとりとしていて、パイ生地一つにしてもシェフのプライドを感じるクオリティです。

神楽坂レピコロ 平日ランチ 鹿とピスタチオのパイ包み

レピコロのメイン料理では、付け合わせも名物です。

この日はマッシュポテト、大根のマリネ、ビーツと炊いたクスクスが添えられていました。

どれも一工夫あるもので、価格以上のおもてなしを感じます。

「鹿とピスタチオのパイ包み」は、遅い時間には売り切れてしまうため、目立ての際はなるべく早めに行きましょう。

この日は平日12:00の時点で、ホールで2台置いてありました。

以上、レピコロのランチのご紹介でした。

 

ディナー編

ここからはディナー編をご紹介します。

店名の「ピコロ」とは、イタリア語で「小さい」を意味します。店名通り、料理によってはハーフサイズも対応可能。一人でも、いろいろな料理を楽しめますよ。

サンマのクリームコロッケ

2個680円。一口食べると、サンマの風味が口の中にブワーッと広がります。

さつまいもが入っていたのが驚き。さつまいも×サンマ、意外にも合う!

秋の味覚が詰まった、贅沢なクリームコロッケでした。

レ・ピコロ 秋刀魚のクリームコロッケ

サンマのクリームコロッケ
パテ・アン・クルート

Lサイズ1880円。レピコロに来たら必ず頼みたい一品です!

パテ・アン・クルートとは、お肉のテリーヌをパイ生地で包んだフランス料理。レピコロでは、鴨・豚・フォアグラ・ピスタチオが入っています。

レピコロ パテ・アン・クルート全体

パテ・アン・クルート

1人ならMサイズ(2切れ)で十分。家族4人で行った時は、Lサイズにしてちょうど良かったです。

レピコロ パテ・アン・クルート取り分け

海老のアヒージョ

えびがトロけるように柔らかく、最高のアヒージョでした。

レピコロ えびのアヒージョ

レピコロでは他にも色々な料理があり、食材は時期によって異なりますが、何を食べても美味しいです。

 

混雑具合

ランチは12:00前に満席になることもあります。

ディナーについても、平日でも予約で一杯のことがあるため、ランチ&ディナーともに予約がおすすめです。

●ランチ

・平日13:00に入店し、先客ゼロ。退店13:22までに後客2組。

・平日11:45に行き、空席はカウンター1席のみ(この時点で満席)。その後も常に満席でした。

●ディナー

土曜は行くたびに満席で、平日でも半分くらいの埋まり。

 

まとめ

レピコロはランチもディナーもコスパが素晴らしく、価格以上の美味しさがあります。

特に平日の1000円ランチは、神楽坂の中でもお得感はトップクラスです。

 

接客も良く、友人や家族との食事でも安心して利用できます。

ランチの付け合わせについても、一つ一つ丁寧に説明してくださったり、目を合わせて挨拶してくれたりと、お客さんに対する真摯な姿勢も、リピーターが多い理由かと思います。

 

ちなみに、私は数回ディナーで行った後、ランチに初めて伺いました。

もし、ランチが初訪問だったら「夜も来てみたい!」と感じていたことでしょう。

 

神楽坂で、お得にビストロランチを楽しみたい時や、一人ディナーでもいろいろな料理を味わいたい時は、ぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんの神楽坂ライフのお役に立てれば幸いです。

レピコロ基本情報

最寄駅:飯田橋駅B3またはB4b出口から徒歩4分

住所:東京都新宿区神楽坂4-3-11 神楽坂つなしょうビル1階

営業時間

月~土:11:30~14:00(LO13:30)、18:00~02:00(LO 01:00)

日:11:30~14:00(LO13:30)、17:00~00:00(LO23:00)

定休日:無休

電話番号:050-5593-6770