まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

【神楽坂観光おすすめ】赤城神社、実は神楽坂に2つある!

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916204709j:image

神楽坂といえば、赤城神社が有名ですよね!

実は、神楽坂界隈に赤城神社は2つあるのをご存知ですか?

 

私神楽坂に長く住んでいますが、失礼ながら存じ上げず…初めて知ったときは衝撃でした!

神楽坂駅前にある「赤城神社」と、もう一つは早稲田にある「元赤城神社」です!

 

赤城神社のホームページによると、もともと早稲田の鶴巻町にあった元赤城神社を、1460年に牛込に遷し→1555年に現在の神楽坂に遷したそうです。

 

「遷した」と言っても、早稲田の元赤城神社はしっかり残っていますよ!

神楽坂の赤城神社から、徒歩15分の所にあります。

 

次の休日は、神楽坂&早稲田で赤城神社巡りなんていかがでしょうか♪

 

この記事では、神楽坂の赤城神社&早稲田の元赤城神社についてお伝えしつつ、両社周辺のおすすめグルメもご紹介します!

 

 

この記事はこんな方におすすめ

・神楽坂観光を楽しみたい

・神楽坂に赤城神社が2つあるのは知らなかった!

 

赤城神社(神楽坂)

こちらはお馴染み、神楽坂駅1a出口のすぐそばにある赤城神社です!

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091059j:image

鳥居の前で一礼し、参道は右か左のどちらか端に寄って歩くのが神社のマナーだそうです。

(参照:知っておきたい!正しい神社の参拝マナー

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091110j:image

赤城神社はスタイリッシュでお洒落な神社としても有名です。

晴れた日はよりいっそう美しいですね!

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091116j:image
f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091113j:image

神社を守る狛犬(こまいぬ)様が出迎えてくださいます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091103j:image

夜のライトアップも幻想的で素敵です♪

夜はお散歩してるカップルをよくお見掛けします。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091046j:image
f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091106j:image

 

赤城神社の御利益

神楽坂の赤城神社には、赤城出世稲荷神社・八耳神社・葵神社の3つが並んでいて、それぞれ商業繁栄・耳の治療・学業成就などのご利益があるそうです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916091048j:image

 

赤城神社周辺おすすめグルメ

赤城神社の敷地内にある「あかぎカフェ」がおすすめです♪

私は抹茶のロールケーキミルクレープを頂きました。

あかぎカフェ 抹茶のロールケーキ

抹茶のロールケーキ

パティスリーで頂くような上質な味で、とても美味しいです!

それもそのはず、あかぎカフェは神楽坂の人気イタリアン「ソプラアクア」のオーナーシェフさんが監修しているそうです。

あかぎカフェ ミルクレープ

ミルクレープ

神社で一休みしたい時は、あかぎカフェの美味しいスイーツで癒されましょう!

 

元赤城神社(早稲田)

赤城神社の前身ともいえる、早稲田・鶴巻町の「元赤城神社」は、住宅街に突然現れます。

神楽坂の赤城神社からは徒歩15分で行けます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090727j:imagef:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090704j:image

下の写真は、狛犬様です。神楽坂の赤城神社の狛犬様とは違った表情をしていますね。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090717j:imagef:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090639j:image

 

地域文化財「田島森碑」をチェック!

境内にある「田島森碑(たじまのもりひ)」は、新宿区の地域文化財にもなっています。

よく見ると、縦書きで碑文が書かれています!

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090711j:image

この碑文の内容は、今から720年前の1300年、当時「田島の森」と呼ばれていたこの鶴巻町に、現在の群馬県にあたる地域から有力武士が移住してきて、故郷の赤城明神を祭ったという歴史が記されているそうです。

(参照:新宿観光振興協会

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090653j:image

その後1931年に、この「田島森碑」が作られたそうです。

第二次世界大戦前からのこっている、貴重な文化財ですね。

 

「神崎の牛牧」から地名の由来を学ぶ

さらに、「神崎の牛牧」という説明書きがありました。これによると、かつて鶴巻町は牛が飼われていたことから「牛込」という地名だったそうです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090650j:image

一体、どういう経緯で牛の町(牛込)から鶴の町(鶴巻町)になったのか気になります。

鶴巻町の地名の由来や歴史については、今度詳しく調べてみたいと思います!

 

元赤城神社周辺おすすめグルメ

元赤城神社から徒歩1分の場所にある「鮨 笹屋」がおすすめです。

戦前から続くお寿司屋さんで、先ほどの「田島森碑」に続いて歴史に浸ることができます。

笹屋 外観

ちらし(並、1500円)を頂きました。

マグロが分厚くて美味しかったです。

笹屋 ちらし(並、1500円)

ちらし(並、1500円)

メニューがタッチパネルでワクワクします♪

鮨笹屋 メニューはタッチパネル

 

ちなみに元赤城神社がある鶴巻町は、昔ながらの雰囲気がある町並みですが、イイ感じのカフェが突如現れたりします。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090723j:imagef:id:ponpokotanukinodaibouken:20200916090714j:image
鶴巻町のお散歩もぜひ楽しまれてみてください♪

 

赤城神社めぐりをしよう!

同じ「赤城神社」ですが、神楽坂の赤城神社、早稲田の元赤城神社では違う雰囲気がありますね!

 

次の休日は、ぜひ神楽坂で赤城神社めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ご利益をたくさん頂き、歴史を感じながら、神楽坂を楽しみましょう!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんの神楽坂満喫ライフのお役に立てれば幸いです♪