まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂のアトリエコータがリニューアルオープン!早速行ってきた!

神楽坂アトリエコータ リニューアルオープン

2021年2月4日、神楽坂のスイーツ店「アトリエコータ」がリニューアルオープン!さっそく行ってきました。

 

アトリエコータは、2012年に神楽坂にオープンしたデザート専門店。

その名物は、なんといってもカウンターデザート。 

カウンターデザートとは、シェフが目の前で作る出来たてのデザートです。

自分がこれから食べるデザートの調理過程を、カウンター越しに見ることができます。

作りたての美味しさだけでなく、シェフの調理ライブも楽しめるのが、カウンターデザートの魅力です。

 

この記事では、私がアトリエコータで食べたものや各種メニュー、お店の雰囲気などを詳しくお伝えします。

※情報は執筆当時の内容です。最新情報はWebサイト等をご参照ください。

アトリエコータへの行き方

アトリエコータの最寄駅は、東京メトロ東西線・神楽坂駅。1a出口から徒歩2分です。

神楽坂アトリエコータ外観

アトリエコータ外観

店内の様子

店内は黒や赤を基調とした、大人向けの高級感ある雰囲気。

席数はカウンターが8席、2名用テーブルが2卓、4名用テーブルが1卓。

コート掛け、荷物置きもあります。

アトリエコータ神楽坂 入口から見た店内の様子

入り口から見た店内

カウンターには、2席ごとにパーテーションが置いてあります。

アトリエコータ神楽坂 カウンター奥から見た店内

カウンター奥から見た店内

メニュー

カウンターデザートの内容は、季節ごとに若干異なるので、行く前にお店のWebサイトを確認すると良いです。

レギュラーメニューは、モンブランカシス、ピスタチオとあんずのパフェ。

ブルーチーズのフレンチトーストの有無は要確認です。

神楽坂アトリエコータメニュー

リニューアル後の注目すべき点は、ミニサイズのパフェがあること。

モンブランカシス、ピスタチオとあんずのパフェは、通常の3分の2サイズで頂けます。

価格は1,000円強なので、お財布的にも気軽に味わえますね。

神楽坂アトリエコータ カウンターデザート ミニパフェのメニュー

アトリエコータは虎ノ門にも支店がありますが、チョコパフェは神楽坂限定です。

苺の季節には、苺とミントのパフェ、苺のスフレパンケーキ、苺のグラスロゼなども登場しました。

神楽坂アトリエコータ カウンタースイーツメニュー 神楽坂限定チョコパフェなど

ショーケース内のケーキは、イートイン&テイクアウトともに可能です。

モンブラン、ショートケーキ(各590円)、クラシックショコラ(630円)などがあります。

神楽坂アトリエコータ テイクアウトのケーキメニュー

アトリエコータは、焼菓子も抜群に美味しいので必見です。

クッキー、ブールドネージュ、フィナンシェ、チーズケーキなど。

神楽坂アトリエコータ 焼菓子コーナー クッキー、ブールドネージュなど

クッキー、ブールドネージュなど

神楽坂アトリエコータ 焼菓子コーナー フィナンシェ、チーズケーキなど

フィナンシェ、チーズケーキなど

 

カウンターデザート編

ここからは、私がアトリエコータで食べたものをご紹介します。

モンブランカシス(小)

税込1000円。通常サイズのモンブランカシスが、3分の2になったものです。

内容は、上から順に、シナモン風味のメレンゲ、モンブラン、マロンクリーム、キャラメルソース、ラムアイスクリーム、カシスのシャーベット、タルト。

神楽坂アトリエコータ モンブランカシスのパフェ(ミニサイズ)

てっぺんのメレンゲを取ると、きれいな渦を巻いたモンブランがお目見え。

神楽坂アトリエコータ モンブランカシスのパフェ ミニサイズ

モンブランは、ずっしりと濃厚です。モンブラン食べた~いの気分を、しっかりと満たしてくれました。

隠れたポイントは、パフェの一番下に入っているタルト。サックサクで香ばしく、とても美味しいですよ。

神楽坂アトリエコータ モンブランカシスのパフェミニサイズ モンブランのリフトアップ

今回は「3分の2サイズ」を頂きましたが、私にはちょうどいい量でした。食後のデザートや小腹満たしで食べるなら、2/3サイズでも満足できると思います。

ピスタチオとあんずのパフェ

1590円。モンブランカシスと比べると、こちらの方がさっぱりしています。飲んだ後の〆におすすめ。

飲酒後の〆で食べたので、細かいことは覚えていないのですがw、とにかく美味しくて爆速で完食したことは覚えています('ω')

神楽坂アトリエコータ ピスタチオとあんずのパフェ

苺のスフレパンケーキ

1590円。パンケーキの上には、オレンジ酒のアイス、生クリーム、温かい苺のソースがかけられています

生クリームや苺ソースも、注文を受けてから、目の前で作ってもらえます。

アトリエコータ神楽坂 苺のスフレパンケーキ 上から見た様子

パンケーキは、オーブンでの窯焼き

オーブンから出されたパンケーキは、極限まで膨らんでいました。

オーナーの吉岡シェフが、釜からお皿にヒョイッと移すのですが、その手捌きが本当に華麗でした。パフォーマンスが素晴らしいですね。

神楽坂アトリエコータ 苺のスフレパンケーキ

スプーンを入れてみると、ふわっふわで柔らか~い。その柔らかさは、Twitterにアップした動画でお分かりになるかと思いますw

パンケーキは、見た目はこってりしていますが、苺を生かした上品な甘さです。

口どけなめらかなフレッシュソースが、ふわふわのパンケーキを包みこみ、最高に美味でした。

 

ブルーチーズのフレンチトースト

1400円。構成は、フレンチトースト+ブルーチーズ+蜂蜜。

ロゼ酒のシャーベットまたはバニラアイスも付きます(選択可能)。

神楽坂アトリエコータ ブルーチーズのフレンチトースト 全体

ブルーチーズのフレンチトースト

神楽坂アトリエコータ ブルーチーズのフレンチトースト お口直しのバニラアイス

バニラアイスを選択

フレンチトーストはブリオッシュ生地。超絶しっとりしています。

ブルーチーズのフレンチトースト 断面

ブルーチーズは俗に言う「青カビ臭」ではなく、チーズ好きの鼻をうっとりさせる贅沢な香りです。

チーズソースはサラサラして絶品。思わず、スープのように飲んでしまいましたw

神楽坂アトリエコータ ブルーチーズのフレンチトースト UP

紅茶の生チョコ

こちらはサービスで頂きました。箱詰めした時に、わずかに余ってしまったそうです。

生チョコは、舌のうえで溶けるようになめらか。高級の味がしますw

神楽坂アトリエコータ 紅茶の生チョコ

以上、カウンターデザート編でした。

 

テイクアウト編

ここからは、私がテイクアウトしたお菓子をご紹介します。

サブレ・サレ

6枚入り、650円。

シンプルな塩サブレです。パッケージも高級感があるので、お土産にも喜ばれると思います。

神楽坂アトリエコータ 焼菓子 サブレサレ

めちゃめちゃ美味しいですw

一口目は、サクッとした食感。舌の上で、ホロホロとくずれていきます。

トースターで軽く焼いたら、バターの香ばしさが漂いました。もう、手が止まりませんw

冷やしても、きっと美味しいと思います。

神楽坂アトリエコータ 焼菓子 サブレサレ

原材料は、小麦粉、バター、グラニュー糖、卵黄、塩のみ。添加物は入っていないので、安心して食べられますね。

賞味期限は、購入日から19日後でした。

神楽坂アトリエコータ サブレ・サレ

チーズケーキ

300円。手のひらより小さく(3口サイズくらい)、小腹満たしにちょうど良いサイズ。

チーズが濃厚で、ねっとりしています。ずっしりしたチーズケーキが好きな私としては、好みの味でした。

神楽坂アトリエコータ チーズケーキ

チーズケーキ

神楽坂アトリエコータ テイクアウト チーズケーキ

一番下はタルト生地

ポイントは、紅茶が入っていること。ほんのりアールグレイのような香りがします。

賞味期限は購入日の10日後。日持ちするので手土産にも良さそうです。

神楽坂アトリエコータ テイクアウト チーズケーキ

食べ歩き用モンブランカシス

カウンターデザートの人気メニュー「モンブランカシス」が、食べ歩き用(テイクアウト用)になったものです。税込890円。

フタはないため、持ち帰り時は注意です。

神楽坂アトリエコータ モンブランカシス 食べ歩き用

全長12cmのカップに入っていて、結構ボリュームあります。夕食代わりで満足できました。

神楽坂アトリエコータ モンブランカシス 食べ歩き用 テイクアウト

シュークリーム

税込425円。平日12:00の時点で残り3つ。夕方に通った時には無かったので、取り置きが安全です(※2023年1月現在は、販売休止中)。

アトリエコータのシュークリームは、生クリームとカスタードの二層仕立て。

かぶりつくのが難しいほどクリームたっぷりで、背の高さが特徴的です。

神楽坂アトリエコータ シュークリーム

横から見ると、シュー生地も分厚いのが分かります。

帽子の表面にまぶされた、ナッツのザクザク食感も楽しい。

シューの帽子を取ってみると、きれいな渦を巻いた生クリームがお目見え。

生クリームの下には、バニラビーンズ入りのカスタードクリームが詰まっています。

生クリームもカスタードもたっぷりですが、スッキリした甘さで軽やか。

昔懐かしのシュークリームというよりは、大人向けの洗練されたシュークリームという印象です。

神楽坂アトリエコータ シュークリーム 帽子をとってみた

ラムボール

税込430円。2023年1月に購入しました。

ラムボールとは、スポンジケーキをチョコレートとラム酒で風味をつけ、ボール状にまとめたお菓子。

アトリエコータのラムボールは、チョコがぽってり濃密。

口溶けは生チョコのように滑らかで、今年のバレンタインはこれだなと直感的に思いました。

アトリエコータ神楽坂 ラムボール

チョコの贅沢なコクを感じつつ、甘さは意外にスッキリ。

先ほどランチを食べたことを忘れてしまうほど、食べ心地は軽やかです。

後味にはラム酒漬けレーズンの風味がふんわり漂い、大人のおやつタイムを演出。

神楽坂アトリエコータ ラムボール

以上、アトリエコータのご紹介でした。

 

混雑具合

平日の昼間と夕方は空いていることが多いです。

土日は13:30までに行くのがおすすめ。14時以降は行列しているのをよく見ます。

以下、私が行った時の店内状況です(記録しているかぎり)。

・リニューアルオープン初日(平日)

11時に行き先客ゼロ。退店11:15までに、テイクアウトの後客1組。

・日曜 13:10に入店し、先客2組。退店時13:30には、満席。

・土曜 12:00に入店し、先客ゼロ。

・10周年記念セール(全品20%オフ)の土曜 18:20に行き、店内満席。

 

まとめ

行列ができる有名店なだけあり、とびきりに美味しいです。自然と笑顔がこぼれます。

 

私は混雑が苦手なので、リニューアル前は、アトリエコータには数回しか行ったことがありませんでした。

しかしリニューアルオープンを機に、アトリエコータのスイーツを久々に食べ、その美味しさにハッとしましたw

これからは、足繁く通いたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

お近くの方は、ぜひ行かれてみてください。

アトリエコータ基本情報

住所:東京都新宿区神楽坂6-25

営業時間

●テイクアウト、カフェ→9:00~20:00(LO19:30)

●カウンターデザート→平日11:00~19:30、土日祝10:30~19:30

●売り切れ次第終了

定休日:ホームページで要確認

電話番号:03-5227-4037

※支払いは現金またはクレジットカード。PayPay不可。