まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

飯田橋のうどん新勢力【東京サンフラワー】が超おすすめ!その理由とは

飯田橋 東京サンフラワー

飯田橋の「東京サンフラワー」は、2020年11月7日にオープンしたうどん専門店。

うどんは約400円にも関わらず、その安さからは考えられないほどクオリティが高いです。

 

特注のうどん粉を使用し、毎日店内で製麺しているため、確実に美味しいうどんを味わえます(市ヶ谷経済新聞)。

一度行けばリピート必至、超おすすめのうどん屋さんです。

 

この記事では、東京サンフラワーの行き方、各種メニュー、食べたもの、混雑具合などを詳しくお伝えしていきます。

この記事はこんな方におすすめ

・飯田橋で、コシの強い絶品うどんと天ぷらをお腹いっぱい食べたい

・ランチ予算は500~700円

 

東京サンフラワーへの行き方

JR中央線「飯田橋駅」西口から徒歩2分。

早稲田通りを九段下方面に進むと、左手に東京サンフラワーが見えます。

飯田橋 東京サンフラワー

東京サンフラワー外観

水色のポップな外観が特徴です。

社長さんがサーフィン&ひまわり好きとのことで、その要素が垣間見えますw

飯田橋 東京サンフラワー

店内の様子

店内は立ち食いカウンターが12席と、イス付きが4席あります。

カウンター席は調理場前と、壁側に分かれています。

調理場前の席は、音が結構ダイレクトに聞こえるので、壁側の席がおすすめです。

飯田橋 東京サンフラワー

奥から見た店内

飯田橋 東京サンフラワー イス

イスあり席

お水は各席に常備。

紙コップは食券機の横またはイス席の横にあります。

飯田橋 東京サンフラワー

遊び心あふれる店内

入店後の流れ

①入店後、まずは手を洗うルールです。手洗い場はお店に入ってすぐ左にあります。

②その後、券売機で食券購入。自動的に厨房にオーダーが通るため、食券を店員さんに渡す必要はありません。

③購入後、席を確保し、提供コーナーでうどんを受け取ります。その際、生姜と天かすを入れるか聞かれますので決めておきましょう!

 

メニュー

うどんは主に4種類で、しょうゆ・ぶっかけ・かけ・日替わり。

2022年7月現在、しょうゆうどんは350円、ぶっかけうどん、かけうどんは390円。

天ぷらセットはどれも630円以下と、リーズナブル。

飯田橋 トウキョウサンフラワー メニュー

店頭のイラスト付きメニュー

飯田橋 東京サンフラワー

日替わりメニュー

単品の天ぷらも充実しています。

※下の価格表は、2022年7月時点です。

鶏天、ちくわ天、えび天、味玉天、野菜3種、じゃこ天、揚げなす、阿波尾鶏ささみ天などがあります。

飯田橋 東京サンフラワー 天ぷらメニュー

天ぷらメニュー

券売機はこんな感じです。

※写真は2022年4月時点。8月現在、20円~値上げしています。

各メニューごと(しょうゆ・ぶっかけ・かけ・日替わり)、縦2列ずつに分かれています。

東京サンフラワー飯田橋 券売機

券売機の一番左「しょうゆうどん」の列が見づらいので、文字に起こしましたw↓

東京サンフラワー飯田橋 券売機メニューうどんは標準240gとのこと。

クラワカ.comによると、生うどん240gは241kcalだそうなので、ダイエット中でも安心して食べられますね。

ちなみに市販の冷凍うどんは200gなので、それより少し多いくらいのボリュームです。

 

食べたもの

醤油うどん(冷)

醤油うどん(税込350円)に、大根おろしを追加(40円)。ねぎと生姜はもともと付きます。

東京サンフラワー飯田橋 しょうゆうどん

うどん本来の風味や甘みがあり、衝撃的にクオリティが高いです。

コシが強く、うどん一本一本がしっかりしていて、持ち上げた時に重みを感じました。

固茹でとかではなく、ちゃんとコシがあるのです。

この醤油うどんはツユがないので、コシや風味をより強く感じられたのかもしれません。

東京サンフラワー飯田橋 しょうゆうどん

喉にツルツルと入っていき、噛む時はモチモチした弾力があります。

喉に入ってから飲みこむまで、その一瞬一瞬が最高でした。

東京サンフラワー飯田橋 しょうゆうどん

卓上の醤油がまた美味しいので、ぜひ使ってみてください。ほんのり甘くて、尖ってないんです。

東京サンフラワー飯田橋

この醤油は、丸尾醸造所の「マルオうま味醤油こいくち」だそうです。

1Lで1020円と、結構良いやつ!これをセルフで使えるのは嬉しいですね。

ちくわ天&アスパラ天

ちくわ天は税込120円。さらにサービスでアスパラ天を頂きましたw

ちくわ天の正式メニュー名は「観音寺ちくわ天」なので、もしかしたら香川県観音寺市から取り寄せたものかもしれません。

東京サンフラワー飯田橋 ちくわ天、アスパラ天

ちくわは1本のハーフサイズなので、ボリュームはそこまで感じませんでした。

このお店では、普通にお腹空いてるなら、天ぷら2個(+サービスで1個)くらいがちょうど良い気がします。

東京サンフラワー飯田橋 ちくわ天

他のお客さんも天ぷらをサービスされていたので、天ぷら1個無料は基本体制っぽいです。サービス分を逆算して天ぷらを買うのが良さそうですねw

東京サンフラワー様、気前良すぎます

醤油うどん(温)+揚げなす

醤油うどんを「温」で注文(350円)。

火が通っているため、前回食べた「冷」よりも麺が細く、柔らかめです。

太麺の食感や、より強いコシを味わいたい時は「冷」のほうが良いかもしれません。

別途、揚げなす(160円)&大根おろし(40円)を追加。さらにサービスでれんこん天を頂きました!

東京サンフラワー 飯田橋 しょうゆうどん 揚げなす れんこん天

こんなに食べても530円

揚げなすには細かい切り込みが入っています。

その切り込みから、ジュワッとした食感が広がります。

なすは油を吸いがちですが、重たくなくて良かったです。

東京

気まぐれ(合挽そぼろ+サラダ)

2022年5月8日。この日の気まぐれ(日替わり)は、醤油うどんに合挽そぼろ、サラダ菜、トマト、きゅうり、生卵が入ったものでした。

価格は税込630円。

私が同店でいつも食べるのは、330円の醤油うどん。それより300円高級wですが、その理由も納得のボリューム。

飯田橋 東京サンフラワー 気まぐれSFうどん

今回初めて気まぐれうどんを食べましたが、うどん以外の食材も、きちんと作っているのが分かりました。

合挽そぼろはしっかりと甘辛くて、うどんによく合う。箸が加速!w

野菜もみずみずしくて良かったです。

東京サンフラワー飯田橋 気まぐれうどん+かぼちゃ天

かぼちゃ天はサービス
ぶっかけうどん+鶏天

2022年6月に再訪。

ぶっかけうどん(390円)に、鶏天(120円)を追加。

サービスで頂いたかぼちゃ天は、天ぷら単品メニューには載っていないので、レア感あります。

飯田橋 東京サンフラワー ぶっかけうどん

このボリュームで510円

お出汁は少々濃いめで、いりこの風味を強く感じます。とても美味しい!

これくらい出汁がきいていると、淡泊なうどんでも、空腹が満たされるものだなと思いました。

東京サンフラワー 飯田橋 ぶっかけうどん

鶏天の部位は、もも肉。

胡椒がきいていて、ややスパイシーです。

和食の天ぷらというよりは、洋のフライドチキンに近いなと思いました。

飯田橋 東京サンフラワー 鶏天、かぼちゃ天

鶏天(120円)+かぼちゃ天(サービス)
かけうどん等

先述の「ぶっかけうどん」とは異なる、「かけうどん」をオーダー。

名前が似ているので迷いがちですが、「ぶっかけ」は濃口だし、「かけ」はスッキリと淡麗な味です。

飯田橋 トウキョウサンフラワー かけうどん

かけうどん+ちくわ天+舞茸天(サービス)

 

醤油うどん・かけうどんの比較

ここからは、醤油うどん・かけうどんの違いを、麺の太さ、ボリューム感の観点で記録していきます。

醤油うどんは出汁がない分、麺が太くてコシが非常に強いです。

一方、かけうどんは出汁がかかっているので、麺が水分を吸い、醤油うどんよりは細めです。

より強いコシと太麺を味わいたい時は、醤油うどんがおすすめ

また、醤油うどんは「本当に標準量240gなのか⁉」と思うほど、かなり多く感じます。

しかし、かけうどんを食べた時は標準量だなと思いました。

おそらく、醤油うどん(出汁なし)は、すするというよりは咀嚼するため、また麺が水分を吸っていないので、標準量以上に感じるのかなと分析。

そのため、あまり空腹でない時に醤油うどんを食べる場合は、小盛で注文しようと思います。

 

混雑具合

平日休日、また時間帯問わず、混雑前提で行きましょう。

特に暑い時期は、うどん需要がより高まるので、ピークタイムを避けるなどの対策が必要かと思います。

ただし、立ち食いなので回転は早いです。

これまでの訪問日時と混雑具合を、下記のとおり記録しています。

●2022年4月、晴れの土曜12:50に行き、先客7名。13:05には店内5名。

●晴れの日曜13:30もかなり混雑

●晴れの平日13:00、空席ちらほら。13:15には満席、外でウェイティング発生。

●晴れの平日11:00過ぎ、半分ほどの埋まり。11:20には半数以上の埋まり。

 

まとめ

東京サンフラワーでは、コシの強い絶品うどんを最安330円で食べられるので、奇跡のコスパと言っても過言ではないでしょう。

 

立ち食いなのでファストフードのように見えるかもしれませんが(その要素もありますが)、東京サンフラワーは「味」で勝負していると思います。

「うどん好きだけど、立ち食いは気が引ける」という方にも、ぜひ味わって頂きたいです。

 

なお、本店は本郷三丁目にある「東京ライトブルー」で、こちら「東京サンフラワー」はその2号店になります。

本店が2022年食べログ百名店に選ばれているため、東京サンフラワーも今後ますます人気に火がつきそうな予感です。

 

一度行けばきっとハマる美味しさですので、気になる方はぜひ。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。