まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂でワンランク上のビストロ【keke】玉ねぎのタルトなど、目からウロコ級の絶品料理を食べたよ!

神楽坂keke

神楽坂のビストロ「keke」では、オリジナリティあふれる絶品の創作料理を味わえます。

 

kekeの魅力は、なんといっても食材の組み合せが斬新なこと。

たとえばサバ×苺、セロリ×金柑など、驚きのコラボレーションを楽しめます。

 

また、料理が独創的なだけでなく、味も素晴らしいです。

神楽坂にはビストロがたくさんありますが、他店とは一線を画する美味しさだと思います。

 

神楽坂で、アッと驚くほど美味しい料理を食べたい方や、ビストロ通の方におすすめです。

この記事では、私が今まで食べたkekeの料理などを、詳しくご紹介します。

 

 

kekeはこんな方におすすめ

・神楽坂で、秀逸な美味しさのビストロを探している

・食材の組み合わせが斬新な、オリジナリティあふれる料理が食べたい

 

kekeへの行き方

kekeの最寄駅は、飯田橋駅。B3出口から徒歩3分です。

神楽坂通りを早稲田方面に進み、すき焼き店「ますだや」の角で左折。

突き当たりで右折し、直進すると、kekeの入る小栗横丁ビルが左手にあります。

Googleマップでは、kekeの住所は「小栗横丁ビル1階」と書かれていますが、kekeはビルの階段を上った所にあるので「2階」の感覚です。

神楽坂keke 小栗横丁ビル外観

小栗横丁ビル 外観

神楽坂keke入り口

keke入り口

 

店内の様子

店内の席数は、カウンター6席、4名用テーブル3卓。

カウンターとテーブルが隔離されているので、人目を気にせずカウンターで一人飲みできそうですね。

神楽坂keke 店内の様子

 

メニュー

食事メニューは、常時あるものと、季節替わりの料理があります。

今までの経験上、きな粉揚げパンとフォアグラ、玉ねぎのタルト、牛ハラミステーキなどは常時あるようです。

どの料理も大当たりな美味しさですので、その時の直感でどんどん注文して良いと思います。

神楽坂keke メニュー

メニュー(2020年4月)

ドリンクは、ワインが豊富です。グラスで650円~900円。

他にも、生ビールやハイボール、日本酒などもあります。

神楽坂keke ドリンクメニュー

 

食べたもの

ここからは、私が今までkekeで食べた料理をご紹介します。

きな粉揚げパンとフォアグラ(480円)

ブリオッシュ生地の揚げパンに、フォアグラがサンドされています。

その上には、きな粉。周りには、黒蜜ソースがかけられています。

神楽坂keke きな粉揚げパンとフォアグラ

ブリオッシュとは、バターや卵をたっぷり使ったパン生地です。

一口頂くと、ブリオッシュのリッチな味が、口の中にジュワーっと広がります。

揚げてあるので、外はカリッとしています。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200603201237j:image

この「きな粉揚げパンとフォアグラ」は、1個単位で注文できますが、複数人の場合でも1人1個頼むのがおすすめです。

前菜なのに、スペシャリテ級の存在感があり、もっと食べたいと思う美味しさです。

神楽坂keke きな粉揚げパンとフォアグラ

 

前菜3種盛り合わせ(980円)

1名分の量でオーダーしました。前菜の内容は、日によって変わります。

この日の内容は、燻製サバとイチゴ、セロリときんかん、筍と帆立のバジルソース

組み合わせが面白くて驚きましたが、何の違和感もなく、ペロリと平らげました。

一つ一つが、本当に美味しかったです。

神楽坂keke 前菜3種盛り合わせ

 

完熟玉ねぎのタルト(480円)

シェフ曰く、完熟玉ねぎのタルトはkekeの看板メニューだそうです。

運ばれてきた時から、良い香りが漂ってきました。

サックサクのタルト生地にかぶりつくと、甘くソテーされた玉ねぎがトロトロ〜っと出てきます。

大げさではなく、1人で5個ぐらい余裕で食べれる美味しさですw

神楽坂keke 完熟玉ねぎのタルト

 

牛ハラミとポテトフライ(980円)

ハーフサイズで注文しました。

この時は2名で訪問し、他の料理もいろいろ頼んだので、ハーフサイズでちょうど良い量でした。

牛ハラミステーキはビストロの定番料理かと思いますが、kekeの牛ハラミステーキは別格です。

とにかくお肉が美味しいのです。柔らかくて、弾力がすごい。

神楽坂keke 牛ハラミとポテトフライ

さらに衝撃だったのは、ポテトフライ。

サックサクで軽いです。油っこさもなく、手に油がほとんどつきません。

神楽坂keke 牛ハラミとポテトフライ

 

大カキのポワレ 海藻バターソース(1480円)

カキは、殻ごと登場。

私は注文前、カキの身のソテーが出てくるのかと思っていたので、殻付きにはとても驚きました。

殻の中には、カキの身、インゲン、マッシュルームが詰められています。

海藻ソースが爽やかな味で、海にいるような気分になりました。

神楽坂keke 大カキのポワレ 海藻バターソース

 

完熟バナナアイス(480円)

この完熟バナナアイスは、砂糖不使用だそうです。

甘みは、完熟バナナの純粋な甘さのみ。

砂糖を使わなくても、こんなに美味しいアイスクリームになることに驚きました。

上には、きなこと黒蜜がかかっています。

神楽坂keke 完熟バナナアイス

 

清里牛乳プリン(380円)

牛乳プリンは、山梨県の清里高原でとれた牛乳が使われています。

砂糖の量はごく僅かだそうで、甘さはかなり控えめです。

神楽坂keke 清里牛乳プリン

トロトロで美味しいです。

満腹なのに、水を飲むかのようにスルスルと胃に入りますw

神楽坂keke 清里牛乳プリン

以上、kekeで頂いた料理のご紹介でした。

 

まとめ

kekeでは、食材の斬新な組み合せと、想像を超える美味しさを体験できます。

 

kekeに行くと、毎回サプライズの連続です。

まずメニューを見て、食材の組み合せに驚きます。実際に食べて、その美味しさに度肝を抜かれます。

私はkekeに初めて行った時、すっかり魅了されました。その後もリピートしています。

 

また、スタッフさんが料理について丁寧に説明してくださるのも嬉しいです。

料理の構成を理解しながら食べるのは楽しいですね。

keke、本当におすすめです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんのお店選びのお役にたてれば幸いです。

kekeの基本情報

 最寄駅:飯田橋駅B3出口より徒歩3分

住所:東京都新宿区神楽坂2-21-5 小栗横丁ビル2階(階段をのぼる)

営業時間

(月~土)17:00~25:00(LO24:00)、(日・祝)17:00~24:00(LO23:00)

※新型コロナウイルスの影響により、当面の間、オープン時間は15:00になっています。行かれる際は、事前に電話等で確認したほうがよいと思います。

定休日:第一火曜、毎週水曜

電話番号: 050-5456-3740