まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

神楽坂フルーツの宝庫【ハピマルフルーツ】でお手頃価格の桃を嗜む

神楽坂ハピマルフルーツ 黄色いモモを買ってみた!

神楽坂のフルーツショップ・ハピマルフルーツで、何やら珍しいフルーツを買ってみました。

その名も黄色い桃の品種「黄貴妃(おうきひ)」。

 

ハピマルフルーツはとても品質が良いので、お値段やや高めの印象がありましたが、この桃は2個で税込648円でした!

値段はスーパーとあまり変わらないのに、お味はさすがフルーツ専門店と言うべきプレミアムなものでした。

 

この記事では、ハピマルフルーツで買った黄貴妃をご紹介し、また今回のお買い物で分かったことを記録していきます。

ハピマルフルーツとは

ハピマルフルーツは、神楽坂にあるフルーツ専門店。旬のフルーツや、それを使ったスイーツを販売しています。

詳しい基本情報や店内の様子などについては、2020年11月19日の記事をご参照ください。

www.tanuki-gourmet.com

名物の苺「原宿ベリー」については、2021年5月16日の記事をご覧ください。

www.tanuki-gourmet.com

 

黄貴妃とは

私が買ったのは、福島県産の黄色い桃「黄貴妃(おうきひ)」。

名前の由来は、ソースがないので定かではありません。おそらく、古代中国の楊貴妃(世界三大美人の一人と言われる)に由来しているのかなと思います。

黄貴妃を買ってみた

黄貴妃は、ハピマルフルーツに入ってすぐ左側のコーナーで販売されていました。

※9月11日時点で、まだありました。

ハピマルフルーツ 黄貴妃

持ち帰って、さっそくあけてみました。

鮮やかな桃に、黄色いお布団。ピンクのトレー。これだけで写真映えしてますね^^

神楽坂 ハピマルフルーツ

切ってみるとこんな感じです。これまた綺麗な断面。

神楽坂ハピマルフルーツ 黄貴妃 断面

こんなに美しい桃なのに、きれいに切ってあげられなくてごめんね><

神楽坂ハピマルフルーツ 黄貴妃 カットしてみた

手に持ったときに「完熟だ!」と分かるほど、柔らかかったです。

白桃と黄桃の違いですが、一般的には白桃の方がジューシーと言われているようです。(出典:白桃、黄桃の種類、違いとは|味の農園 )

ですが、この黄貴妃は、白桃よりもジューシーで甘みが強いように感じました。

もはやスイーツとも言える芳醇な甘さ。

こんなに美味しい桃を、税込648円(2個入り)で買えてラッキーでした。

 

分かったこと

私は、ハピマルフルーツ=やや高価なイメージをもっていました。

しかし、今回の黄貴妃のように、お値打ち価格のフルーツもあることが判明。意外に普段使いできそうです。

 

以前買った原宿ベリー(苺)もそうですが、ハピマルフルーツは品質が約束されていると思います。

これからの涼しい季節は、フルーツも持ち帰りやすいと思いますので、神楽坂にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。