まんぷく神楽坂

神楽坂在住・ごく普通のOLが、神楽坂のおすすめグルメやライフ情報についてとことん発信するブログ。江戸川橋など、神楽坂周辺のグルメもお届けします。

2021年夏、新たな販売形式に!神楽坂カリーナカリーナで本格イタリアンをテイクアウト

神楽坂カリーナカリーナ テイクアウト 2021年8月

神楽坂のイタリアン「カリーナカリーナ」でテイクアウトしたものをご紹介します!

 

このブログでカリーナカリーナのテイクアウトを記事にするのは3回目になります。

以前は「お惣菜どれでも2つで1000円」という販売方式でしたが、2021年8月からは商品ごとに価格が異なり、お惣菜を1つから買えるようになりました。

 

この記事では、新しい価格体系になった2021年8月以降に、私がカリーナカリーナで買ったものをご紹介します。

 

 

カリーナカリーナとは

カリーナカリーナは、神楽坂通りの中心部にあるイタリア料理店です。

お店の詳細や以前のテイクアウトにつきましては、2020年11月22日、2021年3月14日の記事をご参照ください。 

www.tanuki-gourmet.com

www.tanuki-gourmet.com

店内ランチ編は2020年11月6日の記事をご参照ください。

www.tanuki-gourmet.com

 

商品ラインナップ

以下の写真は、土曜18時20分に行った時のラインナップです。

まずは税込500円のメニューら!

ハンバーグ、チキンソテー、カツオとアンチョビのトマト煮込み、ポテトサラダ、ロールキャベツ、ガーリックライス&ザブトンなどがあります。

神楽坂カリーナカリーナ テイクアウト 500円のラインナップ

続きまして、税込600円のメニューです。

ビーフシチュー、豚の赤ワイン煮込み、ラザニア、牛すじのラグーパスタ、うにのクリームパスタ、ねぎ塩炙り牛タン丼などがありました。

神楽坂カリーナカリーナ テイクアウト 600円ラインナップ

他にも800円の商品があります(時間帯によって、あったりなかったりします)。

 

買ったもの(2021年8月~)

ここからは、私が2021年8月以降に買ったものをご紹介します。

トマトとボロネーゼのラザニア

600円。以前は、ラザニアの生地にはパンとパスタが使われていました(パン多め)。

価格改定後の現在は、パスタのみの生地になり、より本格的なラザニアになったように思います。

パスタがもちもちで、とても美味しいです。

神楽坂カリーナカリーナ トマトソースとボロネーゼのラザニア 600円

トマトとボロネーゼのラザニア 600円

神楽坂カリーナカリーナ トマトとボロネーゼのラザニア お皿にあけてみました!

お皿にあけてみました

挽肉やトマトソース、ホワイトソースもたっぷりです。

これ一皿で、お腹にズッシリきます。

神楽坂カリーナカリーナ ラザニア 断面

600円でこんなに贅沢なラザニアを堪能できるとは、嬉しい限りです。

 

ラザニア3点セット

1000円。ラザニア好きとしては大歓喜のセットです。

トマトソース、クリームソース、ゴルゴンゾーラソースの3種類でした。

どれも濃厚な味つけで大満足。

神楽坂カリーナカリーナ ラザニア3点セット 1000円

 

しらすとキャベツのオイルパスタ

800円。実はこのパスタ、以前店内ランチでも食べたことがあり、とても美味しかったのを鮮明に覚えています。

テイクアウトでこちらを見つけた瞬間、即決で買いました。

カリーナカリーナ しらすとキャベツのオイルパスタ 800円

以前は500円→現在は800円ですが、その分パスタの量が多くなった気がします。

グラム数を計ったわけではないですが、満腹度がアップしたのは間違いありません。

 

うにのクリームパスタ

600円。

うにのクリームパスタ カリーナカリーナ 600円

カリーナカリーナのパスタは、やや太麺なのが特徴です。

「麺がクリームに浸って柔らかくなっているかな?」と思いきや、しっかりアルデンテなのが嬉しかったです。

神楽坂カリーナカリーナ ウニのクリームパスタ 600円

ウニの味はほのかに感じる程度ですが、600円なら十分だと思います。

トマトの酸味のほうが強いので、トマト気分の時にも良さそうです。

 

イタリアンオムレツ

500円。ブロックベーコンや玉ねぎが入っています。甘みと塩気が引き立ちあうオムレツです。

上にはパルメザンチーズがかかり、下にはレタスが敷かれているのが丁寧だなと思いました。

神楽坂カリーナカリーナ イタリアンオムレツ 500円

以上、カリーナカリーナでテイクアウトしたお料理でした。

 

最近の傾向

仕事帰りの導線で、私はほぼ毎日カリーナカリーナの前を通っています。

その中で気づいたのが、土日のほうが圧倒的に品数が多いことです。

土日に行くと、平日には販売されていない商品もあるので、選ぶ楽しみは土日のほうが味わえるかなと思います。

どの料理も間違いなく美味しいので、ぜひいろいろと食べ比べてみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

少しでも皆さんのお店選びのお役に立てれば幸いです。