まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

飯田橋の欧風家庭料理【ワインバー蓮】は通いつめたい大人の隠れ家

飯田橋「ワインバー蓮」は、欧風家庭料理とワインを楽しめる大人の隠れ家。

オフィス街の喧騒を忘れて、しっぽりと優雅な食事を満喫できます。

 

ワインバーですが、料理も抜群に美味しいのが特長です。

料理はフレンチやイタリアンを基本とする幅広いメニューで、真心を感じる丁寧な味わい。

ワイン好きの方だけでなく、一食を大切にしたいグルメな方も、きっと大満足できる美食が待っています。

 

お店はまさに大人の隠れ家。飯田橋の大通りとは思えないほど落ち着いた空間で、女性一人でも居心地よく過ごせます。

またマダムの温かいお人柄も、行きつけにしたくなる魅力の一つです。

 

この記事では、ワインバー蓮への行き方、メニュー、ランチで食べたもの等を詳しくご紹介します。

ワインバー蓮はこんな方におすすめ

・飯田橋で、女性一人でも入りやすいワインバーを探している

・大人の隠れ家で、真心こもった欧風料理とサービスに心癒されたい

・お酒だけでなく、料理のクオリティも重視

 

ワインバー蓮とは

ワインバー蓮は2017年開店。 「大人のための遊び場」をコンセプトとし、落ち着いた雰囲気でゆったりと食事を楽しめるお店です。

オーナーのマダムはこれまでに、懐石料理店、ウェディングレストランなど、さまざまな飲食業で経験を積んだ方。

ワインバー蓮では、食事のジャンルとして欧風家庭料理を掲げています。 

これには「家であまり作らない、手間のかかる料理を気軽に食べてほしい」という思いがあるそうです。※参考:開店ポータル

ワインバー蓮では、マダムの経験やセンスが光る、丁寧で上質な欧風家庭料理を楽しめます。

 

ワインバー蓮への行き方、営業時間

ワインバー蓮の最寄駅は、東京メトロ各線・飯田橋駅。A5出口から徒歩2分です。

お店は大通り(目白通り)沿いにありますが、ビルの2階かつ大きな看板もないため、通り過ぎないように注意しましょう。

1階の「LUPIN」という赤い屋根のスナックが目印になります。

飯田橋 ワインバー蓮 外観

LUPINに向かって左手に、エル千代田ビルの階段があります。

この赤い階段で2階へ上ると、右手にワインバー蓮があります。

飯田橋 ワインバー蓮

ワインバー蓮の入口は、マンションの一室といった印象で、かなりの隠れ家感があります。

黒い扉が閉まっており、ミステリアスな雰囲気。

ワインバー蓮 飯田橋 外観

ワインバー蓮の基本情報
住所 東京都千代田区飯田橋4-5-16 エル千代田2F
営業時間 昼 12:00~13:30(LO13:00)
夜 18:00~22:00(LO21:00)
定休日 土日祝、月曜ランチ+不定休
電話番号 03-6261-6090

※ランチについては、月曜以外でも休む日があります。ランチ営業をしない日は、Instagramで発表されるので要チェック。

 

店内の様子

お店に入ると、おしゃれなワイングラスがズラリと並びます。

普段バーに行かない私は緊張しましたが、マダムが笑顔で迎えてくださり、ホッと一安心。

店内は縦に長いレイアウトで、カウンターが5席、テーブルは6名分(4名用・2名用が1卓ずつ)あります。

お店は黒とボルドーを基調とした、まさに大人のための空間。

テーブル席でもキッチンとの距離が近く、マダムに声をかけやすいです。

奥から見た店内の様子

 

メニュー

ランチでは、季節替わりのメイン(2022年11月は具だくさんスープ)、ラザニア、パスタ、サラダなどがあります。

一応「ランチのおすすめ」と書かれていますが、マダム曰くランチとディナーの区別しておらず、ランチでもディナーメニューの注文が可能です。

飯田橋 ワインバー蓮 ランチメニュー

ディナーメニューはこちらです。

前菜は600円~1,500円と、手軽に注文できる価格が嬉しい。

定番系もありますが、オリジナリティあふれる料理が多い点にも注目です。

特に「蝦夷鹿とプルーンのテリーヌ」「パテ最中」「クジラのタルタル」「マッシュパンプ金時」には大変興味をそそられます。

飯田橋ワインバー蓮 メニュー 前菜など

パスタは8種類。ポモドーロ、ペペロンチーノ、アマトリチャーナ、ゴルゴンゾーラのクリームソース、ラザニアなどがあります。

個人的には「ワイン屋のミートソース」「黒いミートソース」が気になります。ワインバーならではの味が楽しめそうですね。

お肉料理は鶏バーグ、鴨肉のソテー、ポルケッタ。

特に「鶏バーグ」は、パン粉などの繋ぎを使わず、鶏モモ肉を100%使用。醤油ベースのさっぱりとした味つけだそうです。

飯田橋 ワインバー蓮 ディナーメニュー

 

食べたもの

ここからは、私がランチタイムで頂いたものをご紹介します。

ミートボールの白ワインクリームスープ

ランチメニューから、「ミートボールの白ワインクリームスープ」を注文。

自家製パン付、税込1,500円です。

注文して10分後、おしゃれな黒い土鍋で登場。

マダムが目の前でフタを開けてくれる、素敵なパフォーマンスにも心躍ります。

フタが開いた瞬間、ふわっと湯気がたち、クリームスープの芳醇な香りが漂いました。

飯田橋 ワインバー蓮 ランチ ミートボールの白ワインクリームスープ

クリームスープは野菜たっぷり!表面から底まで、野菜がぎっしりと入っています。

具材は白菜、まいたけ、にんじん、ブロッコリー、プチトマト、しめじなど。

一つ一つがゴロッと大きめサイズで、野菜だけでもお腹いっぱいになります。

白菜をフォークとナイフで切って食べたり、大きな舞茸をスプーンで豪快に食べたりと、さまざまな食べ方で楽しみました。

飯田橋 ワインバー蓮 ランチ クリームスープ

お店が「欧風家庭料理」と謳うように、クリームスープは丁寧で優しい味つけ。

しかし、ただの家庭料理ではなく、洗練された奥深い味わいが光ります。

そして野菜のこんがりとした焼き色には、食欲をそそられました。

焼くことにより引き立つ野菜の旨味や香ばしさが、ミルクスープの上品な味に溶け込み、今まで食べたスープの中でもトップ級の絶品でした。

飯田橋 ワインバー蓮 ランチタイム

野菜だけでも大満足ですが、ミートボールのボリュームがすごい!

豚挽肉のミートボールは、一口では食べきれないほどの大きさで、4個も入っています。

挽肉の粒にクリームスープが馴染み、噛んだ瞬間にジュワッと広がるミルク感、豚の旨味がたまりません。

マダム曰く「熱いので、カップによそいながら食べるといいですよ」とのことで、取り分け用のカップを出してくださいました。

細やかな気配りにキュンキュンしながら、ミニスープにして堪能。

飯田橋 ワインバー蓮 ランチタイム 

 

自家製・全粒粉パン

クリームスープに付いてくる、自家製の全粒粉パンも本当に美味しいです。

こんもりとした丸い姿が可愛い。背が高く、縦にも横にもふっくらと伸びています。

飯田橋 ワインバー蓮 ランチ 自家製全粒粉パン

手で割ってみるとホカホカとした感触があり、食べる前から期待値が上がります。

口に入れると、小麦の甘さがきちんとあり、全粒粉の香ばしさも感じられました。おそらく、小麦と全粒粉のバランスが絶妙なのだと思います。

しっとり柔らかな食感で、このパンをお腹いっぱい食べたくなるほど美味しい。

飯田橋 ワインバー蓮 ランチ

ほおずき

お口直しのサービスで、ほおずきを頂きました。

ほおずきというチョイスや、和風の素敵なお皿に、懐石料理店で経験を積んだマダムのセンスを感じます。

以上、ワインバー蓮のご紹介でした。

 

混雑具合

平日12:50に入店し、先客ゼロ。ラストオーダーは13:00のため、退店までお客さんは私のみ。

 

まとめ

ワインバー蓮では、大人の隠れ家な空間で、真心こもった丁寧な欧風料理を味わえます。

ワインだけでなく料理を重視したいグルメな方も、きっと大満足の美食があります。

 

料理は丁寧な味つけで、まさに「家庭料理」のような心に染み渡る美味しさがあります。

優しい味の中にも、どこか洗練されたテイストがあり、マダムの懐石料理店やホテルでの修行が垣間見えます。

 

通いたくなるポイントとしては、大人の落ち着いた空間、美味しい料理、そしてマダムのお人柄。

優しさあふれる対応に、終始幸せな気持ちになりました。

 

飯田橋の喧騒を離れて、しっぽりと大人の美食時間を楽しめる、唯一無二のワインバーです。

最初は緊張するかもしれませんが、アットホームで心温まる空間がそこにあります。

お近くの方はぜひ。最後までお読み頂き、ありがとうございました。