まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

江戸川橋にカフェ【ArborCoffee】オープン!バリスタ究極の一杯とスイーツを堪能

江戸川橋 ArborCoffee

2022年5月、江戸川橋にArbor Coffee(アーバーコーヒー)がオープン!早速行ってきました。

 

Arbor Coffeeでは、バリスタが淹れる高品質のコーヒーや自家製ドリンク、美味しい焼菓子を楽しめます。

マスターは2014年に関東ラテアート選手権で優勝し、原宿の有名店から独立という、華やかなご経歴の持ち主です。

おしゃれで落ち着いた空間の中、味わい深いコーヒーや焼菓子とともに、心安らぐカフェタイムを過ごせます。

 

この記事では、Arbor Coffeeへの行き方、メニュー、食べたもの、混雑具合などを詳しくお伝えしていきます。

Arbor Coffeeへの行き方、基本情報

Arbor Coffeeの最寄駅は、東京メトロ有楽町線・江戸川橋。4番出口から徒歩7分です。

お店は神楽坂と江戸川橋の中間(西五軒町)にあるため、神楽坂駅1a出口からも徒歩8分くらいで行けます。

江戸川橋 ArborCoffee 外観

静かな住宅街に突如現れる

ArborCoffee基本情報

住所:東京都新宿区西五軒町7

電話番号:03-5946-8038

営業時間:9時~17時

定休日:水、木

 

店内の様子

席数は丸テーブルが6卓と、外にベンチが2脚。

外から見るよりも広々とした店内で、隣との距離も気になりません。

江戸川橋 ArborCoffee 店内の様子

Arbor Coffeeでは、インテリアも注目ポイント。

店名のArborとは、ラテン語で「木」を意味する通り、ウッド調のインテリアとなっています。どこかレトロで、安心感のある雰囲気です。

Arborではスマホをいったん置いて、ぜひこの空間を楽しんで頂きたいです。

江戸川橋 ArborCoffee 店内

 

メニュー

ドリンクはコーヒーやカフェラテの他、さまざまなラインナップがあります。価格は500~600円台。

季節限定のドリンクも登場するので(2022年秋冬はジンジャーブレッドラテ)、要チェックです。

食事系はサンドイッチのみ。チキンとトマトのホットサンドがありますが、夕方には売り切れることもあるので注意です。

江戸川橋 ArborCoffee メニュー ドリンク

Arbor Coffeeでは、自家製の焼菓子も必食の美味しさです。

マフィン、スコーン、クッキー、パウンドケーキなど、お菓子屋さんに引けをとらないほど種類豊富です。

価格は500円以下と手頃であり、お菓子だけの購入もOKなので(お店側が謳っています)、気軽に味わえます。

江戸川橋 ArborCoffee 焼菓子メニュー マフィン

オレンジチョコマフィン、いちじく紅茶マフィン

目当てのお菓子がある際は、早めの訪問がおすすめです。

焼菓子は大人気で、早めに売り切れるものもあります(平日12:45に訪問時は、ファーブルトンが完売)。

江戸川橋 ArborCoffee 焼菓子メニュー スコーン

スコーン各種

 

食べたもの

ここからは、私がArbor Coffeeで頂いたものをご紹介します。

初回訪問では、イートインでレモンケーキ&カフェラテを頂きました。

Arborでは、ドリンクは注文を受けてから丁寧に作られるため、提供にはやや時間がかかります。

注文して約10分後、心がうっとりするほど素敵なカフェセットが登場。

江戸川橋 ArborCoffee カフェラテ、レモンケーキ

レモンケーキとカフェラテ

税抜400円。国産レモンを使ったパウンドケーキを頂きました。

見ためは濃い黄色で、きっとレモンがふんだんに使われているのだろうと、食べる前からワクワクです。

一口頂くと、レモンの爽やかな風味が口いっぱいに広がり、噛みしめるたびにレモンの酸味や甘みを感じられます。

一人ですが、思わず「おいし...」とボヤいてしまうレベル。

江戸川橋 ArborCoffee レモンケーキ

ずっしりと重厚な生地は、食べ応え満点です。フォークをグッと強めに入れて頂きましょう。

外側のレモン風味のアイシングはカリッとした食感で、結構甘さがあります。たとえて言うなら「メロンパンの上の部分」のように、やみつきになる味わい。

パウンドケーキは2cmほどの厚さで、コーヒーのお供としては十分なボリュームでした。

江戸川橋 ArborCoffee レモンケーキ

レモンケーキのお供には、カフェラテをチョイス(税抜550円)。

エスプレッソの風味も、ミルクのコクも、驚くほど濃厚です。

先述のレモンケーキを頂きつつ、まろやかなカフェラテで喉ごしを感じる瞬間が、まさに至福でした。

江戸川橋 ArborCoffee カフェラテ

驚いたのは、ラテアートが最後まで消えないこと。

下の写真は、最後の一口です。頂く前と同じ、きれいなハートが残っています。すごくないですか?

関東ラテアート選手権で優勝したマスターが淹れるカフェラテは、格別でした。

江戸川橋 ArborCoffee カフェラテ

バターミルクスコーン

税抜350円。テイクアウトでバターミルクスコーンを頂きました。

握りこぶしぐらいの大きさで、なかなかのボリュームです。

江戸川橋 ArborCoffee バターミルクスコーン

バターと牛乳のシンプルな味わいだからこそ、風味をダイレクトに楽しめます。

意外にも塩気があり、やや甘じょっぱいので、食事のお供にもなりそうです。

トースターで軽く焼いたら、外側がカリッとなり、より贅沢な風味になりました。

中のサックリ食感とのコントラストも楽しめるので、トースターのリベイクはおすすめです。

江戸川橋ArborCoffee バターミルクスコーンをテイクアウト

オートミールのクッキー

税込280円。小麦粉を使用せず、オートミールとレーズン、くるみで仕上げたヘルシーなクッキーです。

オートミールとは、オーツ麦を加工したシリアルなので、こちらのクッキーは面白いほどザクザク食感です。

砂糖の甘さは控えめで、レーズンの甘酸、くるみの香ばしさを楽しめました。

私はテイクアウトで頂きましたが、コーヒーに合うのはもちろん、アイスクリームに乗せても最高でした。

江戸川橋Arbor coffee オートミールのクッキー

チキンとトマトのホットサンド

ドリンクセットで税込1180円。ドリンクは全メニューから選べるので、お得感があります。

注文して10分後、チキンとトマトのホットサンドが到着です。

カリカリに焼けた全粒粉パンからは、ホワイトソースがトロリ。

柔らかいチキンはソースとの馴染みが良く、トマトの酸味やバジルが良いアクセント。

付け合わせのキャベツマリネも、口の中をスッキリ爽やかにしてくれます。

江戸川橋Arborcoffee チキンとトマトのホットサンド

ボリュームとしては小さめで、女性の手のひらサイズくらい(×2個)です。

ランチというよりは、モーニングや軽食にぴったりの大きさだと思います。

朝からこのサンドイッチを頂けば、良き一日のスタートを切れそうです。

江戸川橋Arborcoffee チキンとトマトのホットサンド

ドリンクは自家製レモネードをチョイス。

はちみつとレモンの心地よい甘さに、心がホッと安らぎます。こってり甘すぎなくて嬉しい。

レモンは果肉も食べられるので、デザートとしても楽しめました。

江戸川橋Arborcoffee 自家製レモネード

その他ドリンク

この日はハンドドリップ(ホットコーヒー)を頂きました。税込550円。

コーヒー豆は4種類あり、デカフェ・深煎り・中煎り・浅煎りから選べます。

自分好みのコーヒーを、マスターが選んでくださるので、気軽に相談してみましょう。

私が選んだのは「City」という豆で、苦味と酸味のバランスがとれた中煎りタイプです。

江戸川橋Arborcoffee ハンドドリップ

私は思春期の頃からコーヒーが大好きで、自宅やカフェでも毎日頂きますが、コーヒーで感激したのは初めてでした。

江戸川橋でコーヒーが飲みたくなったら、Arbor Coffee一択になりそうな気がします。

江戸川橋Arbor coffee ハンドドリップ

別日はチャイラテを頂きました(税込600円)。

シナモンの上品な香りや、ミルクの優しいコクをたっぷり感じられ、600円の価値を感じる一杯でした。

江戸川橋Arborcoffee チャイラテ

以上、ArborCoffeeのご紹介でした。

 

混雑具合

平日12:45に行き、空席1卓のみ。13時を過ぎると、一気に空席。

グランドオープン2日目にも関わらず、たくさんのお客さんが来ていました。

平日昼ということもあり、近隣ワーカーの方も多数で、すでにこの街に定着している印象を受けました。

 

まとめ

プロのバリスタが淹れるカフェラテ、焼菓子、どれも大変美味しかったです。

美味しいのはもちろん、空間が良い。

老若男女問わず、きっと地域の人に愛されるカフェになるのだろうと思いました。

お近くの方はぜひ行かれてみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。