まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

圧倒的美味さ!飯田橋で容赦なしのスパイスたっぷりカレー【カリ~ビト】小麦粉不使用も嬉しい!

飯田橋スパイスカレー カリービト

飯田橋でスパイスカレーを食べたい時、断然おすすめなのが「カリービト(咖喱人)」。

スパイス同士の掛け合いが素晴らしく、極上に美味しいカレーを楽しめます。

カレーの種類によっては目が覚めるほどスパイシーで、体がスパイスを欲している時にもおすすめです。

さらに小麦粉不使用、無添加なのも嬉しいポイント。

油っこさもなく胃もたれしない、でも美味しさは最高峰という至極のスパイスカレーです。

 

この記事では、カリービトへの行き方、メニュー、今まで食べたもの、混雑具合などを詳しくお伝えしていきます。

カリービトはこんな方におすすめ

・飯田橋で、極上に美味しいスパイスカレーを探している

小麦粉や添加物を使用せず、胃もたれしない絶品カレーを食べてみたい

 

カリービトの行き方、営業時間など

飯田橋駅(A5出口)から徒歩1分の場所にあります。

飯田橋A5出口を出たら、目の前にあるアパホテルの角を右折。そのまま直進すると、左手にカリービトがあります。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101721j:image

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101735j:image

カリービト基本情報
住所 東京都千代田区飯田橋3-2-6
営業時間 11:30~14:30
17:30~22:00
定休日 土日祝
電話番号 03-6265-6960

 

店内の様子

店内はカウンター9席なので、なるべく少人数で行くのが吉。

コロナ禍において、食事中以外はマスク着用のルールがあります。

卓上には、カレー作りの説明書きがあります。これを読めばカレーをより奥深く感じることができます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101706j:image

 

メニュー

ランチカレーは4種類で、チキン、豆、粗挽キーマ、時期限定。

時期限定カレーは公式Instagramで確認できます。

カレー1種(単品)は900円、2種は980円、3種は1200円。それぞれ好きなカレーを選べます。ルー増しは+200円。

テイクアウトの際は行列を通過して、店内のスタッフさんに声をかけます。

カリ~ビト 店頭の写真付きメニュー

店頭の写真付きメニュー

ディナータイムでは、カレードリア、タンドリーチキン、ポテトフライ、前菜盛り合わせが登場します。

カレーについては、ディナーでもランチと同価格なのが嬉しいですね。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101713j:imagef:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101640j:image

入店~注文までの流れ

ランチでは、①券売機で購入→②店員さんに渡す&カレーの種類、ご飯量を選ぶという流れです。

支払いは現金のみ。5000円札は両替が必要ですので、小銭か1000円札を用意しておきましょう。

カリ~ビト 券売機

券売機

ご飯の量は細かくグラム指定できます。

「少なめ」は170gですが、私には多く感じるので、いつも150gでお願いしています。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101710j:image

食べたもの

ここからは、私が今まで食べたものを一部ご紹介します。

チキン&粗挽キーマ

税込980円の「2種カレー」を頂きました。好きなカレーを2つ選べます。

カリービトの代表メニューであるチキンカレー、粗挽キーマを選択。

飯田橋カリービト 粗挽キーマ&チキンカレー

粗挽キーマは挽肉が大きな塊状でゴロゴロ入っていて、しっかりと肉を食べている実感があります。

本当に美味しくて、次回も必ずキーマを食べたいと思いました。

チキンカレーはかなりスパイシーです。単に辛いのではなく、スパイスの掛け合いが絶妙。

アツアツなのに、鶏肉がほわっと柔らかいのも最高です。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101651j:image

 

豆腐ときくらげの中華風キーマ

2020年9月に再訪。この日も2種カレー(税込980円)を注文しました。

カレーは粗挽キーマ、時期限定「豆腐ときくらげの中華風キーマ」を選択。

飯田橋カリービト 豆腐ときくらげの中華風

粗挽キーマ、豆腐きくらげ中華キーマ

豆腐とキクラゲの中華風キーマは、まず見た目の赤さに驚きました!

花椒やラー油が入っていて、シビれる辛さです。

きくらげのコリコリした食感が楽しい。

豆腐は崩れることなく形が残っていて、マスターの丁寧な調理がうかがえます。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101730j:image

ジャスミンライスもすごく美味しいので、たくさん食べられる方は「多め(240g)」でお願いすると良いかもしれません。※240gまでは無料。

説明によると、お米にジャスミン米をブレンドし、ターメリック、クミンなどのスパイスで味つけしているとのこと。

ご飯は硬炊きで、サラサラのスパイスカレーと非常によく合います。

f:id:ponpokotanukinodaibouken:20200930101702j:image

根菜豆乳チキン

2020年11月に再訪。カリービトで最も豪華な「3種カレー」を注文しました(税込1200円)。

カレーは粗挽キーマ、チキン、時期限定「根菜豆乳チキン」を選択。

飯田橋カリ~ビト 3種カリ~

根菜豆乳チキンは、豆乳が入ることでコクがあり、ややマイルドな味わい。かと思えば、後からしっかりスパイスが追いかけてきます。

優しい口当たりと、スパイスのしびれが見事に共存していました。

飯田橋カリ~ビト 根菜豆乳チキンカリ~

根菜豆乳チキン
牛肉サグ

2020年12月に訪問。2種カレー(税込980円)を注文。

選んだカレーは、粗挽キーマ、時期限定「牛肉サグ」。

飯田橋カリービト 牛肉サグ

牛肉サグはキリッとしたスパイスと、ほうれん草のマイルドな甘さが絶妙に合います。

牛肉のしっかりした食べ応えがあり、空腹がフルに充電されました。

飯田橋カリービト 牛肉サグ

年末ミールス

カリービトは平日のみの営業ですが、年末に特別営業しています。普段平日に行けない方も、この年末営業はチャンスです!

※2020年、21年ともに12月30日に営業。

年末営業では、一年の締めくくりにふさわしい、スペシャルプレートを楽しめます。

私は2020年の年末営業に行き、「令和2年カリービト海物語ミールス」(税込2500円)を頂きました。

カリービト年末営業ミールスメニュー

2020年末 スペシャルメニュー

内容は、渡り蟹タマリンドカレー、帆立クリーミーカレー、かぶのダール、牡蠣アチャール、りんごアチャール、キャベツ、ちぢみほうれん草。

帆立クリーミーカレーは、マイルドの中にも痺れる辛さあり!

普段のカリービト以上にゴージャスな内容で、大満足の年越しになりました。

飯田橋カリービト 年末特別営業 スペシャルカレー

和風バターチキン

2022年3月に訪問。1種カレー(900円)を注文、時期限定「和風バターチキン」を選択。

インドカレー店のバターチキンは、甘くてコッテリしていることが多いですが、カリービトのはあっさりと軽いタイプ。

まさに大人向けのバターチキンで、胃もたれもしません。

飯田橋カリービト 和風バターチキン

カレー1種(900円)+卵(100円)

私史上、最高に美味しいバターチキンと言っても過言ではありません。

バターチキンと和風出汁、相性抜群!

説明によると、どんこ、鰹節、麺つゆなどで和風にアレンジし、スターアニス、フェヌグリークなどのスパイスで甘い香りを付けているそう。

バターチキンのこっくりしたコクや甘み、その中に鰹出汁の風味をほんのり感じました。

飯田橋カリービト 和風バターチキン

菜の花ポークアチャーリー

2020年4月の時期限定。大きな豚挽肉がたっぷりで、食べ応え満点!

菜の花はトロトロに煮込まれ、春の訪れを感じます。

最初は辛さを感じますが、フルーツピクルスにより、後からスッキリ爽やかな味わいに変化。

他のカレーとは違い、アロマのような独特な香辛料を感じました。

飯田橋カリービト 菜の花ポークアチャーリー

かぼちゃのフムス

200円。フムスとは、ひよこ豆をペーストにした中東料理。

他の方はカレーに混ぜて召し上がっていましたが、かぼちゃフムス自体が美味しくて、そのままパクパク食べてしまいました。

フムスは12:40時点でラスト2個だったので、狙うなら早い時間に行くのが吉。

飯田橋カリービト かぼちゃフムス

かぼちゃとインゲンのココナッツ

テイクアウトは格安で、2種カレーは税込800円。ジャスミンライス、半熟卵、柴漬けも付きます。

今回はチキンカレーと、2022年9月の時期限定「カボチャとインゲンのココナッツカレー」を選びました。

かぼちゃインゲンココナッツは、お肉や魚の入らないベジカレーです。

飯田橋カリービト テイクアウト

スプーンを入れてみると、ゴロッと大きなかぼちゃが入っています。

ねっとりとホクホクした食感は、かぼちゃ好きにはたまらない。

カシューナッツココナッツミルクのコクが、かぼちゃの甘さとベストマッチ。

ひよこ豆や赤インゲン豆も入っていて、たんぱく質もしっかり補給。

飯田橋カリービト テイクアウト かぼちゃインゲンココナッツカレー

カリービトファンとしては、かぼちゃとインゲンのココナッツカレーは新感覚の食感でした!

カリービトといえば、シャバシャバ系のカレーが基本かと思います。

しかしこちらは、かぼちゃの一部がルゥに溶け、ぽってりとした食感のカレーになっていました。

飯田橋カリービト テイクアウト

左:かぼちゃインゲンココナッツ、右:チキン

カレーに使われている「メース」というスパイスは、甘い香りと上品な風味が特徴です。

メースの効果か、カレーは全体的に辛さ控えめで、素材のナチュラルな甘さが主体となっていました。

飯田橋カリービト テイクアウト

ジャスミンライスは200g

以上、カリービトのご紹介でした。

 

ボリュームはどれくらい?

店内版のボリューム感については、私の感覚では以下の通りです。

そんなにお腹すいてない時

 →カレー1種、ご飯100~130gでOK

普通にお腹すいてる時(私のベスト)

 →カレー2種、ご飯150gで腹八分目

空腹度MAX

 → カレー3種、ご飯150gで腹八分目

もちろん、カレーの個数やご飯量によりボリュームは変わるので、空腹具合で調整したり、フムスなどの小鉢を追加したりすると良いでしょう。

テイクアウトについては、店内版よりもボリュームは控えめです。

そのため、空腹なら「カレー3種」がおすすめ。

店内版には付くアチャールが無いのと、カレーの容器が小さめなので、あまり空腹でなくても、カレー2種ペロリと食べられました。

 

混雑具合、提供時間

一巡目で入りたいなら、遅くても開店10分前(11:20)には待機しましょう。

オープンの11:30に行っても、一巡目で入れないこともあります。

また、お客さんが回転し始める12:30前後や、大雨の日はすぐ入れることがあります。

以下、私が行った時の混雑状況です。

●開店時刻11:30に到着、一巡目で入れず。10分待って入店。

●開店5分前に到着、前に3名。開店と同時に満席。

●12:40(晴れ&雨天)、待ちなしで入店。空席2席。

●13:00(晴れ)、前に7名。15分待って入店。退店13:37には4名の並び。

●14:10(晴れ)、店内に1名のみ。

カレーの提供時間は、その時の状況によって異なり、大体5分~15分です。

カウンターから見たところ、3皿ずつ調理しているようです。そのため、タイミングによっては(自分がちょうど4皿目のタイミングだと)15分ほど待つことがあります。

 

まとめ

カリービトでは絶対的に美味しいスパイスカレーを味わえます。

そのため、私は飯田橋でスパイスカレーを食べる時、カリービトを最優先にしています。

毎年食べログ百名店に選ばれるほどの実力店であり、全国からカレーファンも来るそうです。

遅い時間でも常に行列していますが、カレー好きなら並んででも食べるべき逸品です。

 

また、小麦粉不使用、無添加であり、胃もたれしないのも嬉しいポイント。

他のカレー屋さんでは、胃もたれしてしまうことが多いのですが、カリービトではありません。

お値段もリーズナブルで、非の打ち所がないスパイスカレー店です。ぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。