まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

【神楽坂観光おすすめ】赤城神社、実は神楽坂に2つある!

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916204709j:image

赤城神社は、神楽坂の有名な観光スポットの一つです。

そのスタイリッシュなデザインから、巷では東京で一番おしゃれな神社とも言われています。

実は、神楽坂界隈に赤城神社は2つあるのをご存知ですか?

 

Googlemapで赤城神社を検索すると、まず出てくるのが神楽坂駅前の赤城神社です。

しかし、赤城神社はもう一つあります。

神楽坂駅前の赤城神社と、もう一つは早稲田の元赤城神社です。

 

赤城神社のホームページによると、赤城神社はもともと早稲田の鶴巻町にあったそうです。

しかしその赤城神社は、1555年に神楽坂駅前に移されました。

この経緯から、鶴巻町の赤城神社を「元赤城神社」と呼ぶそうです。

 

現在も早稲田の元赤城神社は残っており、神楽坂の赤城神社から徒歩15分の所にあります。

 

神楽坂観光の楽しみ方として、神楽坂&早稲田で赤城神社巡りなどいかがでしょうか。

 

この記事では、それぞれの赤城神社の様子や、両社周辺のおすすめグルメもご紹介します。

 

 

この記事はこんな方におすすめ

・神楽坂観光を楽しみたい

・神楽坂の赤城神社と元赤城神社について知りたい

 

赤城神社(神楽坂)

まずは、神楽坂駅1a出口のそばにある赤城神社をご紹介します。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091059j:image

神社のマナーとして、鳥居の前で一礼し、右か左のどちらか端に寄って歩くことが推奨されています。(参照:知っておきたい!正しい神社の参拝マナー

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091110j:image

晴れた日の赤城神社は、よりいっそう美しいです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091116j:image
f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091113j:image

赤城神社に入ると、神社を守る狛犬(こまいぬ)様が出迎えてくださいます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091103j:image

下の写真は、赤城神社の夜のライトアップです。

幻想的な雰囲気です。特に夜は、境内を散歩するカップルをよくお見掛けします。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091046j:image
f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091106j:image

 

赤城神社の御利益

赤城神社のご利益は、商業繁栄・耳の治療・学業成就などがあるそうです。

境内は、赤城出世稲荷神社・八耳神社・葵神社の3つに分かれています。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091048j:image

 

赤城神社おすすめグルメ

赤城神社での一休みには、敷地内にある「あかぎカフェ」がおすすめです。

あかぎカフェでは、パスタやスイーツなどを楽しめます。

私は抹茶のロールケーキミルクレープを頂きました。

カフェですが、ケーキ専門店のような上質な味で、とても美味しかったです。

あかぎカフェ 抹茶のロールケーキ

抹茶のロールケーキ

あかぎカフェ ミルクレープ

ミルクレープ

ちなみにあかぎカフェは、神楽坂の人気イタリアン「ソプラアクア」のオーナーシェフが監修しています。

 

元赤城神社(早稲田)

赤城神社の前身である「元赤城神社」は、鶴巻町の住宅街に突然現れます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090727j:imagef:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090704j:image

下の写真は、狛犬様です。神楽坂の赤城神社の狛犬様とは違った表情をしていますね。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090717j:imagef:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090639j:image

 

地域文化財「田島森碑」

元赤城神社の境内には「田島森碑(たじまのもりひ)」という碑文があり、新宿区の地域文化財にも指定されています。

よく見ると、縦書きで碑文が書かれているのです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090711j:image

この碑文の内容は、1300年に、現在の群馬県にあたる地域から有力武士が、当時「田島の森」と呼ばれていたこの鶴巻町に移住し、故郷の赤城明神を祭ったという歴史が記されています。(参照:新宿観光振興協会

その後1931年に、この「田島森碑」が作られたそうです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090653j:image

 

神崎の牛牧

元赤城神社の敷地内には、「神崎の牛牧」という説明板もありました。

これによると、かつて鶴巻町は牛が飼われていたことから「牛込」という地名だったそうです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090650j:image

 

元赤城神社おすすめグルメ

元赤城神社の近辺で食事をするなら、「鮨 笹屋」がおすすめです。元赤城神社から徒歩1分の場所にあります。

鮨笹屋は戦前から続くお寿司屋さんです。

笹屋 外観

私はちらし(並、1500円)を頂きました。

マグロが分厚くて美味しかったです。

笹屋 ちらし(並、1500円)

ちらし(並、1500円)

メニューはタッチパネルです。老舗でありながら、近代的なシステムです。

鮨笹屋 メニューはタッチパネル

 

ちなみに鶴巻町周辺は、昔ながらの雰囲気がのこる町並みです。

鶴巻町のお散歩もぜひ楽しまれてみてください。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090723j:image

 

赤城神社めぐりをしよう!

同じ「赤城神社」ですが、神楽坂の赤城神社、早稲田の元赤城神社では違う雰囲気があります。

歴史を感じつつ、ご利益をたくさん頂きましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんの神楽坂満喫ライフのお役に立てれば幸いです。