まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

飯田橋【和菜れとろ別亭むすび】で和食ランチ!ヘルシー惣菜を好きなだけ食す!

和菜れとろ別亭むすび ランチ 食べ放題 生姜やkい

本多横丁にある新潟料理店「和菜れとろ別亭むすび」で、ランチをしてきました。

結論から言うと、平日に行ける方はぜひ行ってほしい!と声を大にして言いたいお店ですw

 

平日ランチは1000円で、定食+野菜の小鉢、ご飯、納豆、味噌汁が食べ放題

セルフサービスなので、お腹具合にあわせて適量を食べられるのも嬉しいポイントです。

たとえば「外食したいけどカロリーも気になる」という時は、味噌汁多め、ご飯少なめといったカスタマイズもできます。

反対に「今日は思いっきり食べたい!」という方の願望も叶えてくれます。

 

料理も一つ一つが美味しく、私はすっかりファンになりました。

この記事では、私が食べたものやお店のシステム、店内の様子などを詳しくご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ

・飯田橋~神楽坂で和食ランチを探している

・野菜のヘルシーなお惣菜を、食べ放題で楽しみたい

・その日の空腹具合にあわせて、適量を美味しく食べたい

 

お店の場所

「和菜れとろ別亭むすび」は、飯田橋~神楽坂エリアの本多横丁にあります。

注意して頂きたいのは、神楽坂のメインストリートにある「和菜れとろ」は同系列の別店(本店)です。

本日ご紹介する「和菜れとろ別亭むすび」は、「和菜れとろ」の別邸という位置づけだそうです。

お店の隣には酒庵きん助、向かいにはLantern burgerがあります。

和菜れとろ別邸むすび 外観

店内の様子

店内は半個室がメインです。カウンターは5席。

混み具合は、晴れの平日12:20時点で、カウンターに先客お一人。半個室には3組ほど入っているように見えました。

和菜れとろ別亭むすび 店内

ランチメニュー

定食は曜日変わりで、税込1000円です。

火曜は唐揚げ、ユーリンチー。水・木は生姜焼き。金曜は蕎麦&天ぷら。

私が行った水曜は、日替わりメニュー「豚ときのこのゴボウ鍋」もありました。

和菜れとろ別亭むすび ランチメニュー

お店のシステム

入店後の流れは、①お会計(先払い)→②食べ放題コーナーで小鉢などを取る→③着席→④定食提供といった感じです。

食べ放題コーナーに行ったら、まずおぼんを取ります。

そして、おかずや納豆、ご飯、味噌汁を好きなだけ乗せていきますw

和菜れとろ別亭むすび ランチ 食べ放題コーナー

食べ放題コーナー

和菜れとろ別亭むすび ランチ 食べ放題 

ヘルシー小鉢も好きなだけ

ランチを実食

私が注文したのは、豚の生姜焼き定食(税込1000円)。着席後すぐ、生姜焼きが提供されました。

新潟料理店なので、食材も新潟産です。

豚肉は新潟県の妻有(つまり)産。お米は魚沼産コシヒカリ。

和菜れとろ別亭むすび ランチ 生姜焼き定食

生姜焼はジューシーで柔らかく、とても美味しいです!

豚バラですが、胃がもたれるような油っこさはありません。

適度な脂と、豚の旨味を感じます。これが「妻有ポーク」ですね。もう覚えました('ω')

和菜れとろ別亭むすび ランチ 生姜焼き

味つけもちょうど良いです。

ご飯が進む味ですが、決して醤油味ではなく、妻有ポークの美味しさが引き立っていました。

生姜と玉ねぎもたっぷりで、甘みがあり、理想的な生姜焼きでした。

生姜と玉ねぎたっぷり

さて、私が食べ放題コーナーで取ったお惣菜はこちらです。

きんぴらごぼう、ピーマン煮浸し、さつまいも甘露煮、ひじき。

和菜れとろ別亭むすび ランチ 食べ放題の小鉢

どれも美味しいです。薄味がしっかり染みていて胃に優しい感じ。丁寧に作られているのが分かります。

お味噌汁は減塩タイプで、具材はワカメでした。

以上、ランチのご紹介でした。

 

まとめ

「和菜れとろ別亭むすび」、一度行けばきっとランチの定番にしたくなります。

1000円でお惣菜を好きなだけ食べられて、料理も美味しい。接客も丁寧でした。

 

セルフサービスなので、適量をおいしく食べられるのも嬉しいです。

私のあるあるですが、定食屋でご飯少なめで注文しても、多いと感じることがあるのでwセルフはありがたいです。

また、新潟というはっきりしたコンセプトも良いなと思いました。

 

今回ご紹介したお得なランチは平日限定なので、お近くの方はぜひ行かれてみてください。