まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂でフランス菓子食べ歩き【ぼんりびえーる】【オーメルベイユドゥフレッド】

神楽坂フランス菓子食べ歩き ぼんりびえーる オーメルベイユドゥフレッド

神楽坂はフレンチ激戦区ですが、フランス菓子のお店も多くあります。

駅前にはフランス菓子店が2、それも隣同士で立ち並んでいるのは、神楽坂ならではの光景でしょう。

その2店は、「ぼんりびえーる」、「オーメルベイユドゥフレッド」。

 

フランス菓子というと、すごく甘そう、重たそう等のイメージがあるかもしれません。

しかし、両店のスイーツは上品な甘さ・しゅわっと溶ける軽い食感が特徴です。

サイズもやや小ぶりなので、食べ歩きにもぴったりです。

 

この記事では、ぼんりびえーる、オーメルベイユドゥフレッドのメニュー、実食レビュー、混雑具合、両店の特徴などを詳しくお伝えしていきます。

この記事はこんな方におすすめ

神楽坂ならではの、上品なフランス菓子を楽しみたい

・神楽坂でスイーツ食べ歩きがしたい

 

両店の基本情報

まずはぼんりびえーる、オーメルベイユドゥフレッドの場所を確認しましょう。

東京メトロ東西線・神楽坂駅1a出口、目の前にあります。

先述したように、2軒とも隣同士で並んでいます。

神楽坂 ぼんりびえーる オーメルベイユドゥフレッド

隣同士で立ち並ぶ
ぼんりびえーる
住所 東京都新宿区矢来町107
営業時間 10:00~20:00
定休日 水曜+不定休
電話番号 03-3260-2488
Aux merveilleux de Fred
住所 東京都新宿区矢来町107
営業時間 テイクアウト:9:00~20:00(日曜は19:00)
イートイン:11:00~20:00(日曜は19:00)
定休日 無休
電話番号 03-5579-8353

それでは、ぼんりびえーる、オーメルベイユドゥフレッドそれぞれを詳しくご紹介します。

ぼんりびえーる

ぼんりびえーるは1998年、江戸川区・船堀にてオープン。

2013年に神楽坂に移転し、長年愛され続けるフランス菓子店です。

ベーキングパウンダーなどの添加物は不使用、安心なスイーツを楽しめるのも特徴です。

店内はテーブルが10席分ほど、テラス席が3卓あります。

 

メニュー

フランス菓子と言っても、モンブランやチーズケーキ、ガトーショコラなど、日本でもお馴染みのケーキが多くあります。

他、日本酒を使ったムースやババロアなども多数。ケーキの価格は400~500円ほどです。

※ぼんりびえーるでは、ショーケースの撮影は禁止されているので、実際に行って悩みましょう('ω')

ドリンクメニューはこちらです。

コーヒーは9種類、紅茶はなんと18種類もあります。

ケーキと一緒に頼むと、ドリンクは50円引きになります。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201001193702j:image

注文の流れは、①レジで注文→②席をとる→③食後にお会計(レジに伝票持参)というフローになります。

スフレ・フロマージュを実食

私が食べたのは、スフレ・フローマジュ(2層のチーズケーキ)。税込490円。

ドリンクはイタリアンブレンドコーヒーを選択。

コーヒーは単品520円ですが、ケーキと一緒に頼んだので470円になりました。

とても可愛いテーブルセットで登場です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201001193602j:image

チーズケーキの表面は、キャラメルでコーティングされています。

この部分が結構甘い。と思いきや、中のチーズはスッキリした甘さです。

甘い×スッキリの、バランスのとれたチーズケーキ。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201001193609j:image

一般的なチーズケーキは、割と重たくて、チーズ臭があるかと思います。

しかし、ぼんりびえーるのチーズケーキは、一口目はふわぁ~っと、口の中でシュワーッと溶けていく感覚です。

チーズのすっきりした甘み、酸味が口いっぱいに広がります。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201001193557j:image

サイズは直径7cm×5cmくらいで、小ぶりです。

軽いので、もう1個くらい食べられそうw

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201001193606j:image

ぼん・りびえーる イタリアンブレンドコーヒー

コーヒーも本格的な味わい

ドリンクセットには、マカロンが付いてきます。

マカロンといえばフランス、フランスといえばマカロン。

ハートの形がとても可愛いですよね。

神楽坂 ぼんりびえーる マカロン

ピンク色の正体はイチゴ
桃のババロアを実食

2022年7月に行った際、桃のババロアを頂きました。税込600円。

久々に食べて実感したのは、ぼんりびえーるのスイーツは甘さが上品、軽いということです。

実は桃のババロアを頂く前、別の店でもデザートを食べたのですがw、それでもペロリと完食。

それほどに、ぼんりびえーるのスイーツは軽くて美味しいのです。

神楽坂ぼんりびえーる 桃のババロア

桃がツヤツヤに輝いています

ケーキの構成は、桃+ババロアを、横からスポンジ生地で挟むというもの。

スポンジは、舌の上でシュワシュワッと溶けていく軽い生地です。

ババロアクリームは甘さ控えめで、(もはや飲めそうなほど)なめらかな食感。

桃のジューシー感と、スポンジやババロアの軽い口どけが一体化する瞬間は、思わず目を閉じてしまう美味しさでした。

 

混雑具合

私が伺ったのは平日14:15で、退店14:35まで他にお客さんはゼロでした。

土日の昼間は、店内&テラスともに満席になっているのをよく見ます。

2022年7月訪問時(日曜15:00)は、猛暑の影響か、店内は先客2組で普通に入れました。

以上、ぼんりびえーるのご紹介でした。

それでは、もう一つのフランス菓子店「オーメルベイユドゥフレッド」をご紹介していきます。

 

オーメルベイユドゥフレッド

オーメルベイユドゥフレッドは、フランスに本店をかまえるスイーツショップです。

神楽坂には2020年6月にオープン。記念すべき日本1号店が、ここ神楽坂店になります。

神楽坂オーメルベイユドゥフレッド 外観

土日はいつも混みあう人気店
メニュー

店名にもある「メルベイユ」とは、メレンゲとホイップクリームで作るフランスの伝統菓子の一つです。

お店には、6種類のメルベイユがあります。

商品名
メルベイユ チョコレート
ピンク エキセントリック チェリーホイップ
サンキュロット キャラメルホイップ
アンクロワヤブル ホワイトチョコ
薄茶 アンパンサブル コーヒー
薄茶 マニフィック プラリネホイップ

価格は税込330円です。

ショーケースには、色とりどりのメルベイユがずらりと並びます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201002143324j:imagef:id:ponpokotanukinodaibouken:20201002122942j:image

コーヒーは450円から、紅茶は500円からあります。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201002123000j:image

メルベイユを実食

私が食べたのは、「メルベイユ」税込330円。

外はダークチョコチップでコーティングされ、中にはメレンゲとホイップクリームが詰まっています。

メレンゲとは、卵白を泡立てて作ったものなので、とても軽いです。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201002122952j:image

一口目はサックリとした食感。

ホイップクリームがふわんふわんに柔らかいです。

メレンゲが口の中でホロッと溶けていきます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201002122955j:image見た目はコッテリ甘そうですが、想像していたより上品な甘さでした。

大きさは2~3口サイズなので、食べ歩きにも良いかと思います。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20201002122947j:image

自家製アイスクリームを実食

オーメルベイユドゥフレッドでは、自家製アイスをテイクアウトできます。

フレーバーは4種類で、チョコ、バニラ、シナモンクッキー、季節替わり。

シングルは470円、ダブル780円、自家製コーン付きは60円です。

神楽坂オーメルベイユドゥフレッド 自家製アイスクリーム メニュー

私はバニラを頂きました。

バニラは真っ白ではなく、ほんのり黄色。おそらく、卵がたっぷり使われているのかなと思います。

神楽坂 オーメルベイユドゥフレッド アイスクリーム

コーンはワッフルのように柔らかいタイプです。

焼きたての香りがするのも、自家製ならでは。

サイズはやや小ぶりなので、しっかりめのランチ後でも美味しく食べきれました。

神楽坂オーメルベイユドゥフレッド 自家製アイスクリーム

混雑具合

平日16:00に入店。2階はほぼ満席でしたが、3階は空席多数でした。

土日は店の外まで行列ができていますが、平日の午前中は並ばないことが多いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ぼんりびえーる、オーメルベイユドゥフレッドの共通点は、上品な甘さ・軽いくちどけ・小さめサイズと言えるでしょう。

逆に、両店の違いを以下にまとめました。

  ケーキの系統 客層
ぼんりびえーる クラシック 大人・男女問わず
オーメルベイユ いまどき 若い女性

 

フランス菓子の食べ歩きなんて、神楽坂ならではの楽しみ方だと思います。

両店とも異なる味わいがありますので、ぜひ行かれてみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも、みなさんの神楽坂ライフのお役にたてれば幸いです。